« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

【参戦・イベント】ロブスター何デカ(4) 決勝(後半)

<28問終了時> ピウ9、Cateau8、こっさん・トリビア男6、橙5、がいる4

【早押し後半】

 ピウ刑事リーチ、Cateau刑事イーシャンテン。
 一方こちらはまだ5p。といってもこれは三択を含んでの数字。早押し正解数では圧倒的な差。圧倒的劣位。

 「日本テレビ系の番組「人類滅亡と13のコント集」に主演したことや、最近では音楽研究家としてヒット曲の法則を提唱したことで知られる、オフィス北野の芸人は誰?」
 音楽評論で近田春夫かなあ、と思ったけど芸人ではない……待てよ?

-----
最近読んだ雑誌(1) 「男の隠れ家」→ローカル線特集。北海道は一度電車旅してみたい。小海線は日帰りで行こうかなあ。 「splash!!」 →タイトルに魅かれた。芸人雑誌。お笑い関係、もともと詳しいわけではないが、ボタンから手が離れるレベルの苦手ジャンルになってきた……。(07月29 日)
-----

 ……この前読んだ「splash!!」でかなりのページ割かれてた人、のはずだ!
 http://natalie.mu/owarai/news/72705
 特徴的な名前だったので頭に残っていた。7割くらいの自信だったが攻める。シンキングタイム2秒経過くらいで押す。

 「マキタスポーツ!」
 正解音。よかった。クイズ外の情報がクイズに生きる瞬間。実にうれしい。
 にしても元ネタが「splash!!」とは。どこまでもKitschと離れられない人生。
 そして特集名の「空気を読むってなに?」が自分にとっては重い。

 続いて
 「株主総会の中でも、」
 かなり高い確率でアレに落ち着くだろうが、この問題の難易度だとまだここでは押せない。質疑応答とかが来たら行くか。
 「質疑/応答~」
 理想的なポイントで来た。「シャンシャン総会!」
 「他を知らないから押せる押し」ではあるのだけれど、これで7p。でもまだピウ刑事はリーチ。

 そして30問目。
 「将棋の名人戦やプロ野球の日本シリーズなどにおいて、」
 え、それ昨年の秋にツイートしたあれじゃね?

-----
土曜日に頻出しそうなツイート:「果たしてこの言葉は用法的に正しいのか?」 http://bit.ly/uayhN3 いや頻出してほしい。切実に。(11月17日←この時点でドラは2勝3敗)

(確かよしくんが教えてくれた石橋幸緒のツイート)@SachioIshibashi だから逆王手っていう表現は違いますから!中日も王手かけたけど、ソフトバンクも依然として王手かけたままですから。しいて言うなれば両王手!? #日本シリーズ #間違った将棋用語の使い方
-----

 「第6戦に勝利して3勝3敗/~」
 指が動いた。しばし考える……といっても思い出すのではなく、とっくに答えは頭に浮かんでいて、他の可能性を潰していく感じ。よし、これしかないわ。3秒たってようやく答える。「逆王手をかける!」いけた。いけました。ドラは結局駄目だったけど。
 (将棋用語としては誤用だとしても一般に使われている表現なので、問題スタッフを批判しているわけではありません。念の為)

 Cateauさんが「十二夜」を「十三夜」と誤答(僕もなぜかそう思ってました)。惜しい誤答で一歩後退。

 「金色のシルクハットに羽織袴という出で立ちで日の丸の旗を振って、夏のオリンピックの/~」
 昨日も出てたよな。通称?それとも本名?でもこの問題傾向だったらそこそこ難しい方向に行くだろう。オリンピックとも言ってるし。本名で行こう。「Number」で読んでメモっておいてよかった。
 最後の一文字の「稔」、読み方が微妙だけど……イマイチ自信がないのか、僕にしては低い声だった。
 「ヤマダナオトシ(山田直稔)さん。」
 正解!追っかけリーチだ!

 トリビア男、こっさんが勝負に行くも誤答。3人だけになった。
 「対角線が19700本なのは何角形?」→頭の中で「(n-3)*n/2」の公式を思い浮かべるもさすがに「正200角形」は出てこない文系脳。スルーで助かった。

 そして39問目。
 「2006年に軍事クーデターにより失脚した、」
 なぜかこの時点で国王系しか頭になかった。そんなのいたっけ?
 「タイの元首相/は誰?」

 この時点で単語はまだ頭に浮かんでなかった。けど、これはわかるはずの問題。というのも、仕事柄この人がタイの農家にばら撒きして云々、という話題に触れることも多々あったから。
 カタカナ5文字……インラック……は妹だから違う。……細かいところがちょっとあやふやだけど、カナ4文字のアノ人でよかったはず!

 「押したのは、神野さん!」
 「タクシン!!」



 一瞬間がおいて鳴り響く正解音。
 5-9からの大逆転。自分自身信じられない大逆転。複数の超一流を相手にまさかの勝利。
 インタビュー。「逆王手を正解したのが逆王手に繋がった」って言い損ねた(8p目なので、一つずれていれば本当に逆王手で逆王手だった)。

【っていうか】

 明らかに最強じゃないのに優勝する、ってのは一橋オープン以来かなあ。そういえばアレも演出が刑罰関係だった。
 
 勝負を左右したのは、明らかに迫りくるトリビア男。
 特に中盤の3連取で、残り全員に「誤答したらKY刑事に追い抜かれる」という恐怖心を植えつけた。単純な10休であれば何人かに分散しそうだが、今回はトリビア男一人に持ってかれそうな雰囲気が漂っていたのだ。全体的に大きくスピードダウンしたのはこれが影響だろう。
 となると、スピードで比較的劣り、かつ追いかける立場の僕に勝機が出てくる。こちらとしては失うものもないわけだから。100%の押しはなかったが、「おそらくここに着地するだろう」という80-90%の押しを重ねられたのが勝因。
 とともに、さんざん自分のツイートとかを引用してきたように、「クイズ本以外で仕入れた知識」が続いてくれたのも大きい。クイズ本を読んだ方が 実力強化の早道だけど、遠回りでもそれ以外の部分を大切にしてきたので、この勝利は嬉しい。まあこのスタイルが報われるイベントはそんなにないんだけ ど……。

 何が言いたいかというと、トリビア男に対して「カール君みたい」という表現は非常に的確だと思う。まあ、若手に対して「カール君」が全く通じない、ということは抜きにしても。

 ○カール君動画○ 

 長距離レースであることを考えると「ヒートリー君」「フランク・ショーヘー君」ってのもアリか。

【エンディング】

 トロフィーと高級手錠を頂く。
 値札の「1300円」を見て「高級っていう割には、お前のネクタイより安いじゃないか」とツッコミをしているところ、えるえもの一言。

 「あまり話したくないんですけどね、この手錠、新宿のアダルトショップで買ったんですよね」

 ……今日一番、喜びが爆発した瞬間だった。
 「バイアグラ」で優勝決めてればさらに綺麗な幕引きだったのになあ。



 鳥居さんポーズでもやろうかなあ、と思ったが、20時を過ぎてて「早く撤収しようぜ」という雰囲気なのでさすがにやめておく。さてと撤収……。

 JING「それでは、皆様にお聞きいただきたいと思います。警察ものの終わりといえばこの曲です。どうぞ!」
 少し間を置き、流れる「聖母たちのララバイ」。

 JING「じゃあ、行こうか」。
 よくわからないけど頷いてみる。何すんの?と思ったら……
 JINGがトリビア男の肩を組み、そして会場外に連行……。

 わきあがる「鳥居ー!」「KY刑事ー!!」の声。
 その声の中ふと思いつく。「今だったら”鳥居さん抜きの鳥居さんポーズ”ができるんじゃね?」
 あ、鳥居が戻ってくる。急いでこっさんの腕をとって鳥居さんポーズ……あれ、カール鳥居容疑者間に合っちゃった。しょうがねえなw

【終了後】

 片付けを手伝った後、「シャリキンのホッピーが飲みたい」「じゃあ軽くいくか」というJINGらをねぎらうべく飲み屋に。
 ところが日曜日の参宮橋ってなかなか空いてないんだよねえ。まして10人規模となると。



 ……24時間ぶりのSHOW-YAライブ in SANGUBASHI!



 飲み会では準決勝Bの戦術論やカール君トークなどで盛り上がりました(優勝者強かったですねえ、なんてトークは当然一言もなし)。
 まあ「軽く」とか「一杯」で案の定終わらず、23時近くまでしっかり飲んだ結果見事に終電を逃したのですが、さすがに翌日仕事なので横浜駅からタクシー使ったよ、と。4000円強ってのは微妙な価格だなあ。

【大会の感想】

 スタッフの皆様お疲れ様でした!
 久々に「オーソドックスなステージ型クイズ+戦略性交えた企画+新問中心+バラエティ要素+ドッキリ要素」の大会に触れた気がします。

 音響面中心に若干進行が遅れたのと、全体的にボリュームが多すぎた(1ラウンドの問題数は少なくてもよかったかも。まして前日が早押王だったわけで……)きらいはありますが、「来てよかった!」と思える大会でした。
 がいるくん、三浦さん、ヤマハン、3.14k''bの上位進出、yoheiのコース別圧勝、コースAでリーチまでいったふーみんや村さんなど、いろんな人に見せ場があったのも良かった。はんちょさんとNWAさんの仁王立ちケツバットとか。

 あと、企画はいろいろなところで使えそう。5○2×近似値とか。準決勝Bは少しパラメータをいじって別のところでやってみようかと思います。
 あ、DVDはなるべく早く送るので、問題集出してな!

【参戦・イベント】ロブスター何デカ(3) 決勝(前半)

【対戦相手】

 Cateauさん、ピウP、トリビア男……短文のみならずオールラウンドなクイズの実力にしても、現在の日本のトップ10に入る超一流。こちらは20-30位、頑張っても超二流……というのが客観視したときの「相場」だろう。
 がいるくん、こっさんがメンバーに加わってるのもしんどい。基礎力もさることながら(こっさんには早押王の第2セットで負けてる。 「Moco's Kitchen」で乗らせてしまった)、ともに今日出るような「柔らかめ」に強い……となると数少ない自分の強みが消される。また、理系と競馬・芸能とい う強みを持っているのも相手にしたくないところ。
 準決勝がギリギリ通過だったことを加味しても、普通に考えれば勝ち目は薄い。けど、昨日にしても諦めずに挑んだら超一流の一角・バーンに1問差まで迫れたわけだし、「諦めない」「折れない」というのがポイントだな、うん。

 ……まあ、企画書に読めないくらいの小さい文字でなんか書いてある時点で、まともなクイズじゃないとは思うんだけど。

【3択】

 企画説明。「あれっ、なんか書いてありますよ」と案の定の小芝居がスタートする。とともに撤収される早押し機1端子。
 三択で3問正解したら早押し機につける。一人は早押し機につけない、とのこと。……ここで負けるのはしんどいなあ。
 
 1問目。「私・ヨネヤサトシが好きな飲み物はどれでしょう? 1.小岩井リンゴジュース 2.CCレモン 3.コカコーラ」
 ……よりにもよってこの局面でパーソナルクイズかよ……。
 八戸で彼何飲んでたっけかなあ。リンゴジュースだったら何も小岩井じゃなくて青森ローカルブランド飲むだろう、ということでCCレモンを選ぶ。ここは正解。

 灰色が最近仕事で付き合った会社=ヤマシン広告社は全員正解。ヤマハンは悩んだけど(販売とかで)、ヤマシュンはなさそうだし。
 当落ラインギリギリだったが、最後はJINGのネクタイ=1500円を当ててギリギリセーフ。
 ここで早押し機が与えられなかったのは教祖刑事ことトリビア男。しかし「失格ではない」とのこと。まあさすがにこのルールで失格なのは可哀想だしなあ。

【早押し前半】

 「3択の正解と併せて、10pになったら勝ち抜け」「誤答したら10問休み」というところまでは企画書で書いてあった、が……。
 「誰かが間違えたら、その空席にトリビア男が座ることができる」
 「他の人は、10休が空けたらもともといた席に戻る。その際、他に休んでいる人がいたら、トリビア男はその席に移動することができる」
 「他の人は3pから、トリビア男は2pからのスタート」
 ……カール君みたいなことにならねえかなあ……。

 序盤はピウ刑事とCateau刑事が走る、走る。というか残り3人がまるでついていけない。この2人のマッチレースの様相。

 <10問終了時> Cateau・ピウ6、こっさん4、がいる・橙3、トリビア男2

 その後も2人が走る。こっさん、がいるくんと正解した後、当方もようやく「サカナクション」で初日。昨年の新人王リハでも答えた記憶がある。あとこの日の朝に3.14k''bが「早押王の音響で使った」とツイートしてたのも頭に残ってた。
 しかしこれでは完全に「善戦したけど負けちゃいましたハハハ」のパターンだ。流れをつかまなければ。

 ここで場が動く。8p持ちのCateau刑事が「メタンフェタミン」を「覚せい剤」と誤答(警察らしい問題だ)。と、いうことは……♪oooh きっとくるー きっとくるー……教祖刑事改めKY刑事のおでましだ!案の定「ルーメン」を正解するKY刑事。これはさらに厳しい戦いになってきた。

 続く問題。「この手法をいち早く採用したジャーナリストの名前がつけられている、」
 なんだろ、涙香や外骨とかそこらへんの話?
 「社会的に重要度が高いカンファレンスにオンライン状態で場におもむき/」
 ああ、ようやく自分の得意ジャンルに近づいてきた。サイゾーの宮台・宇野氏あたりの連載でよく見かける表現。「tsudaる」を正解。これで折り返し。

 <20問終了時> Cateau・ピウ8、こっさん・橙5、がいる4、トリビア男3
 
 トリビア男が「ロジェ・カイヨワ」「ウス・ルジーアダス」「文字化け」3連取でが6p。猛追を始める。
 少し焦ったかこっさんが「スイッチバック」を誤答。これでトリビア男の出番はさらに延長。
 しかし27問目「バイオリン曲”ツィゴイネルワイゼン”/」「サラサーテ」!綺麗な押しでピウ刑事がリーチをかける!

 <28問終了時> ピウ9、Cateau8、こっさん・トリビア男6、橙5、がいる4

 つづく。

2012年8月28日 (火)

【参戦・イベント】ロブスター何デカ(2) 準決勝B

【準決勝B 時効警察(3変数早押しクイズ)】

 これ、かなり面白かったので、ルール全文載せます(文章は一部変えました)。いろんなアレンジができそう。

--------------

★70問限定のクイズです。9人から3人抜け。
★3つのパラメータがあります。
 (1) 日数:これと同じ問題数まで解答権がある。これを超えると解答権がなくなる(失格ではない)
 (2) 証拠:勝利判定基準はこの「証拠」のみ。70問終了時に「証拠」が多い3人が勝ち。同点はサドンデス。
 (3) 予算:誤答すると1つ減る。0になると失格。
★初期パラメータは以下の通りです。
 (1) 日数:40+(ボードクイズで自分より点数の低かった人数)
 (2) 証拠:0
 (3) 予算:2
★正解すると、以下の行動のどれかがとれます。
 (1) 日数を10日延長
 (2) 証拠を1増やす
 (3) 予算を1増やす

--------------

 僕は日数43日からのスタート。
 とりあえず作戦としては、慎重に臨んで日数を63か73まで伸ばした後、予算をとって押しやすい状態になって、あとは様子を見ながら証拠を積んでいこうかな、という戦略でいくことに。
 ……ってまあだいたいみんな同じこと考えるわなあ。みんなも2回「日数」を選んで60代に載せてくる。

 僕も「クラマー」「王安石」正解でまず63日まで乗せる。次に「佐藤可士和」を正解しどうしようか考える。トリビア男をはじめとして5人近くが 60日近くまで乗せてきている。であれば、ここで日数を7日分増やすよりは、予算を増やして攻めた方がいい。というか誤答して指が止まるリスクが怖い。勇 気があるのかヒヨっているのかよくわからないが、ともかく「予算」を獲得する。
 おかげで押しやすくなり、「ドレフュス事件」を90%くらいの精度で正解。ここで証拠をまず一つ積む。あとは予算を2以上でキープしながら、証拠をどれだけ積んでいけるか。

 「ヨーマン」を「ジェントリ」と誤答するも、比較的ベタ問の「森田座」をとってもう一度3に戻す。ところが「三四郎のモデルのドイツ文学者」を押したものの出てこず、「森田草平(平塚らいてうと心中)」と誤答(正解は小宮豊隆)。ここで停滞。

 そろそろ証拠を積まなければ。46問目「下流がイランとイラクの国境になっている/→シャトルアラブ川」を正解。第3回K-1のスタッフ会議で覚えたのが懐かしい。ここで予算2のままではあるが、証拠を選ぶことに。この時点で三浦さん・トリビア男・僕が証拠2で並ぶ。

 終盤に入り、周囲も焦るせいか誤答が増えてくる。自分も前フリで押して「長谷川一夫」と言おうとして下の名前が出てこず(それで行ったのが長谷川良平。元広島の投手だ……)、しかも正解が「ラフカディオ・ハーン」と全く違う方向だったり。

 でこのまま日数終了。この時点でトリビア男5、こっさん3の二人は安全圏。証拠2のうち、既に解答権のない三浦さん・僕に対し、TSUBAME さんは日数を3日残している。ヤマハンは1だが日数が70日以上。いわば「2ポイント以上の人が正解しなければようやくサドンデス」に持ち込める状況。絶 体絶命。
 ……ところがここで神風が吹く。なんとヤマハンが2に追いついただけでタイムアップ。特に野球問題が出たときには完全に終わったものだと覚悟したが、ともかくこれでサドンデス。

 しかしサドンデスの問題が難しい。突っ込んでいったTSUBAMEさん、ヤマハンが相次いで誤答。後藤さんとのタイマンになる。
 「アド街ック天国のコレクションで、1回の放送で/」
 え、それどんなコーナーだっけ……最近見てないもんなあ。後藤さんが自信持って「30人!」あ、女性のやつか。美人の問題で負けるのは嫌だなあ……。

 誤答のブザー。
 「倍です!60人!」
 ってことは……最後の最後は完全に敵失に助けられての決勝進出。プレッシャーを与えた、というのもあるけれど、運が良かったのが最大の要因。
 クイズ的にはトリビア男、こっさんに全く及んでないが、ともかく決勝進出は決勝進出。

 しかしこのルールは面白いね。三浦さんのように先に証拠を積むのも戦略だし、トリビア男のように予算重視でせめていく、という手もある。今回は 問題が「やや難し目+ときどきベタが入る」形だったけど、これがもう少し変わってくるとまた戦略も変わってくるだろうし(ベタの割合が多かったら予算重視 で攻めのクイズをしよう、など)。

【参戦・イベント】ロブスター何デカ(1) ペーパー~準決勝A

 正式版のルールは公式サイトに……アップしてほしいなあ。
 面白いルールが多かったので(特に準決勝B)。

 流れは実況スレ(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1867226669&owner_id=1306140)に書いたので、自分周りのことをもう少し掘り下げる形で。
 自分がいい成績のときは特に長文になるのが人間の悲しいサガでして……。

【ペーパー】

 やや難し目のなかにぽこっと易し目の問題が入る傾向。こういうのは割と好き。
 1位はとれなかったが、28点くらいで6位。シード入り。
 1位ははんちょさん。関東復帰のノダシューが2位と知識派ぶりを見せつける。
 正解できてうれしかったのは、「インド人完全無視カレー」「イケてるしヤバい男 長島からのお知らせ」などの会社。

 「インド人のアドバイスを無視してつくった「インド人完全無視カレー」 ……演出もさることながら普通に美味しそう。ただ1食約1000円ってのがなあ。http://calamel.jp/curry
 ……というツイートを昨年6月にしてたんですが、さすがに社名まではよく覚えてない。ハンバーグが真ん中で、前後が同じ単語……なんだっけ……でいろいろ書いた中、半ば自棄で書いた「バーグハンバーグバーグ」のおさまりがよかったのでそのまま出すことに。そしたら正解。
 http://bhb.co.jp/

 悔しいのがエクストリーム・アイロニングの入門書の名前『そこにシワがあるから』。聞いたことあったんだけどなあ。。。

【コースA 捜査四課・囮捜査(坂本) 氷鬼】

 激戦区覚悟でシンプルな早押しのコースを選ぶいつものパターン。
 案の定、Cateauさんや西瀧さん、Uchidaさんやヤマハンがいる展開。

 ルールは基本5○3×の早押しだが、誤答とすると「同じポイントの人が正解するまで休み」。
 つまりリーチで誤答したら誰かが勝ち抜けるまで抜けられないし、単独最下位で誤答したら永久休みとなってしまう。
 見た目よりも誤答がはるかに厳しい(特に後半)形式。
 あと、1抜けすれば準決勝だが、2-4抜けだと厳しいタイムレース。ここは1抜けしたいところだが、メンバーがかなり厳しい……あわよくば、くらいか。

 1問目「いちばん星」を正解。主催大会の名前を軽快に叫び快調な滑り出し。「街亭の戦い云々=馬謖」と得意分野も正解。調子がいい。
 一方でUchidaさんが快調に飛ばす。優勝候補の西瀧さん、Cateauさん誤答しやや苦しい展開。

 途中間が空いたが、「日本では株式会社SCRAPが展開するオフラインイベントでも知られる、謎を解きながら/」「脱出ゲーム?」を正解。ここ最近マイミクさんが何人か行ってるもんなあ。
 続く「ねじ穴が潰れてしまった回せなくなる/」「バカになる」を連答しリーチ。しかし「罵詈雑言を用いて」って後限定は凄いなあ。
 海遊館も美ら海も行ったのに「ジンベエザメ」を押し負けたりもしながらも、続く21問目。

 「映画『おおかみおとこの雨と雪』で、雨と雪を育てる母親/~」
 押した後に「あれ、フルネームなんだっけ?」と思い返す。が、雑誌の記事でもクイズでも見たことがない。とりあえず言っとけ。「花!」正解で1抜け。
 調べたら苗字がそもそもなかった。よかった。

 2抜けは「ひみつ道具」などの柔らかい問題を正解、最後は「ピストン輸送」で決めたヤマハン、3抜けは誤答からしぶとく立て直したCateauさん。
 そして4人リーチの中、最後は判定でUchidaさん。ふーみんも惜しかった。「ダルビッシュもやってる→モンハン持ち」はよくひねり出した、という感じだったなあ。

【準決勝A 出世レース】

 16問の難問奇問ボード。12人→3人が決勝進出で、残る9人で準決勝Bを行う。
 正解したときのポイントは(10+(6÷正解者数))。

 比較的易し目な「スカパラ」「やくみつる」は正解できるものの、何人かが正解した「円周率」「(海外の救急車のambulanceが鏡文字の理由)車のドアミラーに映るから」あたりを思いつかず、ボーダーまで2問近くの差。

 そして最大の反省点がこれ。
 「銀シャリは米ですが、シャリキンはどんな何?」
 間違いなく聞いたことある単語だぞ。えっと、シャリシャリに冷やしたなんかの飲み物で、キン……あれ、キンで始まるのでいいんだっけ、それとも金とかだっけ。ビール方面にしか頭が行かない。
 答えは「シャリシャリに冷やした焼酎」。さらに言えば「キンミヤ」。……どこで聞いたかをようやく思い出す。「ホッピーか!!!」

 野毛にホッピー仙人という名店があって、ちょうど先週行ったところ。
 「仙人が50個限定のキンミヤ時計を披露。「凄え!」「マジ凄くないスか」反応するギャラリー。いい雰囲気だなあ。ダメな意味で。」
 ……って10日前に書いてるのに。書いてるのにい。(08月27日)

 これは今週中に再度仙人の下に赴き謝罪せざるを得ない。と思ったら、シャリキンは出さないポリシー、なんですって>仙人 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000448/dtlrvwlst/2759525/
 ともあれホッピーの概念が覆るくらい非常に美味しいので、一度少人数で行かれることをお勧めします。「黒ホッピー+コーヒーリキュール」「白ホッピー+ラム」あたりもおススメ。

 最後の「いとこ素数」はカン正解(どこかの問題集で見たのが頭に残ってたのかも)するが、結局上位3人には入れず。あと16点とってれば……ということは「キンミヤ焼酎」が出てれば滑り込んでたのか。これはクイズプレーヤーとしても酒飲みとしても実に悔しいところ。

 ここで勝ったのはピウP、Cateauさん……ここまでは予想通りだが、最後の問題で滑り込みで3位に入ったのはがいるくん。早立ちや新人王とか見てても独自の知識を持ってるなあ、とは思っていたけど、これは凄い!

 つづく。

【スタッフ・イベント】早押し機のトラブルについて

【課題】

 「ボタンチェックをしたにも関わらず、その後にボタンが利かない」。

 という事例が、土日両日ともありました。
 いや、それだけではなく、他の大会でも最近見かける気がします。

 以前よりボタンのトラブルはありましたが、「ボタンチェック」をラウンドごとにやることでトラブルを回避してきました(なので、今回のスタッフがどうこう、というつもりはありません)。
 ところが、「ボタンチェックのときは大丈夫でも、そのあとが×」つまり「点いたり点かなかったり」という状態では、「ボタンチェックを必ずする」というオペレーションだけでは解決にならない。
 早押し機側に何か理由があるのでしょうか?

【要因】

 僕はガチ文系なので技術系のことは疎いのですが、素人考えではこんなところが要因なのかな、と。

1.経年老化?
2.間にジャックが加われば加わるほどトラブルが増える?
3.フットボタンは押すのにコツがいる?→スカることがあり得る

 1については、事前チェックである程度チェックはできそう。
 2については、最近「片付けが便利」ということで、「ボタンからコードを取り外せる早押し機」が主流になりつつあるんだけど、実はそれがネック になってるのかもね、という感(今回は、デカランプからフットボタンをさらに繋げていた=ジャックが1つ加わってた)。実際オーディオコードの延長使うと ときどき誤作動起こすんですよね(同じ高畠さん製でも、対応してるマシンとしてないマシンがあるのかもしれない)。
 3については、どうしてもフットボタンを使わないといけない形式(団体戦)以外は避ける、とかかなあ。

【対策】

・コードやジャックを丈夫なものにする(太いもの?)

・これは完全に思い付きなんですが、「ボタンが大丈夫なことを、別の形で可視化する」ことはできるのでしょうか?
 パイロットランプとかで。
 通電している状態をパイロットランプ表示するのはできそうだけど、ボタンが生きてる、ってことを表示するのは難しいのかもなあ。
 ここらへん、技術的に可能なのでしょうか?

 ある程度コストが高くても、「信頼度をとにかく増した早押し機」というのがあったら需要があると思います。
 もちろん大会主催者として「ある程度のマシントラブルはやむを得ない」というのを織り込む、というのも一つの手ではあるのですが。。。

【参戦・イベント】第5回東日本早押王(3) スタッフ篇

 *小山くんの音響の話を追加(8/28)。

【スタッフ業務】

 とにもかくにも、大会長はじめスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!
 参加者300人、スタッフ150人規模で、かつスタッフの大半が兼任……というのを運営するのは本当に大変だったと思います。

 当方は撮影担当でした。abcにせよそうなのですが、明らかに楽をさせていただいているポジションで毎度申し訳ない次第です。
 三脚とカメラを接続する部品を忘れたり、説明不足だったり、そもそも体調不良で遅刻したりで、もう一人の撮影担当であるヒロセくんにはいろいろとお手間をかけさせたかと思います。反省。。。
 今回はほとんど移動がないので、前回に輪をかけて楽でした。あとは階段教室だったので撮影もやりやすかった(前回は平たい部屋でしかもぎゅうぎゅうだったので、観客やスタッフの頭で参加者の顔が見えなかった)。
 ハードディスク内蔵のビデオカメラはいろいろと便利なんですが、データのやりとりがテープに比べるとひと手間、ですね。ともかく飲み会の最中にシモシモくんにはお渡ししました。DVD化が楽しみ。

【他のスタッフ】

 なるべく直接言うようにしたんですが、今日直接接した5年目以下スタッフ各位については、本当に不満もなかったです(細かいツッコミどころはゼロではないにせよ)。努力と誠意がうかがえたなあ、というのを痛感。安心してクイズができたなあ、というのは正直なところ。

 部屋別スタッフ、がいるくん・ゆきむらくん・ゆいにゃんいずれも聞き取りやすかった。
 司会や得点係も危なげのない仕事ぶりだったように思います。

 あと、リハのときから思ってたけど、朧くんの司会は実によかった。声質としゃべり方にもよるんだけど、すごく「祭り」「非日常」感がする。聞いててワクワクする感じ。どこでその差が出るんだろう、とさっきからずっと考えてる。

【老害トーク】

 「いやEQIDENのときからずっと思ってたけど、君あれだよね、”クイズ研の例会にたまたま遊びにきた柔道部の人”だよね」
 「(横にいたジョージ)すいません、彼は剣道部だったんですよ」
 「*おおっと*」
 *ゆきむらくんについてです。

【音響】

 本人の承諾を得ましたので。
 今回の東日本早押王の音響担当の小山くんがfacebookにコラム・セットリストをアップしました。この気合いと熱意、そして丁寧な仕事ぶりは凄い!ぜひ一読を!! 
 http://www.facebook.com/hiroshi.koyama.524
 (8/28の記事です)

【表彰式】

 昨日の早押王の表彰式、王の隣にクイズ神がいるのを見て「王権神授説だ!」と野次ってたんですが、よくよく考えるとクイズ作家とプロデューサーさんも脇に控えてたわけで、結局のところ王権はどこから来たのか考えれば考えるほど藪の中。

 しかしあの「場内一周」は斬新。
 まさか翌日、場内で逮捕されて護送されるとは……。

【次回をもしやるのであれば、真面目な感想】

 明らかにお前が最終予選部屋2位だから思いついたんだろ、というツッコミを受けそうな案。

 アタック25分の時間を短縮して、最終予選の部屋別勝ち抜けを2人にしたらどうかな、と。
 8分のタイムレース×前後半で、前半でまず1人が勝ち抜け。後半でもう1人勝ち抜け。点数を持ち越すか否か、×をどうするかは要検討。「点数は持ち越さないけど、×は持ち越す。誤答は5×で解答権剥奪&-1」だと戦略性が出てきそう。
 準決勝組は「前半の勝者」をまず抜けさせて、あとは「後半の勝者」「それ以外で合計点の勝者」という形でもいいかも。4勝ボーナスは10だと多いし5だと物足りない、ということで7pくらいか。

 プレイオフの前にワイルドカード決定戦。
 まず2抜けの8人→3人の2○2×。一人ずつの呼び出しはせず、まとめて檀上に入る。
 つづいて1抜けの8人が入って、11人→5人の2○2×。ここは従来通り一人ずつ呼び出し。
 あとは今までのプレイオフ通り。下位からMax8席のビッグウェーブ。

 メリットとしては、
・より多くの人に檀上に上るチャンスが広がる、かつ問題数や時間はそれほどプラスにならない。
・特に0勝の人にとって25分ずっと押せないのは辛いのでは→一番強い1人は前半でいなくなる
・「納得いく時間・問題数」をかけながら、かつ「あわよくば」感をもう少し強められる(個人的には25分が16分になってもあまり不満はない)。
・上位陣にしても、「1人抜け」と「2人抜け」では組み分けの運の要素が変わってくる。

 アンケートでも送ろうと思ってます。今年は期限内に出す!
 そもそも開催がどうなるかわからない中ではあるのですが、もし次回があるのなら参考にしていただければ幸い。

2012年8月27日 (月)

【参戦・イベント】第5回東日本早押王(2) 不適切な発言についてのお詫び篇

 大会終了後深夜の発言について、不適切な部分がありました。
 Aの方々に対しても、A以外の方々に対しても、皆様にお詫びします。申し訳ありませんでした。

【お詫び】

1.Aの方々に対して

 A自体に対する批判は行っていないとはいえ、一連の流れ、行き過ぎた対抗意識については当然不快に感じられたと思います。心よりお詫びします。

 「クイズをやってるときは殺し合うぐらいの気合いで挑んでも、終わったら笑って酒(orソフトドリンク)を酌み交わす」関係が理想であり、全く 余計な言葉で遺恨を残すのは完全に自分の修養不足です。邪念なく真剣勝負をするからこそ、逆に信頼関係がなければならず、負けた悔しさの余りそれを損なう 発言を繰り返したことは事実であり、お詫びします。

2.A以外の方々の、クイズに対するスタンスについて

 全ての人がプレーヤーとして頑張れ、短文クイズを頑張れ、とは思っていません。
 また、プレーヤーとして頑張るにせよ、「納得いく正解をしたい」とか「誰に勝つとかじゃなくて自分に勝ちたい」という考え方もあるわけで、「○○に負けるな」というのが絶対ではないのも確かです。

 しかし、今回のツイート群については、「短文クイズを頑張って、Aに負けるな」というスタンスを押し付けるものになっておりました。この点についてもお詫びします。

3.「国辱」という表現

 「いや、問題傾向とかもともとのメンバーとかは別として、今日はA以外のクイズサークルの人からすれば「国辱記念日」くらいの屈辱と感じていい んじゃないか?これ以上一つのサークルが上位を占めてる状況を許していいの?俺は許さないね。悔しいね。吐きそうなくらい悔しいね。」
 というツイートを行いました。

 「国辱」という表現に対し、大の大人が、仮に冗談だとしても、軽々しく使う表現ではありませんでした。常識を逸していました。若手などに対する波及を考えても、使うべき表現ではありませんでした。

【補足1】

 僕に対するコメントではないのですが、おーみかくん(@rick18go)のツイートの一つについては、明らかに自分に足りない部分を思い知らされた感があります。

「高クイの事前番組を見た。東京決勝で伊沢が敗退後に青木チームを「完璧」と讃えていたのが良かった。最近はどうも負けた人も勝った人ですら「悪 いクイズだった」「運が良かったと」と自分を卑下する人が多い気がする。負けた直後でもさっと相手を讃えるコメントを残せるのは流石ですね。 」

 今回の自分は、自分自身に対する悔しさに捉われるあまり、勝ったAのメンバーを讃えることもせず(直接対戦したバーンくらいか)、一方で負けた 他サークルの人達を(クイズ姿を直接見てもないのに)「関東は「A」だけで回ってるわけでもなんでもないのに、結果的にそうとしか見えない風になってるの が悔しい」「猛省すべきだと思う」と批判したのは、明らかに視野が狭かった、自分の悔しさを反映しすぎたと反省しています。
 オタクキャップさんやKingTowerさん、適当さんといったベテラン勢はもちろん、よしだカバンくんも強かったのになあ(2対戦して両方とも負けてる)。あと印象的だったのは村さんと海野くん。

【補足2】

 あと、誤解がないように書いておきます。
 今回の「早押王」の問題は適切、公正だったと僕は思っています。この点について問題スタッフを批判する気は全くありません。

 一部のサークルが上位の高い確率を占める……となったとき、どうしても「そのサークルに有利な傾向だったのではないか」といううがった見方が出てきがちです。
 しかし、少なくとも自分が対戦した限りでは、特定の人に有利な傾向とは感じ取れませんでした。プレーヤー側にしても、「明らかにポイントを無視したような押し」「最近はこれが流行りだからこっちが正解」というような押しや作問はなかったように思います。
 単純にAのメンバーが強かった、それに比べて、自分を含めた他のサークルのメンバーが力を発揮できなかった、というのが厳粛な事実です。

 自分のつぶやきでも、問題スタッフに対しての批判めいた文言はなかったとは思いますが、そう受け取る方もいるかもしれないと思い、念のため補足致しました。

【参戦・イベント】第5回東日本早押王(1) プレーヤー篇

 不適切な発言についてのお詫び、スタッフの皆様への感謝他の雑感は項を分けて書きます。
 ちなみに基本ハンドルネーム(本名が残ってたらすまん)。ただしサタニくんは「本人なのか愛玩対象なのか紛らわしい」ということでカタカナ表記にしました、と思ったらハンドル変わってるし!

【第1セット(0勝部屋)】 7○1× 2抜け

○アララト山
○セリヌン
○キャスティングヴォート
○梅
×加山雄三(→ピーターと誤答)
○柄本明
○魚拓
○松下浩二

 いきなりCateauさんと当たる。ただ、逆に考えれば次で当たるよりは遥かにマシ。
 Cateauさんは案の定序盤から爆走し一抜け。こちらはなかなかエンジンが入らなかったが、着々と正解を積み2抜け。
 しかし加山雄三の誤答はヘボすぎる。

【第2セット(1勝部屋)】 4○3× 敗退

×遠藤幸雄(→小野喬と誤答)
○木村
○3.1
×サンレーブス(→キャトルレーヴと誤答)
○アサヒ飲料
○群馬県
×ミャンマー(→チベットと誤答)

 3人抜けと厳しい状況。相手もKingTowerさん、サタニくん、適当さん、point-getterくんなど強豪が増えてくる。
 なかなかボタンが点かない中、ギャンブル的に押した「小野喬」が誤答。
 女優問題の木村、昔ベタの規定打席の3.1をとるが、時事的なサンレーブスは知らず、悔し紛れに発した「キャトルレーヴ」(宝塚のグッズショップ)はもちろんのこと誤答。夢が一つ足りない。って組増えたのにこの名前なのはいいのかな。
 「水沢うどん→群馬県」を適当さんの隣でドヤ顔で答えるも、「ボンベイサファイア→ジン」を適当さんに逆に奪われ、しかも2人とも負けるという体たらく……。

【第3セット(1勝部屋)】 5○0× 判定3位

○八王子
○床
○津和野
○キッザニア
○オーファンドラッグ

 ゆいにゃん&さきいか部屋。それに対応したのかバーンや神様が参加者に。
 第1セット目のCateauさん同様、バーンが圧倒的な強さで1抜け。こちらはなかなかエンジンがかからない。ギリギリまでボーダーー1pの状況。
 ここで「豊洲と西宮→キッザニア」を正解。でもまだボーダーに乗ったところ。もう1つ欲しい。そして続く「英語で”みなしご”/~」「オーファンドラッグ!」でなんとか3位に滑り込む。

【第4セット(2勝部屋)】 1○3× 敗退

×相模(→伊勢大輔と誤答)
×T(→southと誤答)
○ドヴォルザーク
×ノイジーマジョリティ(→アクティビストと誤答)

 メンバーがエグい。オタクキャップさん、KingTowerさん、適当さん、クイズ神あたりがいた記憶。
 とにかく全く点かない。百人一首問題を「伊勢大輔(61番)」とカン勝負に行くも誤答。正解は「相模(65番)」……って近いな!
 あとは全く対応できず。完封を防ぐので精一杯。
 ここで善戦できなかったのが、最終予選のvsバーンを招く結果に。

【最終予選】 29p(2位)

 昨年はここでなんとか勝ち残った。しかし今回は相手がバーン、point-getterくん、サタニくんと厳しいメンバー。
 しかしここで折れちゃいけない。相手がバーンでもギリギリまで食らいつく。
 さすがにメモしてる余裕はない。集中力を高めて挑む。(問題集出たら書き足します)

<第1セット>

 予想通りバーンとサタニくんが走る。村さんも調子がいい。
 ただ、同じ朝日新聞読者のよしくんに「安野モヨコ」を押し勝ったのは大きい。これでちょっと調子に乗る。
 それ以上に乗れたのは「コーヒーを発見したエチオピアの羊飼い/~」「カルディ!」まさか5年前にFで出した問題がここで出るとはなあ。

 とりあえずサタニくんについで2位くらいだっけ。

<第2セット>

 サタニくん・バーンに追いつく。そして追い越す……が、なかなか差をつけられない。つけて1問差くらい。
 第3セットのことを考えると安定リードは2p差。にも関わらず差がつけられず、追いつかれ逆にリードされる。しんどい。

 終了時点でバーンとは2p差。1問差なのでこれは全くわからない。

<第3セット>

 「フォークランド諸島」を正解しバーンと並ぶ。しかしバーンも取り返す。最大1問差の間でのシーソーゲームが続く。

 同点で迎えた場面。おそらくタイムアップ寸前。
 「女優・川口春菜の出身地である、」
 長崎か、五島列島か。五島まで読まれたらカンで「福江島」と答えよう・・・・・・。
 ・・・・・・バーンが押した。答えるな。「福江島」と答えてくれるな。
 「福江島!」鳴り響く正解音。

 これで1問差。終わるな。ここで終わってくれるな。
 最後映画問題。わからないが押す。押した瞬間タイムアップ。 
 バーン31p、橙29p。最後の最後で1問届かなかった。2勝2敗という点では前回と同じだが、前回は部屋代表(プレイオフで1トビ)だったので、前回よりも1段階成績を落とした形になる。

 この傾向でバーン相手に1問差……というのは、ここ最近の彼我の実績・実力を考えれば「善戦」と評されるかもしれない。そして、ここ数年でも自分の中でのベストバウト、と言えるだけの勝負だったと思う。その点は対戦相手にも感謝。
 でも、負けは負け。悔しい。
 今年はTPP、勝抜王、それに早押王と、バーンには3敗だなあ。。。

 ただ、今回は仮にプレイオフ行っても土台勝てる勝負ではなかった(バーンはよく粘った!)。
 また、そもそもこの大会で優勝を狙うのであれば、3勝して準決勝に行くのがほぼマスト。プレイオフで16人抜けするのは現実的ではないわけで。

 にしても、前回檀上に立ったからか、飲み会で「あれ、今日いたんですか」と何人かに言われたのは泣き笑い。。。

【反省点】

・「多数の」「強豪との」勝負に対応できていない。
 指勝負にせよ知識勝負にせよ、「差別化できる」知識を持っていない。なので多人数押しになるととたんに厳しくなる。過去を振り返ってみても、 ABCのコース別とか勝抜杯のように人数が少なくなると強みが出せても、多人数だといまいち(昔「40人早押し」をベタでやったときは1問も点かなかっ た)。

・その背景には何があるのか。
 もともと「問題集を読む」タイプではないし、今回は時事チェックもほとんど行わなかった(じゃあ何やってたかというと旅とゲームなんだけど)。
 他を圧倒するような、「知識に基づいたスピード、スピードを兼ね備えた知識」が、短文基本系のクイズについては僕は持っていない。そこをどう補強するか、が今後のカギ。

 短文基本系ばかりがクイズではないけれど、短文基本系がクイズの一つの主流であることは間違いないだろう。多くの人が楽しみやすいし、テレビなどで取り上げられるのもこの傾向なのだから。
 また、もし次回また「早押王」「新人王」があるとしたら、おそらく問題傾向としてはそんなに大きく変わらないだろう。クロス開催をやる以上問題 のレベルは上げられないし、これまで5回やってるわけで傾向をがらっと変えるのもしにくいだろう(とかいってGENくんみたいな知識派の傾向になると僕は 嬉しいけれど)。

 僕にとって不得手な傾向ではあるし、普段メインで楽しんでいるのは違う傾向。そして、この傾向をメインで日々自分以上に努力している人達がいる。
 だけども、それは言い訳にはならない。「今の自分の長所で勝負する」ことをどうしても考えてしまうけど、「大会に合わせて、短所を長所に作り直す」努力もしなければな、と思います。

・とかいって「プレーヤーとしての自分」は優先順位としては下なのではあるのですが。でもこれも負ける言い訳にはならんな。

・……とほぼ同じ内容のことを前回も書いてて、進歩の無さと飽きっぽさにがっかし。

・あとクイズ中のメモは(ことこの大会については)止めよう。
 問題のインターバルがある大会であればいいんだけど、続きを読まないこの大会では無理。集中力も途切れるし。

・しかしスロースターターにも程がある。
 一方で焦って×から入って自縄自縛、というのが今回の負けパターンだったので、「安定して先行するためにも、知識+スピードの基礎能力を高める」ことが不可欠。

2012年8月15日 (水)

【近況v】ここ最近のmixiボイス(8/6-10)

「mixi 友人の最新日記」欄が見やすすぎる。今となっては皮肉なことに。 http://mixi.jp/new_friend_diary.pl(08月07日)

あくまで好みなんだけど、クイズの基本は「知識勝負」「確定ポイントでの勝負」だと僕は思っている(とはいえ暴発→粘り腰のスタイルなので説得力 ゼロ)。最近「確定ポイントよりも前、の押し」を「ナナマルサンバツ」が賞賛してるように見えて、腑に落ちない気分。繰り返すがあくまで好みの問題。 (08月08日)

僕は「早く押す」よりも、「確定ポイントよりちょっと前でわかって、確定度合が高くなるまで待って答える」のが大好きなんだけど、昨今の短文基本系ではもはやそんな押しはできないのかもしれないね。(08月08日)

ううむ、やっぱり「たっちー」という(やや気の抜けた)愛称がよくないのかなあ<初戦敗退 ちなみに長澤パパが元監督だったことで有名。今は系列の浜松大学監督だって。前任は桑原隆、その前任は長谷川健太。(08月08日)
 *常葉橘の話です。

ここのところ「早立ち」でtwitter検索を日々しているわけですが、「千早立ち食い蕎麦食べてるw 」というPの方のツイート、どういう状況なのか大変気になる感。ちなみに普通に用語として使っているのは登山関係(一部旅行関係)の方みたい。(08月08日)

八戸駅のNEWDAYSで源たれ(青森県民のソウルたれ)が310円で売ってたので購入。確かに美味いなこれ!何ででも合うなこれ!……と思っていたら近所の西友で298円で売っており、今日も自棄酒(山形・白露垂珠)が進む一晩です。(08月09日)

ヤングエース連載の「フクダーダ」にも驚きだが、フォトカノのコミカライズ(今日本屋で見かけた)の「柚木N'」にも驚きだ。。。まあその手の雑誌→一般誌、というのはよくある流れとはいえ。(08月09日)

とある方のご好意により、水泳の鈴木聡美選手を間近に見る機会に恵まれました(肖像権の都合で写真は撮れなかった)。確かにかわいい!っていうか ジャージ着てなかったら競泳選手には見えないですね。で、内面は長宗我部元親(BASARAの)萌え、とは……。(08月09日)

【迂闊】マウスが日本酒漬けに(でも問題なく使える。さすが俺のマウス)。酒蒸しにしたら風味よさそう。最近酒量が増えてるのはややヤバいかなあ。(08月09日)

さっき実況が「あきらめないことです。信じ通すことです。」と言ってて「大事なことを教えてくれる実況だなあ」と思ったのですが、この1点目のゴールの執念は凄いな。まさにその言葉通り。(08月10日)

【近況v】ここ最近のmixiボイス(8/1-5)

シンサクール蒲田、8月例会は上田流の翌日・12日(日)です。北海道からのゲストや、クイズを通した社会論で話題のアノ人も参加予定!2.0年目に入ったシンサを見逃すな!http://www18.atwiki.jp/newquiz2011/(08月01日)
 *うおう2.0年目という表現に突っ込みが来なかった……。

【本気か冗談かわからないけど切なくなるような問題】 元イトマンスイミングスクールコーチの矢野俊克さんは、寺川綾・入江陵介両選手に背泳ぎを勧めましたが、その理由はこの2人のどんな身体的特徴が優れていたから?(出典:朝日新聞)(08月01日)
 *「顔」ですってよ。まあ関西のおっちゃんっぽい冗談半分だとは思いますが。

DOUBLE KONAMI CUP、Semi-finalの「Silent Hill」。タイトル(およびその由来)を考慮するに、いっそこっさんと樹の問題だけでやったらどうなのだろうか、と。いや、そこだけでもいっそ Silent Hillで開催すればいいのに!(08月01日)

立石選手銅おめでとう!北島は前半飛ばし過ぎだったのかなあ。塾生・塾員のメダリストは久々ではなかろうか、と思ったら野球関係をすっかり忘れてた。熊谷一弥・大江季雄・小野喬もそうだったんですね。(08月02日)

ヴァンゲリスとニャンギラスってどことなく似てるよね、と思うのは眠いからでしょうか。5時まで1時間寝ます。(08月02日)

昨日の死球騒動ではじめて広島の會澤(あいざわ)選手の名前を知る。会沢っていったら正志斎だよなあ、と思ってたら會澤選手も茨城県(日立市。高校は水戸短大付)出身だった。あっちに多い名字なのかな。(08月03日)

他のコメントのところにも書いたけど、「フジカキペア」のように「名前をつなげる」呼び名の最古のパターンは何かを考えてる。思いついたのは織豊時代。その前だと源平藤橘(ただ原しか略されてない)。他に古いの何かあるかなあ。(08月03日)
 *補足:日本以外をOKにすれば、黄老思想あたりが一番古そう。

早立ちのレビューのアップを始めました。8月末には完成させる予定です。って一体何人の方に読んでいただけるんだろう、という長さになりそう……A4一枚くらいの省略版も作る予定です。http://www48.atwiki.jp/hayatachi/pages/28.html(08月05日)


【ブレインワールドカップ関連】

福助人形はさすがに一択かなあ(08月04日)

ハイリゲンシュタットの遺書death(08月04日)

まあでも国名が書いてあるのは親切に過ぎる感。ワンクッション置きたい。まあでも首都でも瞬殺なのは変わらないか。。。(08月04日)

ここ数年の「国旗マスト高校生クイズ」経験者3人を擁する東大に国旗問題を出すのはなあ、とちょっと邪推してみたりする。そしてジャンピング貼りwww(08月04日)

【当然の推測】 放送されてないけど、当然日高は「ジャンピング赤丸つけ」やったんだよな?(08月04日)
*残念ながら(段があったので)してないそうです。

2012年8月 5日 (日)

【早立ち】レビューアップしました!

 34名の方からアンケートをいただきました。
 また、懇親会やtwitterなどでいろいろとご意見いただきました。
 ありがとうございます!

 自分の感想なども含めながらレビューしていきたいのですが、かなりの超長文になりそうです。
 A4一枚でまとめられるような要約版も最終的には作ろうと思っています。 

 章立てについては下記の予定。8月中には完成させます。

【Ⅰ.総論】
  1.新しい傾向の「実験」として
  2.参加者に楽しんでいただく「イベント」として

【Ⅱ.「早立ち」というスタイルについて】
  1.形式
  2.運営

【Ⅲ.「早立ち01 Stand-Art''」というイベントについて】
  1.完成度とスタッフ構成
  2.音響、表示など

【Ⅳ.評価】
  1.サークル・イベントでの活用
  2.アンケートの自由意見から 

【Ⅴ.今後の展開】
  1.早立ちオンリーのイベント
  2.通常イベントでの早立ち活用

 なお、アンケートの一部については引用して話を進めていきます。
 僕への個人的なメッセージなど「おそらく公開を前提とせずに書いた」と思われるご意見についてはアップしないようにしますが、もし不都合がありましたらご指摘ください。

-------------------

【Ⅰ.総論】

 今回掲げていたのは、「新しい傾向の実験」と「参加者に楽しんでいただく」という二点。
 この目的は達成できたのか?

<1.新しい傾向の「実験」として>

 新しい傾向の「実験」については成功。

(1) 具現化
 「早立ち」という、「主催者の頭の中にしかなかったもの」を具現化することができた。

(2) 反応、振り返り
 それに対し、アンケートや飲み会などでさまざまな反応を頂くことができた。動画アップ、レビューなど「振り返り」についても早期に着手できた。

(3) 早立ちの可能性
 準備過程および当日の反応から、早立ちの可能性、早立ちが活用できる局面が(主催者の中でも)広がっていったのが非常に大きい。

・当初案=「短文基本問題以外を楽しむための、早押しボードを改良した企画」
 「通常の早ボは12人くらいしか楽しめない」
→「交代でステージ上で12人が押して、それ以外は観客席でボード解答」(花男杯でやったように)
→「100人早押し機を開発した新規イベント」
→「早立ちだったら、100人早押し機を使わずとも、全員で幅広い知識とスピードを競える」
 という流れ。
 対象としては、実力者層中心に、短文基本問題以外に興味を持った中堅層をイメージしていた。

・大会前=「イベントでの全員参加ラウンド・敗者復活での活用」「バラエティ問題での活用」
 「多人数が同時にクイズできる」というメリットに基づいたもの。「イベントに参加した!」という参加意識の向上という点で大きなプラスになり得る。特に通常のイベントで参加意識を感じにくい(出てはみたけど何もできずにあっさり負けてしまう)中堅層以下にとって。
 背景になっているのは、中堅層以下にとって、
 「何年やっても上位層に追いつけない」
→「勝ち進められないから、イベントに行ってもちょっとしかクイズができない」
→「面白くない」
→「イベントから足が遠のく」
→「初級者~中堅層(クイズ歴3-7年目くらい)がなかなか定着しない、特にイベントに来ない」
 ……のではないかという問題意識(あくまで仮説ですが)。
 また、バラエティ問題(今回Extraでやったもの)についても早立ちが使えるのでは、と思ったのもこの頃。

・大会後1=「さまざまな実力層の人が、それぞれの実力に応じて同時に楽しめる」
 この点については自分の想像以上のメリットだった。
 「複数人が回答できる」という早立ちの特徴をプラスと捉えた方が、特に中堅層以下からのアンケートで多かった。これは自分自身予想以上の成果(とともに、「100人早押し」は結局少数人しか回答できず、この点で限界があることもわかった)。

・大会後2=「イベント開催の省力化」
 事前、「時間のわりに出せる問題数が少ない」ことはデメリットとしてかなり悲観的に捉えていた。しかし、逆に考えると「少ない問題数=労力でイベントが準備でき、かつ競技性も保てる」ことは大きなメリット、ということも事後にわかった。

☆この事後のメリット2つについては、特に地方について非常に効果が大きい。
 地方はプレーヤー間の実力格差が激しい。全国レベルのプレーヤーから、クイズを初めて間もない人までが同一サークルにいる、ということが有り得 る(関東・関西であればサークルや年代によってある程度は分化可能)。また、一方でクイズイベントはほとんどない。やろうとしても担い手の量・質ともに不 足し、労力を集めるのが困難。
 そういった地方にとって、この「早立ち」を導入するメリットは大きい。

<2. 参加者に楽しんでいただく「イベント」として>

 雰囲気・アンケートから伺うと、おおむね「楽しんでいただいた」と思われるが、課題も多く残した。

 特に、準備が不十分であったこと、構成やルール設定に詰めの甘さが見られたことに対し不満の声も挙がった。それを予期した人が参加を控えた可能性も高い。
 また、比較的好意的な評価を頂いた方についても、「リハ的要素が強かった」「オープン大会としては厳しいが、オープン例会ならばちょうどいい湯加減だった」という、いわば「条件付きの」評価も多かった。
 今後「早立ち」普及のためには、より精度を高めることが必要。

 *このつづきは公式サイトにアップしました!
 

2012年8月 4日 (土)

【感想・旅行】青森(7) 陸奥湊朝市・蕪島・種差海岸 (8/4 6-10時)

さてと5:25になるので出発。早立ちにもほどがある。このテンションを仕事に生かせないものだろうか。

八戸線で陸奥湊へ。
朝市を覗いたあとに「みなと食堂」へ。
http://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000865/

1306140_1725456035_24large

ひらめ漬け丼・せんべい汁セット。朝から豪勢。隣の地元民が食べてたラーメンも美味しそうだった。

1306140_1725456956_47large

さらにいちご煮も。隣の地元民とオリンピックの話。さらにはクイズの話まで。

1306140_1725461763_57large

地元民のお父様の車で蕪島まで送って頂く。有難い。そして蕪島入口。糞で汚れた石柱、糞よけの傘、「注意!うみねこバクダン」のポスター。まぎれもない、ここは戦場だ。

1306140_1725466467_176large

こんなホワイトコーティングは嫌だ

1306140_1725475039_100large

ここでの主はヒトではなくウミネコ、の感。「わが領域を侵すことなかれ」的佇まい。

1306140_1725477699_155large


島の外周。糞糞累々。

1306140_1725484134_50large

物は言い様。

1306140_1725485809_72large


岩場。白い点々に見えるのが、まさにウミネコ。

1306140_1725517925_119large_2

蕪島等間隔の法則

*この写真だとわかりにくいですが、飾りとかじゃなくてリアルにウミネコです。

1306140_1725520897_91large

悪趣味ながら恒例・絵馬拝見。「ウミネコの繁殖地だから」安産関係が多いと思いきや、そんなに多くなかった。てか何やってるんスか先輩。
*他はさすがに一般の方なので他の方のは写真アップしなかったけど、印象深かったのは……
・「魂の融合が完了し、コンタクトが取れる様になりました。感謝します」(前に来た人も印象的だったのか、一番目立つところに飾られてた。っていうかお願いしてないなこれ)
・「パパが正社員になりますように」(重い……被災地だしなあ……)
・「○○コーチと両思いになれますように(はぁと)。元気だった頃の私に戻りたい……」(前半と後半のコントラストが凄い)
・生徒会6人くらいできて、それぞれの志望校と名前が書いてある絵馬(これはほっこり来た)

1306140_1725529411_189large

さらに種差海岸に連れてきていただいた。草原+海とは珍しい。
*「三陸復興国立公園」(仮)という案が出てきているそうです。

八戸駅のお土産屋に寄った後に地元民さん親子と別れる。土曜朝6時から有難い次第。にしても博識な方だった。クイズ学生ベスト4になれるくらいに。僅かながら恩返し。「仙台フェニックスオープンは10/6-7です!http://sendaiphoenixop.blog.fc2.com/
*というわけで予想してた方がいるとは思いますが、地元民=YONEYくんでした(前日夜に連絡もらいました)。感謝!

静岡に到着。旅はいいものだけど、帰るところがあってこその旅だなあ、としみじみ。あと眠い。そして暑い。(08月04日)

 10時に八戸を出て、13時半に東京、そして15時に静岡着。
 2泊3日の旅が終わりました。

 ここ最近の旅行の中でもかなり充実。まあ海産物と日本酒好きにとってはそう感じるわな。
 いずれ立佞武多も行きたいところ。まだ行ったことない函館とセットかな。 

【感想・旅行】青森(6) 八戸「浜小家」 (8/3 22-24時)

 八戸に戻って、狙っていた店で一人酒。というか一人海鮮。
 タイムライン汚しすみません。もはや飯テロ。

 ちなみに今日行ったのは「浜小家」。
 http://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000670/
 会計は7300円だったけど、こんだけ食って地酒3合飲んだこと考えたらむしろ安い。いや味と比べるとかなり安いて。

1306140_1725085190_53large


八戸に戻って(宿が青森でとれなかった)一人酒中。三陸産ナマコ刺身。酢の物はメジャーでも刺身は珍しい。歯応えが違う!

1306140_1725095118_87large


腑が旨すぎる。俺の五臓六腑に染み渡る。

1306140_1725100527_201large


ましてそのイカを塩辛、それもワタとスミの二種だと!酒が進みすぎるわ!

1306140_1725111081_171large


聞いたことないものは食べよう、ということでガヤの煮付け。エゾメバルですって。旨い!
 *ガヤガヤ獲れるから「ガヤ」らしいけど、だったら分けてほしいわい。その代わり地場でしか出回らないっぽい。

1306140_1725123336_182large


どんこのたたき。旨いとしか言えねえ……。

1306140_1725144383_186large


十和田牛バラ焼。いや旨いんだけど、「ここでしか食えない感」は海産物に劣るか。家でできそう。いや旨いのですが。

1306140_1725157578_175large


そしてシメは当然これなのだ!愛川欽也のダシもしみじみ旨い。もといキンキン。
*せんべい汁食べたのはB-1以来か……。

1306140_1725191102_23large


多角的経営は大いに結構ですが、ここまでストレートなのは如何なものか。いっそ歯石クリーニング割引とかつければいいのに。なお部屋は普通でした。

【青森らしいことをやってみる】 さてと寝よう、と思いコンタクトを外した後にやるべきことがあったことを思い出す。メガネを忘れてきた+裸眼0.06なので、結果ディスプレイに目をすりつけんばかりの体勢に。棟方リスペクト。

【感想・旅行】青森(5) 青森ねぶた (8/3 19-22時)

 青森駅に到着。
 ねぶたはすでに始まっている時間だが、その前に夕食。

1306140_1724848033_14large


まあそりゃ来るよね。

1306140_1724888041_215large


「味の札幌 分店」の味噌カレー牛乳ラーメン。思ったより普通にそこそこおいしい。わざわざ電車では行かないけど、近くにあったら行きたいレベル。まあバターと味噌ラーメンはもともと馴染み深いしな。
http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000118/

 ちょっと遅刻したが、事前に抑えている桟敷まで移動。
 ……遠い……20分くらい歩いた。
 そして移動途中にも問題なく見える、というのもややがっくし。

 酒は後でいいかな、と思っていたが「田酒」が売っており思わず購入。
 そんなこんなで桟敷席に。遠いせいもあってガラガラでした。 
 隣で5歳くらいの子供が踊っており、微笑ましい一方でぶつからないか不安。。。

1306140_1724889706_10large


生「らっせーらー」だ!

1306140_1724897936_78large


仕事が早い!
*見にくいですが青森山田のねぶた。「フジカキ」のメダル確定したの、前の日の夜だったんだけどなあ。

1306140_1724903131_78large


まあ俺にとっては「メーラン親父」なのだが
*これも青森山田。
 ここ10年は埼玉の国際学院高校の監督ですって。

1306140_1724932646_217large


わかりにくいけど液晶画面つき(色も変わる)ねぶたを横から見たところ。

 統制がとれてたのは青森山田と自衛隊。この手の祭りってもともと町内会の人とかが多く参加する上、ねぶたは観光客も体験で加わるので、どうしてもテンションの差は目立つ。

 桟敷席を40分前に出て、ねぶたを見ながら移動。ってそれでも駅についたのが5分前。よっぽどいい席をとらないと予約する意味なさそう。。。

 青森市内では宿がとれず、八戸まで戻る。
 結果的にはこれが大ヒット、だったわけで……。

【感想・旅行】青森(4) 青森→八戸三社大祭 (8/3 12-19時)

【青森市内】

 三内丸山遺跡は時間の都合でパス。
 新青森駅からそんなに離れていないので、また来たときに。

1306140_1724506001_81large


昼食は「おさない」でホタテフライ。追加のけの汁とカスベ煮付けも美味。
http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000071/

1306140_1724526912_6large


わだば/っきーげんごろうまるなどの選手が活躍したりしなかったりした球団はどこ?
*バースの存在をすっかり忘れてた……。
*他に「わだば」で始まる問題を募集中。

1306140_1724550717_28large


新青森駅「黒石や」で黒石焼きそば。まずくはないが、つゆよりもソースの味が強いので、結局「やや味の薄い焼きそば」という感。冬に食べたら違うのかも。
http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2006091/

【八戸三社大祭】

1306140_1724687495_70large


八戸三社大祭。こっちは横にデカくて迫力。
*このときは「縦に展開する」ってのを知らなかったのです。。。

1306140_1724691037_210large


これが

1306140_1724692808_245large


こうなる。ちょうど電線の近くにいたせいで収納・展開が見られた。ラッキー!
*後で気付いたけど、実はラッキーじゃなかった。目の前を移動しながら展開するので、「展開後」が後姿しか見えないことに数分後気付く。
*結局、収納・展開が一番見られるところは事前予約席。今回見た祭の中で、事前予約席を一番とるべきだったのはこの八戸。

 この手の祭りは撤収時期が込むので、早めに席を立ち、移動しながら見ることに。
 本八戸→八戸→新青森→青森、と細切れに乗り継いで、いよいよ青森ねぶた祭りへ!

2012年8月 3日 (金)

【感想・旅行】青森(3) 五所川原 (8/3 6-12時)

今日はこれから斜陽館に行くので、ちょっと朝早いですが6時20分頃に出発。
なお、普通「早立ち」というとこっちの意味。

【五所川原駅で30分くらい待ち】

1306140_1724357066_129large


これは確かに圧巻、だな…。いずれまた来たいところ。なぜか横浜からバス一本で来れるし。

1306140_1724358747_156large


五所川原まで来ても、所詮は奴の掌の上、かッ…。なお次回主催は僕以外になる予定。
*こういうクイズ大会を静岡でやってまして。名前の元ネタはローカルCM。
 http://www43.atwiki.jp/don-dawn/

今五所川原駅の待合室で40分津軽線待ち。アバンティのマスターの如く周囲の話に耳を傾けながら、早立ちアンケート整理中。高校生の話の内容はま だわかるが(越谷オサムの『いとみち』もこんな感じかなあ)、オバちゃんの話は全く理解できない。旅情。 ☆方言を馬鹿にしているわけではないので念の為
*クイズ界での「アパンティ」の知名度はいまいち(ラジオ文化がないからか)だけど、たまに聞くとクイズに使えそうなネタがちらほら。
 http://www.avanti-web.com/

【津軽鉄道・行き】

1306140_1724367952_117large


その筋では有名なんだろうなあ。でもどの筋?
*鉄道むすめでカルトクイズをやるKQK、って……。

1306140_1724370293_102large


アップルの産地だがオレンジ色。あと「メロスのように」で検索したら作詞・秋元康だった。
*「メロスのように」は「レイズナー」の主題歌。AIRMAIL from NAGASAKIってバンド名以上に、このバンドのボーカルが後にRABBITを結成(「Thank you my Girl」)、そしてその20年近く後にわいせつ行為で2回逮捕されGood-gy my Girl、ってのは調べて今知った。

1306140_1724370831_78large


おおっ硬券。そして風鈴列車。

1306140_1724378459_157large


津軽鉄道社内の貸本スペース。太宰で唯一あるのが『津軽』。というかディック・フランシスの方が多い。漢字二文字だけどさ。
*騎手としての才能はピカイチだがメンタルが弱く酒と覚せい剤びたりの主人公が……みたいな話か。

【斜陽館・太宰治疎開の家】

1306140_1724403740_106large


【ぼくたちの失敗】「斜陽館を見ながらスウプを飲んで「あ」と言おうと思ったら」 スウプどこにも売ってない……。
*「一さじ」のためにスプウン持ってくつもりはなかったので、缶スウプでよかったんだけど。さすがに夏は無理だったか。。。
 http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1565_8559.html

1306140_1724405390_15large


斜陽館では二重回し(マント)を着ることができる。が、短パンにマントは明らかに変質者。24時間クイズでも似たようなことあったなあ。
 *「クイズマスターJ」としてコートの下からウルトラ早押し機(千手観音)を取り出したときですね、ってその場にいなかった人には何の注釈にもなってねえよ。

1306140_1724407857_171large


アスさんに勧めていただいた太宰治疎開の家。確かにガイドさんが丁寧でよかった。ちょうど同席した東京からの若い女性が「ダザイ」さん。血縁関係はないらしい(ペンネームだし)。売店には又吉直樹の写真。早立ちの例題……。

疎開の家でのガイドさんの説明「この頃の作品に『富嶽百景』がありまして」に思わず反応。「お読みになりました?」「……ちょっとだけ」 書き出しだけ知ってるクイズ屋の宿業。帰ったらちゃんと読もう。
 *http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/270_14914.html

ともあれ太宰を一通り読んでからまた来ると捉え方が変わりそう。あと、タイミングとしては最近の『花もて語れ』が太宰の『黄金風景』だったのでちょうど良かった感。
 *http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2257_15061.html

【津軽鉄道・帰り】

1306140_1724418581_33large


こんなコラボやってるとは……。

1306140_1724420177_93large


「いま奥津軽が熱い!」ええそうでしょうとも!

【立佞武多の館】

1306140_1724444724_159large


お……おっきすぎてはいらないよう(画面に)

1306140_1724447167_110large


巨大立佞武多の周りを四階からグルグル回って見られる。見る位置によってはFF7のジェノバ戦っぽい。

 この後バスでねぶたの街・青森市へ。

【感想・旅行】青森(2) 弘前観光&ねぷた (8/2 16-23時)

【弘前観光】

 といっても2時間くらい。
 しかも半分くらいの時間を「クイズ神の聖地」探しで使ってやんの。

1306140_1723719955_123large


義塾仲間。
*受験の問題集とかで見かけると気になってた存在。ジョン・イングさんはここの先生だったのか。

1306140_1723722448_50large


旧図書館。隣の郷土文学館は時間がなく行けず。無念。
*石坂洋次郎や寺山修司の展示とかかなり気になったところ。次こそは。

1306140_1723731663_42large


旧図書館の初代館長。じろうさん?じろうさんですよね!

1306140_1723747664_153large


15年前、既に「クイズ神」がこの地から日本を制覇したことは忘れてはなるまい。
 *そして15年後の現在、職業答手団の担い手に……。
 *弘南鉄道乗ればよかったなあ。中央弘前駅の歴史ある佇まいは良かった。

【ねぷた】

 観覧席がとれなかったので不安でしたが、一人だったら1時間前からの場所とりで普通に座れました。ちょっと窮屈でしたが。
 家族で来るとなると観覧席とらないとしんどいかもしれない。

1306140_1723840583_76large


始まった!生「やーやーどー」だ!
 *正確には「やーーーーーーーやーーどーーーーー」くらい。

1306140_1723845921_103large


子供版。これはこれでかわいい。

1306140_1723865671_152large


でかい!

1306140_1723870809_139large


弘前は綺麗な人が多い感。祭り補正を差し引いても。
 *平均値が高いうえ、何十人かに一人くらいのペースで凄く綺麗な人がいる。これは光と影のマジックなんだろうか。

1306140_1724337428_121large


うまく撮れなかったが見送り絵。祝融や孫尚香の名前がちらほら。
 *表の「鏡絵」には三国志や水滸伝など。津軽為信はそんなに多くない。ぱっと見でどの場面かはわからないが、説明を見ると「夏侯惇 高順軍に攻め入る」「武松、孟州を騒がす」など通好みのチョイス。。。
 *裏の「見送り絵」には女性が描かれる。となると、どうしても上記のような面々になるわな。しかし一丈青はいいとして孫二娘は渋い(まあ孟州云々なんだろうけど)。

【夕食】

 いがめんちを屋台で食べた後、駅近くの「津軽居酒屋わいわい」へ。
 http://tabelog.com/aomori/A0202/A020201/2000652/

1306140_1723948491_64large


いがめんちが想像以上のヒット!

1306140_1724338971_2large


晩御飯。これで「けの汁」が答えられる!「じゃっぱ汁」は残念ながら冬季限定。
ちなみに一緒に「田酒」と「豊盃」飲んでました。日本酒と合うねえ。
 *「ミズ」という山菜は初めて食べた。
 *セットで2000円。初めて来る観光客、それも一人で来る人間にとってはこの手のセットは有難い。
 *リンゴのチーズ焼きは意外とアリな味。
 *駅前立地なんだけど意外とすいてた。地元の人は家で飲むのかな。

【感想・旅行】青森(1) 五能線 (8/2 6-16時)

 2泊3日で青森旅行中(といっても最終日はその足で静岡に帰るので、ほとんど東北観光できないのですが)。
 大学生の頃に仙台七夕、3年前に秋田竿灯は見たので、三大祭の残り一つ、と。
 五所川原の立佞武多も見たい(four-letter-codeの苦い思い出が……)のですが、そこまでいくと3泊4日コースとなりしんどい。行くとしたら函館とセットかなあ、と。
 なお、残念ながら小田川温泉ホテル(羽柴誠三秀吉氏が経営している、ある意味独立国家。気になる人はググって)は現在営業してない模様。。。

 8月2日(木)・3日(金)と夏休みをとって、2日の5時半過ぎに出発。
 前日オリンピックを見てたため眠れず……。

【「こまち」で秋田へ】

盛岡まで来ました。途中下車してじゃじゃ麺食いたい。チータン飲みたい(交通事故とは関係ありません)。でもフリーきっぷはエリア(今回は青森・秋田)以外途中下車できないのが難……。
 *いまいち反応なかったですが(平日の朝だし)、「交通事故云々」は「チコタン」です。

【「リゾートしらかみ」で弘前へ】

1306140_1723476574_28large


秋田駅にてリゾートしらかみに乗車。でも列車の写真より日本酒を優先する性。

1306140_1723480155_192large


五能線を舞台にした映画。市井紗耶香がシングルマザー役か…。そして「馬蘇」という名前に目を奪われたり。

1306140_1723509241_199large


ブナで思い出したが、うな加藤は今どうしてるんだろうか。
 *ウィキったら「2008年~BOOMERの伊勢浩二と「イセ&ウナ」と言うコンビを組みM-1グランプリに出場。」……知らなかった……。
 *リゾートしらかみは、今回乗った「ブナ」以外にも「青池」「くまげら」編成があります。

1306140_1723518048_154large


運動音痴な当方ですが珍しくシュートが一発で決まったのだよ!
 *誰からもツッコミが入りませんでしたが、「のだよ」は『黒子のバスケ』の緑間(どこからでもシュートを決められるメガネ君)のパクリなのだよ。

1306140_1723546106_115large


酔って昼寝して目が覚めたら日本海だったのだよ!

【痛恨】聖地・陸奥沢辺駅の写真撮り損ねた。女心は損ねないよう心がけたい。
 *まあ通過駅だったので、当方のテク&携帯ではうまく撮れなかったとは思う。
 *沢辺駅があった「くりはら田園鉄道」は、残念ながら2007年廃線に。

1306140_1723600798_61large


イカ&千畳敷。15分停車で、発車3分前に汽笛を鳴らしてくれる。「ポイント2倍」が頭をちらつくロートル。
 *そういえば当方は9歳児の父親。立派な「イカおやじ」に。
 *本場・鰺ヶ沢で途中下車する時間があればよかったんだけどなあ。駅前まで焼きイカを売りに来てくれるとかなり売れそう。
 *あと、せっかく東海岸と西海岸を横断するんだから、両方の海の味を味わっておくべきだったかなあ。「どっちがしょっぱい?」 ←相変わらず若手置いてきぼり

1306140_1723623573_186large


津軽じょんがら節演奏中。後ろが展望デッキってのはいいなあ。
 *『ましろのおと』面白いですよね。

2012年8月 1日 (水)

【感想(食)】参宮橋グルメ

参宮橋で昼食を……と思い見つけた店。塩キャラメルパンケーキが美味しそうだが、店員さんが「許してにゃん」とか言いそうなのが気になる。なんせ名前が「cafeももちどり」。 http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13039457/(07月29日)

参宮橋で昼食を……と思い見つけた店。全般的に美味しそうだが、店員さんが胡散臭く駄目だししてきそうなのが気になる(クイズ界内輪)。またはランチなのに日本酒とか。なんせ名前が「キノシタ」。http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13001058/(07月29日)
  *店員(青森出身)がいきなり「だからお前はダメなんだよ」とか言いそう
 *店員(新潟出身)がお冷やの代わりに冷やを注いできそう

参宮橋で昼食を……と思い見つけた店。スペイン料理の店なのだが、ネットで検索するとそこかしこに出てくる「寺門ジモン」の名前。ランチはやってないらしいが日を改めて一度行ってみたいところ。http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13001848/(07月29日)

参(中略)。とはいえそんなに時間に余裕はないので、試してみたいのがこのブーランジェリー。ここで買っていって持ちこみ、というのが現実的かな。http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13021196/(07月29日)
 *結局ここにした。実家→静岡駅のバスが遅れなければキノシタだったのだが。

というわけで今日は早押王/新人王リハです(当方は13時入り)。お会いする方よろしくお願いします。あとこの素晴らしい会場を使うきっかけは確 か東大OBの斉藤ノブくんだったはず(バンオブのとき)。彼の紹介はその後の関東クイズ界にとって絶大なプラスになったのは間違いない。改めて感謝。 (07月29日)

 ……というわけでおなじみ参宮橋のオリンピックセンター近隣のグルメメモ。
 パンケーキは最近原宿近辺がアツいらしいですね。
 いや鶴太郎のおでん的な意味ではなくて。

 とりあえずスペイン料理は誰かいかんか。

【近況v】ここ最近のmixiボイス(7/26-31)

【誰の小説のこと?】 「"根が○○にできている~"という表現が何回も出てくるのは、ぼくのような神経質な男にとっては、少し慊い感じがするね」……まあ面白いのですが。答えが気になる方は早立ちの動画を。http://www.youtube.com/watch?v=cS_rF1g8O84(07月26日)

『日本2.0 思想地図βvol.3』購入。徳久倫康氏の「国民クイズ2.0」についての意見は(クイズ史的部分で長くなりそうなので)さておくとして、桜庭一樹論「死 なない身体の殺しかた」と、そのプロフィール写真はどこで撮ったのかが大変気になります。(07月26日)
 *あと重い(物理的に)。アツい(物理的に)。

1306140_1716736289_48large



さらば名店(07月27日)

Kinoshita,YOshiya,NAgai,Mizuno,Ikeda各氏による「KYONAMI Cup」というのを思いついた。KQKの黄金世代の一つ・93年組(第2回K-1のスタッフ世代。ペーパーグランプリもここから)。(07月27日)

そんなこんなで、twitterのプロフィール画像を「ニューキャッスル」に一時的に変更。ちなみに今までのは「タージマハル」でした。カレーtoカレー。(07月27日)

最近「リアル脱出ゲーム」界隈のネタが人気なようだが、暑さのせいか「参加者3億!精管からのリアル脱出ゲーム!」とか思いついた。 #すべてを暑さのせいにしてはいけない(07月27日)

【『日本2.0 思想地図βvol.3』から作った問題】 なんでもありそうな秋葉原電気街……にも関わらず、基本的に風俗店はありません。「地価」や「他地区の競合」な ども考えられますが、最大の理由と思われるのは、「何」があるから? 【がよりにもよってコレ】(07月28日)
 *正解は「小学校」でした。「半径200mには云々」ってやつです。

「え、ガチで?」←近年の小説の中では「出す意義がある」書き出しだと思うんだけど、出題されたの聞いたことない。花男杯で出したときも「は?」という雰囲気だったし。何が言いたいかって?明日の関東大会に大後寿々花が来るってのが羨ましいなあ、的な。(07月28日)

一方で、当方は辻村深月の大ファンですが、だからといって直木賞受賞作『鍵のない夢を見る』の書き出しは出せないし、無理矢理にでも出すべきではないと思います。それはなぜ?(07月28日)
 *「短編集だから」というのが僕の用意していた答えです(しかも、作品間のリンクがほとんどない)。「仁志野町の泥棒」の書き出しであっても、それを『鍵のない夢を見る』の書き出しと言ってしまうのは違和感がある感。

あとイマイチ反応なくて実に慊いのですが、昨日の「慊い」つぶやきの答えは「西村賢太」でした。「クイズ番組に出て高学歴の連中と比べられた。芸人くずれの連中に鼻で笑われるとは。実に慊い」とか数年後小説で出てきそうな気がする。(07月28日)

この土日を無理矢理まとめてみた。中日本早押王/新人王を静岡に誘致した際は、プレイオフのタイトルは「スターマインクイズ」でどうだろうか。3人以上殺すと「だあい、すたぁぁぁ、まああいいいんんん」になるの。←多分3人くらいにしか通じない(07月30日)
 *というわけで、土曜日は安倍川花火、日曜日は早押王リハでした。

twitter上で同様意見を多数見かけるがそれでも書く。谷本歩実は解説内容もしゃべり方も声質も好感持てるなあ。あと聞いてて飽きないのは語彙力か。(07月31日)

さてと寝よう。あと2日間ガッツリ働いて、ガッツリ旅に出ます。(07月31日)

松本薫がざっそうに似てる、とのツイートが駆け巡っているが、笑うとO島に似てる気もする。(07月31日)

早立ちのデータを一通り入力したのですが、「1日通して1点もとれなかった」人がいなかった点についてはよかったなあ、と。100人になったらまた話は別 だと思うんですが。想像以上に「幅広い層の人が同時にクイズを楽しむ」メリットはあったかな、と感じています。あ、アンケート今晩までです。(07月31 日)

丁寧=(丁奉+甘寧)/2、と書こうと思ったらとっくに同じことを考えてる人がいて酒が進む(07月31日)

【日程確定】「5・15オープン」「早立ち01 Stand-Art''」 関西再放送

 下記にて確定しましたのでご報告。
 「関西再放送プロジェクト」、実に4年ぶりの復活となります。

○日時

 9/30(日)に開催します。
 スケジュールとしては、こんな流れで考えてます。(変更の可能性あり)

 10時半-11時   「5・15オープン」再放送~筆記クイズ~
 11時-12時半   「早立ち」再放送(第一部)
 12時半-17時   「5・15オープン」再放送~本戦~
 17時-18時半  「早立ち」再放送(第二部)
 19時-21時    懇親会

 近日中に確定の上、サイト作成、エントリー開始します。 

○会場

 東淀川区民会館(淡路)を確保しました。
 ありがとう『西洋紀聞』、じゃなくて志田っち!

○企画

 「5・15オープン」
 問題=そのまま出題します(一部時事的要素など問題があったら差し替えます)。
 企画=ほとんど変更しませんが、敗者復活等の部分はスリム化します。

 「早立ち」
 通常ラウンドの問題=当日出題「しなかった」ものを用意します。そのため、関東での「早立ち」に参加いただいた方も参加可能です。
 エクストラセットの問題=こちらは、関東と同じものを出題します。
 形式=大幅にシンプルにする予定です。1形式のみ実施の予定。

 ここらへんはスタッフの方と協議の上で。

○「関西再放送」とは何?

 関西以外で開催されたイベントを、問題・形式を一部修正し、関西で再び実施します。

 実施の目的は、以下の3点です。
 (1) 関西の方々に、「クイズを楽しんでいただく機会」を増やす。
 (2) 関西の方々に、「これまであまり関西では行われてこなかった、問題傾向・形式のクイズ」を幅広く提供する。
 (3) 関西の方々間の交流に寄与する。

 クイズポータルにまだ文章残ってたよ。

○前日

 9/29(土)にフリバ会(楽寿会)ができないか、現在zukaに相談中です。
 どうあれ飲み会はあると思われます。少なくとも僕は飲みます。

○ご協力要請

≪スタッフ周り≫

・515のスタッフ(司会は僕がやるので、「PC操作」で1名、「問題読み」で1名はお願いします。こちらは515の参加者が望ましいです)
・早立ちのスタッフ(専任スタッフになりますが、音響操作系をどなたかにお願いできれば。ただ最悪1人で回します)
・飲み会幹事(淡路駅近くで会場取りをお願いします。こちらは関西の方に。となると和民とかか)

≪機材周り≫
・早押し機提供(ボードとペンは用意します)
・プロジェクター提供(会場にあった気がします。PCは持参します)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter