« 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(1) | トップページ | 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(3) »

2012年9月 3日 (月)

【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(2)

 ここのコラムを読んで思うところがいくつかあったので……その2。
 http://myan.s26.xrea.com/quiz/32column.php

【「クイズ人口について」に対して】

○「高校生クイズの参加者は5年前と比べて1万人以上減少(今年の目測参加者は全国で4000チーム・12,000人程度)しており」

 ……いうのは事実だと思います。
 しかし、それが「知力の甲子園」路線にシフトしたからか、それとも別の要因なのか……は冷静に考えるべきだと思います。確かに「あわよくば全国優勝」という人は減ったかもしれませんが、もともとイベント感覚で来ていた人が多くて、そこが足が遠のいたのでは、という感。

 考えられる「別の要因」としてはこんな感じ。まだまだあるとは思いますが。
・ネットなど他の趣味の発展
・「テレビ番組に映る」ことのメリットの減少
・さらには、「テレビ番組に映る」ことが「晒し上げのリスク」になりかねない
・不景気による小遣い額減少(これはそんなに影響ないか)
・高校生クイズの高校生に対しての視聴率・認識は、実は依然低空飛行?(40-50代女性の視聴率・注目度はあがっても、現役層には実は認識が薄い、など)

 もちろん、「出てるのがエリート校ばっかりで自分とは無縁」「この傾向では全国行けない」「行けたとしてもエリート校に負けて全く映らないのは嫌」というのは、一つの要因としてあるでしょうね。
 ただ、仮に「知力の甲子園」以前の「バラエティ」「オリラジ」ベクトルだとしても、年々低下は免れなかったのでは、と思いますがどうでしょうか。
 ともあれ、「地区大会拡大」「芸能人招へい」でも年々の低下傾向はカバーしきれなかったのではないかな、と。
 完全に印象論(そもそも論なの?)で根拠はないのですが。

○「クイズ研究会に所属して日常的にインプットをすることが活躍の前提になっている「知力の甲子園」路線が5年続いているにも関わらずクイズを部活として取り組む人が増えないのはなぜか。」

 ここは興味深い指摘だと思います。
 確かにEQIDENや関クイ連の話を聞いている限り、数年前よりも増えています。が、特に地方なんかはもっとクイズ研が増えてもおかしくないんじゃないかな、という感はします(熊本や宮崎などで増えてきてはいますが)。
 相変わらず静岡県にはクイズ研できないですしねえ。。。

 一つ目。「あまりにもレベルが高く映りすぎている」。
 なんらかの努力の結果が伺えるならともかく、今の演出は「もともと頭がいい、知識に貪欲な」つまり「素質からして優れている」ことを前面に押し出しすぎなのかもしれません。実際のところは、そんなに極端な差はないにしても。

 二つ目。「上位陣にどう追いついたらいいかわからない」。
 「実は参加者が対策しやすいような”クイズ界ベタ”を出している」「しかもそれは一般視聴者の前にはけして出さない」演出をしている、というのはクイズ界にいる人間ならみんな知ってます。
 が、一般にはそれは知られてないわけで、「どう努力したものやら」という感を与えている可能性は高い。たとえば「実はこの手の問題はみんな対策してて……」と知るだけでもだいぶ変わってくるでしょう(そしてそれを管理人はやろうとしてるんでしょうね)。

 三つ目。「ネームバリューの問題」。
 地方の高校生にとって、開成だ灘だラサールだ、と言われればそれだけで臆してしまうのはやむなしなのかもしれません。仮に県立のトップクラス校であっても。
 実際に大学に入ったり、企業で人事担当をやったりすると、上位とされる大学でも地方公立のトップ校、さらにはそれ以外の学校の名前もしょっちゅ うみかけます。ただし、「いや、大学や面接で接してみる限り、私立名門も地方公立もその他もそんなに変わらないよ」というのは、あくまで両者を比較できる 人間が持てる感想。実際の高校生からすると比較する機会はまずないわけです(模試くらいか。僕は大学入試をやってないのですが、この点ってどうなんだろ う?僕が高校受験をしたときには、模試の上位はまだ公立中が多かった記憶)。

 四つ目。「”高校生クイズ(&対策)”以外のクイズ活動が見えにくい」。
 高校生クイズ以外に大会があるとか、そもそも仲間内でクイズやってるだけで楽しい、みたいなことはこれまでは全く広まってなかったわけで。その点「ナナマルサンバツ」がブロックバスターになるのかもしれません。

○「まだ1万人以上が高校生クイズに参加してくれているにも関わらず、そのうち9割以上が高校生クイズ以外の場でクイズに触れようとしないのはなぜか。」

 という問題提起については、特に上の四つ目でしょうね。「高校生クイズ以外のクイズの場が見えにくい」。また、そもそも「クイズを定期的に趣味としてやりたい」という人はそんなに多くないはずです。

 むしろ、高校生クイズは「クイズを趣味じゃない」「他の部活に入ってる」という人も1万人以上参加しているわけで、これって他の競技に例えてみると凄いですよね。むしろここは「クイズが趣味じゃない人も参加している」点をポジティヴに捉えてます。
 野球を初めてやる人たちが3500校集まった甲子園、みたいな話で。そのうち野球部はせいぜい50校、と。
 なので、この点についてはあまり「解決すべき問い」とは思いません。


 僕は各県で3-4校くらいクイズ研くらいがあるといいなあ、と。
 各県を3地域くらいに分けたら、各地域にクイズ研があるイメージ。「クイズへの興味」と「偏差値」には(現実的な話)正の相関関係があるのは事 実で、となると学区No.1か2、つまり「中学で上位の成績の人が行くような高校」の一部にクイズ研がある……となるとこれくらいの数字になります。
 ただ、現状はそれすら全く届いてない。その点で、「クイズを部活として取り組む人が、この傾向でも増えないのはなぜか(特に地方で)」というのは非常に重要な問題提起だと思います。

-----------------------

 ところで、参加人数については、一つ不思議に思うことがあります。
 今のスタッフにとって、「予選の参加人数減」というのは、どれくらいの優先順位があるのでしょうか?
 また、なぜわざわざ「地区予選の拡大」「芸能人ゲストの招へい」をしているのでしょうか?

 ここから下は完全に憶測、というか邪推ですが……。

 こと視聴率という観点からすると、正直なところ「一部名門校を招待して、スタジオで予選をやる」の方が断然コストは低いし、納得いくメンバーを 残せる。番組で「全国で地区大会を30近くやって」とか全然触れてないし、「何人の中から~」みたいなことにも触れてない。納得性はやや薄れますが、もっ と知識偏重型の予選をやってもいいはずです。
 おそらくのところ、「インターネット予選」というのも、この流れへのテストかなあ、と邪推しています。ゆくゆくはネット予選の枠を広げる(もちろんトラブルに対しどうするか、という問題はあるにせよ)方向性は十分ありえるよなあ、と。

 ただ、本選の「知力の甲子園」演出と、予選の「地区予選の拡大」「芸能人ゲストの招へい」というのはどうにも矛盾します。
 推測ですが、スタッフとしては「知力の甲子園」方向で視聴率をとることの方が優先順位は上ですが、とはいえ「参加人数減」は食い止めないといけ ない。もしくは、(実際に食い止められるかは別として)食い止めるための施策は打たなければならないスタンスなのでは、と僕は思います。

 なぜ?
 1.スタッフ内の保守派対策
 2.スポンサー対策

 「いややっぱり全国から高校生集めないと」という声が大きいスタッフがいるのかもしれません。
 が、現実的に考えられるのは、スポンサー対策なのかなあ、と推測します。

 ライオン様からすれば、当然広告に対しての費用対効果を見ている。
 視聴率という観点では「40-50代女性というメインターゲットに刺さる番組作りで非常にいい」という評価でしょうが、一方で現役高校生世代にとって「親しみをもってもらう」という点でも、一定の評価をして頂いていると思われます。
 となると、広告ターゲットである現役高校生の参加が減っているのはあまりよろしくない。もっともライオン様からしても、メインの購買層は高校生 ではなくお母様方なのだから(花王に比べると、ライオン様は若者向けのラインナップに乏しい。Banくらい)、優先順位は2番目以下です。とはいえ中長期 にわたる顧客との関係構築、ということを考えると、高校生への人数が減っていくのは社内的にもどうにもよくない。
 もし僕がライオン様の広告担当だったら、「お母様方に刺さる番組作りが第一だけど、高校生の参加者は減らしすぎないでね。そういう番組作りをしてね」という要望を制作側にするだろうなあ、と。
 一見矛盾する「知の甲子園化(こちらはお母様方大喜び)」と、「地区予選拡大」「芸能人招へい」(こちらは高校生大喜び……してないけど、少なくとも施策を打ってるから、スポンサーへのポーズにはなる)が両方並行しているのは、ここらへんが事情なのかな、と思います。


 って長々書いたわりには陳腐な見方ですねえ。
 でも、当たり前のことを当たり前に書く、というのも大事なことだと思います(自己弁護)。


 ……って、今でも参加者に試供品とか配ってるのかなあ(僕の頃は「植物物語」とかだった記憶)。それすら知らないレベルで語っているのですが。

« 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(1) | トップページ | 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(3) »

コメント

今の流れになってからも、
近畿大会しか見てませんが、
ライオン試供品配布の他に
河合塾のブースがあり、

年によって、ガツンとミカン、MATCH、スカパーのブースがありました

>てん2さん

 自分自身のブログをここ2か月見てなかったので、コメント放置すみません。。。

 ガツンとみかんは覚えてる。あとは進研ゼミとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/55721596

この記事へのトラックバック一覧です: 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(2):

« 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(1) | トップページ | 【提案(その他)】「高校生クイズを極めるページ」でのクイズ論の感想(3) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter