« 【近況v】ここ最近のmixiボイス(5/1-10) | トップページ | 【参戦・イベント】第12回勝抜杯(その5・準決勝) »

2012年5月16日 (水)

【参戦・イベント】第12回勝抜杯(その4・3R)

 ちょっと間空いてしまいましたが、5・15オープンまでには書き終える所存。

【3回戦・1対1対決クイズ】

 2抜けなので指名を受ける側。
 誰に指名されても厳しい展開。特に嫌なのが、こちらの誤答癖を知ってる人が「1×失格」で指名してくること。

 一番ヒヤヒヤしたのが加藤さんのターン。
 「ABCのリベンジで」と言われかねない、という意味で。
 「あの後タイムレースでリベンジしたじゃないですか!」というやりとりを想定までしてました。
 しかしトシノリさん強かった……。

 横田さん、モリリューと残ったところで、望月くんが僕を指名。
 バーン世代(abcにギリギリ間に合った代)。基礎問題から難問まで幅広く抑えたオールラウンダー、という印象。渋めの知識も知ってそう、という点で昨年の上野さんと被る。あまり誤答の印象もない。1×選ばれると嫌だな。
 ……と思ったら「サイドアウト」を選んでくれた。うっし。
 
 1問目。
 「第1回文化勲章受章者で、大阪帝国大学の学長を務めたのは長岡半太郎ですが、東北/~」

 昨年の対策で文化勲章の第1・2回を全部覚えておいてよかった!
 「長い本気はこうさ。オフで酔った。」(長岡/本多/木村、幸田/佐佐木、岡田 /藤島、横山/竹内)
 ……という自分発案の語呂合わせはすっかり忘れてましたが、「カテゴリーに分けると3222」「科学分野で3人」ってのは覚えてました。

 東北っぽい人名ということで「木村栄」に行きかけましたが、まてよ、本多光太郎がとってたはず……ということでギリギリでひねり出す。この1問が精神的余裕として大きかった。

 2問目。
 「世界の国名を中国語表記したとき、アメリカは美国ですが、フラ/ンス~」
 
 ベタまではいかないにしても割と聞く問題。
 フランス以外知らん。フランス来い。フランス来た。
 「法国」正解で2ポイント。だいぶ楽になる。
 
 1つとられた後、望月くんが環境問題を「チームマイナス6%」と誤答。自分もそれかなあ、と思ってたらかなり易いところに落ち着いた。「クールビズ」正解。これでリーチ。
 昨年もここまでは来た。あと一つだ。一気に決めよう。

 「競走馬で、○○○、アパパネ/~」
 押してはみたものの答えなんだろ。由来かな、ということで「ハワイ」と解答するも誤答。
 続きは「父馬」。あー待てばよかったなあ。ここは「キングカメハメハ」正解で2-3。
 ハワイ問題はやはり苦手。実体験の無さが露呈される。やはり「ワイオラ教会&パシフィコで海を見ながらパーティ」すべきなのかw(残念ながら画像は削除されてた)。
 
 「2000年代に入ってから、夏の高校野球で二度優勝した高校は、駒大苫小牧とどこ?」。
 かなりのドヤで「大阪桐蔭」と答えるも誤答(08夏と12春)。サイドアウトの望月くんの解答は「中京大中京」。ああなるほどなあ、優勝してそうだなあ、並ばれたか。。。と思ったら誤答(09夏。堂林ですな)。
 正解は「日大三」。ドラファン的には都築の出身校。まあ普通に考えればオリの近藤か。

 なかなか決めきれない。こういう展開でデュースに持ち込まれると昨年同様の逆転負けになりそうだ。自分向きの問題来い。来い。

 「作家ミヒャエル・エンデの出身地で/」

 最後の最後で御馳走がきやがった。

 「ベタでもなんでもないことをベタ呼ばわりする」「なんとなく長い言葉を覚える」というのは若気の至りでよくやってて、JOKERさんや僕がいた頃の発足まもない塾高クイズ研で流行ってたのは、コルチナダンペッツォとともにココだった。
 当時「ジェミニ」という、「多答クイズで、答えが自分以外もう一人だけ=全体で二人だけ書いてたらポイント」というのをよくやってた。xyzに おける「協調性多答」な。そのとき、「ヨーロッパの都市5つ」とかでやると必ずココに5票くらい入ってて点数にならなかった(一方ロンドンとかパリは0 票、というのもよくある話)。
 そういえばアタックのフィルムクイズで、パネルを抜いてくときにここの都市名が出ただけでミヒャエル・エンデってわかったときがあったなあ。。。

 と、過去経てきたクイズを振り返って、万感の思いで叫ぶ。
 「ガルミッシュパルテンキルヘン!!」

 決まった。いよいよ準決勝だ。
 


 こう振り返ってみると、序盤にとんとんとリードを奪えたのが心理的余裕という意味で大きかった。逆にふれても全くおかしくなかった。
 1問目「本多光太郎」をとれたのも、1年前にガチガチやった対策のおかげ。対策というのはすぐに身になるものではなくて、こういう形で時間を置 いて発揮されることもあるんだなあ、としみじみ思った。「10年以上残る骨太の知識」という対策コンセプトは間違ってなかった。細部はすぐ消えてしまうの で都度都度の補強が必要だけど、ベースを覚えておけば短期間で取り戻せる。

 一方で、最後の最後に決められたのは、過去腐るほど自作してきた地力のおかげ。
 そう考えると、「自作派」であるここ20年の自分と、「珍しく対策した」昨年の自分がうまくあいまった結果の勝利かな、と。

« 【近況v】ここ最近のmixiボイス(5/1-10) | トップページ | 【参戦・イベント】第12回勝抜杯(その5・準決勝) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/54721633

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦・イベント】第12回勝抜杯(その4・3R):

« 【近況v】ここ最近のmixiボイス(5/1-10) | トップページ | 【参戦・イベント】第12回勝抜杯(その5・準決勝) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter