« 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(1・予選) | トップページ | 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(3・プレーオフ) »

2013年12月29日 (日)

【参戦・イベント】第6回東日本早押王(2・最終予選)

【最終予選開始前】

 どんな強豪クイズプレーヤーが入ってこようとも驚かない。
 そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

「あああああああっ、(匿名)氏!なんでこの部屋に」(狼狽)
「いやスピードだったら橙が勝つんじゃない?」
「いやいやそれはないと思いますよ!……ところで(匿名)氏、部屋間違ってませんか?部屋間違ってますよね?(駄目元で)」
「まさか!……あ、ごめん、部屋間違ってた」

 ペーパー1位の常連の大ベテランでもこういうことがあるんですね!
 なおご本人の名誉の為に匿名にしておきます。どんなクイジスt……もといクイズプレーヤーなんでしょうか。

 *もちろん実際には相手のことを「~氏」と呼んでないですよ(ステレオタイプのオタクじゃあるまいし)。ちなみに読みは「うじ」ですね。


 それはともかく、ATP、スズケンさん、taxi、くさまつ、白砂くん、そして問題チーフお疲れ様なゆのっちぃくんなどが集う。どこの部屋も楽ではないけれど、今回もけして楽ではない。でも少なくともバーンはいない。

 司会は久遠、問い読みはシャーシャー、得点係はいわも、というKQK部屋。ちょっと気が楽に。
 あと得点係には中央の宮崎くん。モノシリの「日本カルミック」「π/」「犯人はヤス」は彼の問題です。「中国(made in PRC)」「機会費用」などの真面目な問題も作ってるのですが、なんせ「日本カルミック」は公衆トイレに行くたびに目にするしねえ(女性が不利だから、と いう理由で「サニッコ」を付け加えたのは僕)。オリセンもカルミックでした。

【第1セット】

○前橋育英、ハナ肇、目安針、有島武男、たおやめ、釈迦、ザ・ビーチボーイズ、北九州市、池井戸潤
×ユヴェントス(「インテル」と誤答)

 さすがにメモとりながらは無茶だなあ。自分の字を判読するのがかなりの難問クイズ。
 とにかくひた走るのがゆきむらくん(しかしミルフィーユにはなぜ幸村とか道雪とか戦闘力が100超えてそうなのが集まるのだろうか。しかもリアルバウトも強そうだし)。アドバンテージ無しの状態からひた走る。とはいえ誤答が多く先は厳しいか。
 やはり怖いのはtaxi。着実に正解し途中までトップを走る。が、誤答が続いたところで逆襲、2p差くらいでトップ。
 「ビーチボーイズ」は『陽だまりの彼女』を思い出しながら正解。なんせラストシーンが、ねえ……。 
 なおドクロがこの部屋にいたおかげか、それともmono-seriesのペーパーで「若松市」を出していたおかげか、「北九州市」を正解。やたー。例の河下水希先生ポスターは今度ダンナに渡します。
 あと「池井戸潤」。先週の三田会で賞品として使った。今文庫本2冊買うと半沢直樹の名刺がもらえるよ!

【第2セット】

○れぐーる、宿坊、小樽市、『雨月物語』、サラディン、中島みゆき、御託、サワラ、高木豊、酸素(コンタクトのDk値)、グレーチング、和らぎ水、フィボナッチ数列
×冬小麦(「秋小麦」と誤答)

 ここは手数で圧倒。ゆきむらくんが解答権剥奪になったのも大きい。スピードで彼に負けそうな問題もとれるようになる。
 雨月物語、中島みゆきあたりは100%の押しではないが当たる。
 あれだけ「蒼き狼」シリーズをやったのになぜか読み切りまで聞いてしまったサラディンも当たる。

 そして降ってきた萌え問はここぞとばかり正解。
 「高木豊」。なんせうち静岡の会社なので周囲にエスパルスサポーターが多く、「トシくん」の話題が時々ランチで出るのです。僕はスーパーカートリオ世代ですが。あと横浜の大量粛清が懐かしい。
 「グレーチング」。mono-seriesペーパーで出題(作成は上野さん)。9人正解。まさかここで出るとは!!
 「和らぎ水」。9月の久栗のみまさか・stu対策会でも同じポイントで押す。日本酒好きとしては是非押したい問題。いや和らぎ水使って飲んだの数回しかないし(大宮の「たちのみいしまる」)、そもそも和らぎ水って表現を飲み屋で見かけたことないですが。
 「フィボナッチ」。これもmono(中略)でunoが(後略)。

 この時点で2位グループのくさまつ・taxiには10点差近くつけていた。しかも相手の方が×が多く、自分はまだ2回間違えられる。
 これはいける、圧倒的優位……しかしそれが逆にプレッシャーとなる。

【アタックチャンス】

○坊主、カピタン、樋口了一、アボガドロ定数
×なし

 苦しかった。正直苦しかった。

 まずくさまつが怒濤の連取。あっという間に1問差に詰め寄る。2問とってなんとかしのぎ、くさまつ解答権剥奪でほっとしたら、taxiが失格 リーチから怒濤の正解!さすが高校生クイズV2、勝利の味を知っている男は違う。「クイズだけに留まらない取り組む姿勢が身についた」といったところだろ うか。

 10点差あったはずのリードも、いつしか0に、そしてtaxiに逆転を許す。
 そして残り時間はあと1分。昨年のバーン同様、今年もギリギリで負けてしまうのか……。
 タイムアップの一言が怖かった。シャーシャー、頼む、次の問題を読んでくれ。

 

 年老いた親が子供に向けて歌う設定の『手紙』や、『水曜どうでしょう』のテーマ曲『1/6(ろくぶんのいち)の夢旅人』/


 

 押してしまったのは、半ば、いや8割方焦りだったのかもしれない。
 確かに1週間ほど前にこの人のwikipediaのページを見た。他の人が答えているのを聞いた記憶もある。ただ、下の名前がはっきり思い出せない。でも、点いたからには答えるしかない。自分の記憶を絞り出す。「ダヴィンチ」の水どう特集の記憶を捻りだす。
 「樋口了一。」祈るような気持ちで正誤判定を待つ。

 正解音。よかった。これで同点。まだわからないはず。

 呪縛から解かれたのか、続く「物質1mol の中に含まれている~」すっと指が動いた。「アボガドロ数!」普段であればここらへんで時間稼ぎをするんだけど、その余裕もなかった。

 そろそろ終わるはず。先ほどと逆のことを祈る。終われ。終わってくれ。

 「江戸時代末期に報徳思想を/~」

 わかった!なんせ俺日本経済史のゼミだし、この人が出てくる本をゼミで輪読したこともある。
 しかし点いてない。ついたのは、ここを勝負どころと見定めたtaxi!
 そして押した後にタイマーがなる。つまりはこれが最終問題。正解ならサドンデス。誤答なら勝利。


 普段だったら相手の誤答を祈るんだけど、この日は「なるべく他人の正解を祈ろう」と思っていた(なぜかはいずれ触れます)。このときはさすがに積極的には祈れないけど、taxiなら出てきそうだと思ったし、サドンデスへの覚悟を固めていた、が。

 ……出てこない。taxiをもってしても、この場面では出てこなかった。
 33対29。最終的には2問差ではあるけれど、まさに薄氷の勝利。「天5」で玉Qに負けたリベンジは果たさせてもらった(あ、第1セットのegもか)。
 「熱い試合でしたね」そう言ってくれたtaxi、くさまつと握手。


  

 ともあれこれで2大会ぶりの部屋代表。前回もバーン相手に1p差とギリギリのところで部屋代表を逃しており、「2勝2敗で部屋代表、但し圧勝できる程ではなくボーダー」というのが今の実力の相場感なのかもしれない。
 これは「一定レベルの人が揃った多人数押しではなかなか勝てない」「けど、人数が減ってくるとそこそこ戦える」ということを如実に表しており、ここらへんに自分の課題がありそうだ。すぐに解決はできなそうだろうけど。


 まだつづくー。

« 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(1・予選) | トップページ | 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(3・プレーオフ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/58840767

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(2・最終予選):

« 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(1・予選) | トップページ | 【参戦・イベント】第6回東日本早押王(3・プレーオフ) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter