« 【参戦・イベント】ABC the fourth(2014/3/8)・その2 | トップページ | 【挑戦】「ペーパークイズ 上位への再挑戦」のレビューと、今後のスタンス »

2014年3月 9日 (日)

【参戦・イベント】ABC the fourth(2014/3/8)・その3

【3R】

 希望の10by10に行くも、7○6×の28pという大乱調。
 周囲が熱戦を繰り広げる中、ヘボい勝負を見せてしまってすみません……。

 これだけだと次に繋がらないので、要因分析。

・そもそも正解数が足りてない。

 全般的にトリビア男が強いのは百も承知。
 ただ、渋めの問題はヒロウミくんとATPにとられるし、スピード系の問題はナガマサが着実にとっていく。なかなか「自分だったらとれる」と自信持って押せる押しがなかった。
 ポイントが入るのも一番最後。スロースターターではあるけど、これは良くない。

・そんな中、「幅のある」問題に焦って突入するミス。

 今回は「いかにもなベタ」という文章は少なくて、結構出題傾向の幅を広げたような問題も出てました。どちらかという僕はそっちの方が強いはず、という根拠のあまりない自信を持っていた、の、で、す、が……。
 そういう問題に悉く手を出してミスしてしまったなあ、という感。

・連続誤答は一番よくない。

 最初の「木綿豆腐と絹ごし豆腐」は完全に覚え違い。クイズ始めたての頃にアタックで出てて覚えてたんだけど、20年近く間違って覚えてたのか……。
 これはやむなしなんだけど、次の「キャスケット」は完全に焦りすぎ。新聞配達の少年で頭に浮かんでたのが「株式会社paperboy&co.」自分の大会でもあるまいし出ねえよ!!!
 誤答の連鎖が一番よくない。ワンクッション置くべきだった。


 どこが悪いというよりも、このメンバー相手に、今回の問題で戦うにあたって、やはり「知識と地力不足」だったのかな、という感が強いです。とにかく正解が足りない。足りないから焦る。焦りが焦りを読んで連続誤答する。
 なので、「負けた」「ミスした」のが悔しいというよりは、「弱い」ことが悔しい、という感。


 まあしかしナガマサが強かった。
 彼とは関西にいるときに何度か一緒にクイズをやってて、とんでもないスピードの速さに関しては当然認識してた(あの頃のゲンヤとナガマサにはよ く完封食らってた)けど、今回はもう少し幅の広い知識に対してもきちっと対応してきてた。ABCベスト8の成績に恥じないパフォーマンスだと思う。
 ATPもそうだけど、「自分よりもクイズをやる頻度が少ない、と思われる大変な環境」だけども、きちっと実力を伸ばしている人はいるわけで、その点自分は恵まれた環境を生かし切れてないのかな、とも反省する。

 ところで「問題のめぐりあわせ」とか言い出すと全くプラスにならないけど、一つだけ言うとすれば。
 「723」を選んだヒロウミくんと、「なっちゃん」なナガマサが同じ組にいたというのは運命ではあるよねえ。

 そしてついに「そのセットで最年長が自分」「というか30台俺だけ」という事実を知り慄然となる。

【敗者復活】

 4問目の「太鼓の達人の難易度=おに」という鬼問で敗退。
 それ以外の問題は全部正解してたのに……って、みんな似たようなこと言ってそう。
 とはいえ、早押し言ってたらhくんの勢いに全然及んでなかったろうし、TAKUMI神のようにギリギリまで待つ、ということもできなかったろうなあ。

 なお、実況サイトおよびmixiボイスにて敗者復活の結果(自分含む)を書いたためいったん削除しました。
 注意事項を逸脱する行為でした。大変失礼しました。主催者側に回ることが多いのにベテランらしからぬミス。猛省。

【観戦】

・次点発表が佐村河内。卑怯w
 そして手話通訳者。卑怯ww
 (あれ、タマサンカ・ジャンティ氏ネタも含まれてたんですね。迂闊にも気づかず……)

 次点発表のインタビューしてるときにも延々手話コントしてる二人(邪魔w)を見て、撮影のhalさんが「どっち撮ったらええねん」とつぶやいていたのが印象的。

・タイムレースで『スクールガールコンプレックス』が出たwww
 青山裕企は覚えてなかったなあ。
 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』が映画化されるのは知ってたけど、監督この人だったんだ……。

・決勝の写真。僕が2回くらい映ってたんですが、そのたびにかかる「青いな!」の声。
 相変わらず今年の冬のバーゲンで買ったのですが、普段あまり着ない系の色なので使い道はありそう。
 ええ「青プレート」とりたいからのチョイスではありますよ。前回は緑のブルゾンだったしね。
 そして再びの佐村河内。卑怯www

・「オーミステイク」って久々に聞いたw(決勝のマシントラブルのときに司会のイザワくんがつぶやく)
 日大ギャング事件とか山際啓之忘れてたなあ。
 今だったら「チェックメイト」とパラレルにできそう。

・ところでテニスクイズといえば課長杯だよね、と常々思うのだがいまいち賛同を得ない。
 *なんせ1997年の大会なんでねえ。課長さんの「ラブ・フォーティ」(いい声)とか凄く懐かしい。

 総じて「単純なベタ問ばかりではなく、普段聞かれないような知識も問う」「ときどきびっくりするような柔らか問題も飛んでくる(チョキに勝てないのは/→チョキとか答えたかった)」傾向で、個人的には好き。
 でもこの手の傾向が強そうな人でも、1問の誤答をきっかけに崩れていった例が多々見られて(というより、決勝行った2人も含めて結果的にはほぼ全員そうなのでは、との声も)、クイズって本当に難しいなあ、と痛感。
 で、こういう傾向だと「問題をたくさん作る人」が有利なんだな(これは最近の短文クイズの潮流でもあるんだけど)。TAKUMIくんにしてもトリビア男にしてもそれを痛感しました。

 ともあれ、あかりパパおめでとう!!!

【終了後】

 14人で有志飲み会。
 かなり早い段階でスタッフの許可は頂いていたので、もっと早く告知して、あとはスタッフの方もうまく巻き込められればもっと多くの人を集められたのになあ、とやや反省。
 やたら強豪がいる割に一番惜しかったのが久栗の7○10×(次が僕のトンコロ)、ということで序盤は大反省会の趣。

 「鳥天!」
 (別のテーブルで)「鳥の唐揚げをお願いします」
 「うーん・・・鳥天と鳥の唐揚げでとりがダブってしまった」
 「まあいいんじゃないですか。鳥ぃを食べちゃうぞ、ということで」

 今回は会場全体が完全に鳥ぃに飲まれてしまった感じですが、次はこっちが食い返す番!

 
 

 で、「終電時間見ずに東京西部で飲む」って危険なパターン。
 またみのさんのときの過ちを犯すところだった。

 そしてラーメン屋に寄ったりしながらも、1時前に無事帰着(と報告しないと多くの方に心配かける要介護プレーヤー←まあ一緒だったすみすさんのおかげですが)。

----------------------

 スタッフの皆様、一緒に戦った参加者の皆様、そして有志飲み会来て頂いた皆様、お疲れ様でした!
 伝えたいことはいろいろありますが、それはまた別にふさわしい場で!

« 【参戦・イベント】ABC the fourth(2014/3/8)・その2 | トップページ | 【挑戦】「ペーパークイズ 上位への再挑戦」のレビューと、今後のスタンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/59261637

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦・イベント】ABC the fourth(2014/3/8)・その3:

« 【参戦・イベント】ABC the fourth(2014/3/8)・その2 | トップページ | 【挑戦】「ペーパークイズ 上位への再挑戦」のレビューと、今後のスタンス »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter