« 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(2・最終予選) | トップページ | 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(4・まとめ&スタッフとして) »

2013年12月29日 (日)

【参戦・イベント】第6回東日本早押王(3・プレーオフ)

【プレーオフ撮影前】

 撮影を岡本君にバトンタッチ。
 即座に会場左前の空席に移動。
 ええ、「名前コールされてから移動するまでの時間と距離」を少しでも稼ぐためですよ勿論(さすがに時間押してたらやらなかった)。
 この溢れんばかりの小物感。

 最初に呼ばれたのは村さん。やっぱり強えなあ。モノシリーズだなあ(いい加減しつこい)。
 2人目が僕。声援送って頂く方がいるのは有難い次第です。
 村さん、僕、ジョージ、ヤマハン、こっさん、大森様、オペラオー(彼が入ってきたときに「タメスエー!」と野次ったのは僕です)、イベ。僕はと もかく残りは「なんでこの人らが2勝2敗なの」というメンバーが揃った。KQKが3人(司会の2人を入れれば5人)、というのがいかにもそれっぽいなあ。  

【序盤戦】

 先手必勝の形式、ではあるが……1問目のチョークはオペラオーが正解しJet Stream。前回出たときはなすすべもなく0○1×で散った。そのときのことが一瞬フラッシュバックする……が、それを振りほどくかのように、前後に小 刻みに動きをとる。「静→動よりも、動→動の方が反応しやすい」という、90年代イチローのような理論で(実際これやると動けないときもあるし、あんまり 効果ない気もするけど、まあ気の持ちようということで)。 

 2問目。「イエティ、イエメン、イースト菌/~」。押しあいになったが点いた。少しためて「Y」を正解。なおリハのときに「クラスJ」を正解したので、これでイニシャル完成。自分大好き。
 「Yだ!Yの人がYを正解した!」という野次を聞いた気もするが、実のところ、二つ隣にいたヤマハン視点の野次だったのかもしれない。わいわい。ともかくこれでこの形式初正解、初スタンダップ。

 その後は正解がばらけ、Jet Streamは起こらない展開。
 6問目に村さんが飛び、準決勝12位で入ってきたのは聖司さん。レジェンドの登場に会場が沸く。

 こっさんが仕事問題なのか「クリープ現象」を正解、7人が起立する状況。こうなるとJet Stream狙いでみんなの指が荒れてくる。これに飲まれたらいかん。
 緊張しいなのですぐに掌から汗が噴き出る。それをハンカチで神経質にぬぐいながら、チャンスをうかがう。

 13問目。
 「スキーの回転競技で、コースを指示/する~」
 ちょっと早いポイント。でも答えの候補は一つあった。限定は効いていないが、おそらくここで全く聞いたことのない目新しい問題は出ない可能性が 高い。「関門」の可能性も考えたが、滑降に振る可能性は低いだろう。消去法でざざざっと他の候補をけし、でも自信なさげに答える。
 「指示…………旗門。」

 正解音。勝抜杯のときのように思わず飛び跳ねる(36歳なのに)。
 初Jet Stream。これは確かに爽快だわ!

 「カント」「エイドリアン」と押し負けが続くが、正直あまり焦りはあまりなかった。そして17問目。
 「鉄道で、始点もしくは終点のどちら/か~」
 これも全然限定は効いていない。でも8割くらいの自信はあった。「櫛形ホーム」(渋谷駅の旧東横線ホームが懐かしい)などの可能性も考えながら、でも一番出るのはこれでいいだろう。しばらく間を置いて、ゆっくり答える。
 「盲腸線。」

 正解音。今度はゆっくりとガッツポーズ。
 これでヤマハン、大森様、イベを踏み台に。TSUBAMEさん、未央さん、そしてegが入る。ここでまさかのコンプガチャ(失礼)。

【中盤戦】

 「今年8月30日から/適用~」
 時事チェックの精密さと勝負強さを物語る凄まじい押しで未央さん正解。クイズ倶楽部勢はこういうところが凄い。さすがにここまでくると周囲の押しがさらに厳しい。ここでワゴンRがリタイア、やましんイン。

 誤答が多い展開、なかなか解答権がとれない。そして隣のジョージがキレキレの押し。1ポイントから気迫十分の「オーバー・ザ・レインボー」で安全圏に戻し、新人王でも聞いたような「鉄棒」、そして「鳥瞰図」の連取でJet Stream。こ、この春日部市民強い!
 そしてこれで自分が1ポイント。オペラオー、聖司さん、egが飛び、4人が起立する状況で、いよいよ初の土俵際。

 準決勝7位はほむほむ。少なくともこの傾向では彼の方が圧倒的に強い。完全に追い抜かれた感。普段のStepsの結果が如実に出てるなあ。
 準決勝6位はサタニ。昨年の最終予選では同じ部屋でその時はこちらが上だったが、ここ最近の実力を考えると厳しい相手。
 準決勝5位はham。3連勝したとは聞いていたが、彼でも鳥居・古川越えは厳しかったか……。
 2/3シンサが入る状況。そんな中で失格リーチ。厳しい。。。

 追い込まれた25問目。
 「大気中にドライアイスを置くとひとりでに/~」
 点いた。エロリビドーを高度な欲求に転換することは36歳の今でもできてないけど、でも点いた。
 最終予選で対戦したtaxi(彼もどちらかというとできてなさそうな側)に目をやりながら、半信半疑な体で「昇華?」を正解。これで2ポイントに戻す。

 次の「音部記号」は得意の速攻でサタニが正解。これでTSUBAMEさんが飛び、因縁の相手・まあくんが入場。……え、これで最後なの?夢中で戦っていて把握してなかったので驚き。
 とはいえとても夢を見ていられるような状況じゃない。なんせ立っているのはまあくんとサタニ。そして自分は1ポイント。生き延びられるかどうかの瀬戸際。

【終盤戦】

 鍋奉行っぽくないヤマシンの「鍋奉行」の正解を挟んで28問目。
 「かつての国家社会主義ドイツ労働者党の」
 周囲のプレッシャーが怖い。以前だったらここで押して「ナチス」と答えてたはず。でももう少し待とう。なぜかこの時は待てた。
 「旗に/つか~」
 点いた。待っててよかった。ここにきて「即座に反応するのではなく、ギリギリまで問題を引き付けて打つ」自分の勝ちパターンの押しができた。
 「ハーケンクロイツ。」威圧するように、自分の心を落ち着けるようにゆっくりと正解。

 そして29問目。
 「3本の杭と、」
 ビジュアルイメージを思い浮かべる。「杭」という表現はあまり使われない。であれば、多分アレでいいはずだ。

 「中央に/穴~」
 来た!そして「穴」が聞こえた!
 中央に穴、そして3本の杭ときたら、4ぴ……と妄想する間もなく、先ほどのビジュアルイメージをそのまま口にする。
 「ハノイの!塔!!」

 これで3○。しかもほぼ理想通りの押し。これで一気に波に乗れる……
 ……というほど甘い相手ではなかった。あるいは相手云々ではなく、ここで自分の慢心があったのかもしれない。

 得意のギリシア神話フリの問題で「アルゴ座」をジョージに押し負ける。
 得意の経済問題である「バランスシート」をまあくんに押し負ける。
 「窓際のトットちゃん→黒柳徹子」はサタニの方が圧倒的に強い。
 焦ったのかここでほむほむが「消化試合」で失格。残るはあと6人。

 「タクラマカン砂漠」は引き続きキレキレのジョージが正解。
 やましんが「テニス肘」誤答で脱落。
 「今年生誕200周年を迎えた、ドイツ/の~」これも綿密な時事チェックと勝負根性でまあくん正解。ham脱落。
 「おいしさイナヅマ/」この手のスピード問題はやはりサタニが強い。再スタンダップ。

 「ハノイの塔」の正解以来、まったく勝負に絡めていない。
 ジョージが「グラティ」誤答、まあくん「118」誤答後、
 「地球の表面を覆う/~」「プレートテクトニクス!」というジョージの気迫の正解。どよめく会場。
 「刑罰や権威など/が」「秋霜烈日!」まあくんも素晴らしい正解で返す。これは勝てない。
 「1538年に/」点いたのは3ポイントのサタニ。おそらくアレなんだろうけど……答えてくれるな。

 

 「プレヴェザの海戦。」
 彼にしては静かな答え方。鳴り響く正解音。
 スピード勝負になっては制海権は残念ながらこちらの手にはない。スピードでは劣る橙菓子の弾丸は撃ちぬけない。ここであえなく海の藻屑となった。


 でも悔しくはなかった。
 悔しいと思えないくらいの、圧倒的なスピードと実力の差。
 29問目「ハノイの塔」正解後、43問目の「プレヴェザの海戦」まで、(人数が減ったにも関わらず)実に14問地蔵だったわけで、少なくとも終盤に関しては完敗。
 静かに一礼して、壇上を降りる。やり切った思いで一杯だった。

【振り返り】

 前々回は手も足も出ず。
 前回は出場すらできなかった(誰かさんの弾丸に打ち抜かれた結果)。
 それに比べると、今回は6○と善戦することができた。

 普段のシンサ等でのクイズや、家での座学は、それなりにプラスの方向に向かっているのかもしれない。ここで油断するとあっという間に追い抜かれるけれども、ここ最近やってきたことは間違いではないのかな、とも思える。
 一方で、今回決勝行った4人との差は歴然としており、ここに「超一流」と「ちょっと強い二流」の差が明確に出てるのかな、との感。RPGで言うレベル差補正があるのでは、というくらい勝てないもんなあ……。


 グダグダ書いてきましたが、とにかく楽しかった!
 普段どちらかというと悲愴感を漂わせてしまうタイプなのですが、「楽しそうにクイズをやってましたね」と言われたのが嬉しかったです(まあ後輩なので、凹みがちな先輩へのナイスフォローなのかもしれませんが)。

 ともあれこれで僕の早押王はおしまい。さすがに疲れて体育座りしてました。
 決勝も立ちあがってみる気力がなかったのですが……。


問読み「主な製品に”MONO”シリーズがある~」

橙(体育座りから感謝の早土下座)

ham「はいはい次次」

----< バッドエンド No.06「2014年9-11月に第2回開催」 >----

(ヒント:「MONO」だけならともかくわざわざ「シリーズ」を付けたのは意図的な感を受ける。西日本の問題選定会議にJUMPし、誰かがちゃっかりこの問題を紛れ込ませないかどうか見張ってみよう)



 最後までしつこく告知しながら終わり、と思いきやもう一回だけ続く。

« 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(2・最終予選) | トップページ | 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(4・まとめ&スタッフとして) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/58840783

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(3・プレーオフ):

« 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(2・最終予選) | トップページ | 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(4・まとめ&スタッフとして) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter