« 【スタッフ募集】mono-series'14 議論スタッフ&関東以外での開催スタッフ 募集中! | トップページ | 【近況v】1週間振り返り(4/28-5/4) »

2014年5月 3日 (土)

【近況v】1週間振り返り(4/21-27)

 勝抜杯対策の追い込み。
 とはいえ仕事がそれなりに忙しかった週。

【対策の遠回り1 どうでもいいことを調べだす】

【時事問題】 全年齢対象の「乱世に舞う乙女たち」と18禁の「天下にエロ男はただ一人」の2種類がある/~ 【なんで俺、勝抜杯前の貴重な昼休み、30分かけてこんなこと調べてるんだろう】 *ちなみにゲームシステムは「後宮」以外は殆ど同じ、との情報(04月21日)

↑の書き込みの正解は皆様御存知「三国志戦姫」だったわけですが、調査の結果「Quiz of Walkure」にも全年齢版と18禁版があることを初めて知りました。というより、クイズを始めたきっかけが「Quiz of Walkure」(18禁版)、という逸材はいないだろうか。(04月21日)

【深夜だから出せる雑な問題】 「AKB48 水着でワンちゃんポーズ」というあざといタイトルのネットニュースがありましたが、さて、同人誌において「ワンワンポーズ」をとらされる(18禁でもそう でなくても)ことが多いと思われる、あるゲームのヒロインは誰?(04月23日)
 *正解は「ムーンブルクの王女」です。フードをとったら犬耳、発情期など切り口は多彩、「二次創作のデパート」といった趣です。

【対策の遠回り2 微妙な時事対策】

勝みなみの出身校に見覚えが。なんとなく「スポーツ強そうな鹿児島の高校」って樟南とか神村学園のイメージだけどどちらでもなかった。実業でも工業でもなく、東でも南でも北でもなく、笑福亭鶴瓶というよりはその息子だが河はなかった。(04月22日)
 *ごめんクイズ界内輪ネタ。「東でも南でも北でもない」名字で、「鶴瓶の息子-河」な名前の若手プレーヤーがここ出身なのです。

「間下このみ 「妖怪ウォッチ」レアグッズをゲットし大興奮」http://bit.ly/1msVKDH ……はしゃぎ回る幼い頃の間下このみが目に浮かぶ……んだけど、7歳なのは娘さんの方ということに凄まじい時代の流れを感じる。なおカケフくんはサークルK世田谷瀬田店経営らしい。(04月22日)
 *今僕の前で想人が「妖怪ウォッチ」やってる。

【既にペーパー印刷済だろう、という読みで今回の超大穴一点時事予想】「10602」 ・足し算はかなりの人が予想しており、「68」だけ覚えて る人が多いはず ・一方この掛け算は各数字という突っ込んだ&見れば容易に触れられる知識が求められる ・小学生レベルの計算だが結構焦る どう だ!?(04月22日)

【ネタになるかと思ったら普通に出せそうな問題】 「弟の拓真(たくま)/も~」 時事対策の成果による素晴らしい押し……と思いきや、実はここでは一つに絞れません。さて、答えになり得る人物は誰と誰?ちなみにどちらもそれなりに時事的要素があります。(04月24日)

、「弟の拓真(たくま)/も~」は井上尚弥(なおや)と東村アキコでした。森繁拓真はもっとクイズに出て良いと思います。なお「尚」の字はいろいろ読み方があるので悩ましい。クイズ屋だけでも「なお」「たか」「ひさ」揃いぶみではなかろうか。(04月25日)


【対策の遠回り3 開き直る】

移動中もずっとクイズの音声を聞いていればもっと強くなれるし、実際そうやって強くなった人もいる。でも僕は勝抜杯直前の今でもFM802を聞く し、今後どれだけ魅力的な大会の前でもそうするだろう。それでも勝つ、むしろ「それだから(クイズ以外で触れた知識で)勝つ」スタイルを大切にしたい。 (04月23日)

デビューアルバムの1枚目の1曲目で「一気に引き込まれた感」が強いのは、椎名林檎「正しい街」以外だと、クラムボン「はなればなれ」、チャットモンチー「ハナノユメ」、そしてJITTERIN'JINN「アニー」あたり。(04月26日)

【対策の遠回り4 そしてトラウマに触れる】

そしてFM802で頻繁に流れるテイラー・スウィフトの"We Are Never Ever Getting Back Together"。よく聞いてたのに誰が歌ってるかがうろ覚えで、この問題を誤答したのが「さくら記念」ボードでの敗着に繋がっただけに、臥薪嘗胆な気 分。(04月23日)

【対策の遠回り5 すべての問題に答えがある、とは限らない】

『東大クイズ研 世界一のクイズ』読了。1年前であれば「古今伝授」「キューブラー・ロス」は正解できなかったし、「クヴィスリング」は正解できなかったけど見たことはある単語。これも日々の学習の成果。もっと、どぼっと学習しよう。(04月24日)
 *「学習」「よう」「ぼっと」

【問題】 漫画家・みずしな孝之は好きなゲームとして『いい電子』で取り上げている、1999年にセガが発売したドライビングゲームで、早押しク イズに対する独特な勝負観でどんな場面でも正解をひねりだすクイズプレーヤーの二つ名となっているのは何? 【と見せかけてQPQ】(04月24日)
 *正解は「CRAZY TAXI」。あの写真でゴーサイン出す編集さんが素敵。
 *グランくんの指摘ではじめて「なんでヤーヤーヤーいってるか」がわかった。http://m.youtube.com/watch?v=PFF14JBtmu8

【対策の遠回り6 そしてクイズ論を語りだす】

「みのぼん」にあった「キャレブ・ブラッドハム」という表記に戸惑うオールドプレーヤー。確かに公式サイトではこの表記。http://www.pepsi.co.jp/history/world-1.html そして馴染み深い「カレブ・ブラッタ」で検索すると永田本しかヒットしない。。。(04月25日)

永田さんを責めるつもりは毛頭ありませんので念の為。当時の出典にはそう書いてあったはずですし、裏取りにも限界があります。ただ、「カレブ・ブ ラッタ」がクイズ界の共通認識になってしまっているのも確かで、「問題の事実の相違を指摘、共有する」サイトはやはり必要だなあ、とあらためて痛感。 (04月25日)
 *今であれば、Tやまくんが言う通り「英語のwebサイトを調べることで綴りを確認する」ことが可能です。でも90年代初頭には無理だよなあ。

とか言ってる僕も、『コンサイスカタカナ語辞典』をもとに作った「マッカビアン・ゲームズ」で検索すると、QMAか僕の名前しか出てこない、ということがあるわけで。ちなみにwikipediaの記事では「マカビア競技大会」。http://bit.ly/1rpTq0z(04月25日)

ともあれ、裏取りをちゃんとやるのは出題者の責務とはいえ限界があるのは確か(出題時に合ってても、出題後に変更されることもあるわけで)。「出 題者が責められない」前提で「誤った知識がクイズ界に広まるのを防ぐ」仕組みは必要。勝抜杯や200人早立ちが終わったらいろいろと考えてみよう。(04 月25日)
 *これは6月頃に試験的に何かやってみたいところ。

【そして、戦いが終われば酒を飲むのだ】

【趣味問題】 昨日の勝抜杯で一番「それ出すんだ!」と印象的なのは、勿論「Ein Prosit」ですね。Eins, zwei, drei, g'suffa! Prost! さて、この歌を歌った後に乾杯するわけですが、そのときによく指示される、通常の乾杯とは異なることは何?(04月27日)

【酒を飲みながら日曜夜のテレビ】

多分みんな書くだろうけど先に書いとく。今なんとなくテレビ見てたら、ピウPに為が押し勝ったシーンが見えたんだけど、気のせいだろうか。(04月27日)
 *福くんすごいー。

「ルーズヴェルト・ゲーム」、「半沢直樹」勢のキャストが(当然役所は違うが)かなり多いため、まるで「みなさんのおかげです」や「やるやら」の ドラマコントのよう。唐沢・江口が「90年代フジドラマの主演で、コントにゲスト参加しそう」なので余計にそんな感じ。(04月27日)

10〇10×を若干リニューアルできないか。観客にとって一番面白い形で提供するため、○と×の数を若干減らし、かつ○の数を1つ増やすことで要求する正解率を高めた新形式を考案いたしました。名前は「ルー(04月27日)

案外クイズ関係の人が触れてないんですが、工藤阿須加ってあんまりお父さんに似てないなあ。むしろ遥加の方がお父さん似の感です。(04月27日)
 *うちの職場では(半沢直樹を見ていた人が多いせいか)ルーズヴェルト・ゲームの視聴率は75%近く。今の30-40代の職場はこんな感じなのかも。会議にセイバーメトリクス要素を取り入れた手塚とおるごっこがごく狭い範囲で流行しそうです。







……クイザーメトリクスを駆使する武蔵浦和の智将が、REGZA Tablet片手に10○10×の必勝法を居酒屋で語るシーン、撮影まだですか?

« 【スタッフ募集】mono-series'14 議論スタッフ&関東以外での開催スタッフ 募集中! | トップページ | 【近況v】1週間振り返り(4/28-5/4) »

コメント

「誤った知識がクイズ界に広まるのを防ぐ」このネタを1つ持っていまして、

Q:漢字で「男女男」は「なぶる」と読みますが、「女男女」は何と読む?

クイズ界での正解=「うわなり」。
辞書・辞典の正解=全ての漢和辞典に「なぶる」「ジョウ」、
国語辞典では歌舞伎の演目名に限って「うわなり」

>てんてんさん

 うわー本当だ!これ知らなかったです。
 ありがとうごさいます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/59574535

この記事へのトラックバック一覧です: 【近況v】1週間振り返り(4/21-27):

« 【スタッフ募集】mono-series'14 議論スタッフ&関東以外での開催スタッフ 募集中! | トップページ | 【近況v】1週間振り返り(4/28-5/4) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter