« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

【近況v】ここ最近のmixiボイス(2/11-20)

【静岡勢へ】¿don-dawn?/いちばん星は3/4(日)長田で開催。SDQC例会はその前日です。日程調整いただければ。ただし1か月きっての告知なので、欠席者が多いようであれば延期するかもしれません。(02月12日)

2/27(日)に拙宅でフリバやるとしたら興味ある方います?GTO後でクイズ熱(それも前フリ系)が再燃しつつあります。まあフリバやらないとしたらdon-dawnの準備だな。(02月14日)

ここ数日、ビーチボーイズの「Wouldn't It Be Nice(素敵じゃないか)」がヘビーローテーション。あの本読んだらそうなる。そうなるに決まってる。(02月16日)

バッグのブランドには全然詳しくないんだけど、kiefer neuはかっちょいいなあ。3年前に買ったのが痛んできたので買い換えるか。http://item.rakuten.co.jp/maruya-selection/c/0000000104/(02月16日)
 *結局妻からの誕生日プレゼントはこれにしました。

先週の群馬の実況を見返してたのですが、「ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ」を「ハァハァハァ」と空目(ググったら類似意見多数)。すがすがしい朝ですね!(02月17日)

1ヶ月近く前の話になりますが「理系の人々」。http://bit.ly/wcsrWm  ・「クイズ甲子園」「ロボコン」「鳥人間」3つとも見事に大好き ・で何故ちくわぶ? ・で何故ウィングノーツ? ・昨年8月は「熱すぎるパイロットごっこ」が自分の中で大流行してたなあ。「動けー!」(02月17日)

【趣味問】 越谷オサムの小説『空色メモリ』には、『虐殺がはじまるとき』という架空の小説が登場します。「読んでるこちらがイラッとする」「精 神が凝る」と散々ディスられているこの小説のモデルは、なんというか、明らかに何?……どんな小説かは次のつぶやきで。(02月17日)

(続き)こんなの→「門の番人に王宮に入場するのを断られしぶしぶ入場をあきらめたタナカは、地団駄を踏みながら何度も何度も胸の底でイラッとす るタナカの元に、まさにいきなりという感じで王様が姿を現れたのだ。」 なお「作者は二十歳そこそこの人で、『中高生に大人気』」らしい。(02月17 日)

【誰かが言い出す前に先に言おう】 来週は横須賀でTPPというクイズ大会が開催されます。スタッフ&参加者の皆様、カバンに荷物はまとめましたか?水差しは入れましたか??(02月17日)

こんな司会は辛辣すぎて心が折れる:「なぜあそこで赤紙を使わない。使えないのか。使いたくないのか。使う度胸も無いのか」(02月17日)

昨日のサタニ君のキャッチフレーズ「Waseda Saturn」を考案したのは当方です。「悪魔のような強さ」という意味を込めてみたが、今思うとやや反省。いや悪魔呼ばわりが……ということではなく て、頭に「脳天直撃」ってつけりゃよかったなあ、と(元ネタが古すぎるわ)。(02月19日)

あと、キャッチフレーズをつけるにあたり、ある車の名前の由来が「冷静」と「情熱」を意味する英単語の合成語であることを知りました。でも案外問題になってないよね。(02月19日)

それと、いくら佐藤(潮)くんのキャッチフレーズが思いつかなかったとはいえ、「奥州、佐藤筆頭」は酷過ぎる(っていうか佐藤姓の方の多くは東北というか仙台なので、いまいち使いにくい)。これは没になるわな。(02月19日)

【近況v】ここ最近のmixiボイス(2/1-10)

あまりの寒さに「獺祭 純米大吟醸50」を衝動買い。寒さを酒で紛らわすいつもの手。ちなみに由来の一つは、旭酒造の所在地が岩国市の「獺越」だったこと だそうですよ。残りは参考資料を広げる例の「獺祭」と、獺祭書屋主人こと正岡子規のように日本酒に革新をもたらしたい、というところから。(02月02 日)

大阪から持ってきた「板前手造りポン酢」が切れそう。関東で買えるのかなあ。(02月02日)

恵方って本来は「24方位」法で決まる(今年は壬)もので、16方位(北北西)でも32方位(北微西)でも微妙にズレるらしい。とかウィキ先生由来の安直な薀蓄。あと、恵方って4つしかないという事実を今更ながらに知った。http://bit.ly/AmAHPO (02月03日)

1月を一言で振り返ると「冬眠」。長らく風邪気味+クイズや飲み会の機会があまりなかったこともありひたすら寝てました。まあ長い睡眠のおかげで病欠が半日で済んだのかも。とりあえず病も気から、ということでさすがに通常運転に。これから静岡帰ります。(02月03日)

facebookがきっかけで交際が始まったカップルがいるとすれば、それはまさに「友だちの領域(エリア)からはみだした」ということなんだろ う。ちょうど色もそれっぽいし。♪君の(君の) 青い(青い) プロフィール(プロフィール、プロフィール、プロフィール)(02月04日)

最近、自分がつぶやかなくなった以上に、他の人のつぶやきにリアクションを返すことが少なくなりました。その少ない機会がこちら→「ラブトリビアなら持ってる」「片栗粉X」「チンする=英語でnuke、とはうまくできてる」「接して漏らさず」(02月04日)

その後:「明太子クリーム=白濁液まみれの卵巣」「(恵方巻きが売れ残ってないか、というつぶやきに対し)”俺の恵方巻き”なら売れ残ってそうですけどね」(02月04日)

この女性は誰?(出典:東京新聞)(02月04日)

1306140_1515653601_238small

*正解は「北尾まどか」です。画像が不鮮明なのでよーくみないとどうぶつしょうぎに見えない、ってのが味噌ですね。この「たべっ子どうぶつしょうぎ」ほしい……。 

静岡から帰る途中に馬車道タップルームにてビール2杯。仲間内でしゃべりながら飲むのも、オクトーバーフェストみたいに見ず知らずの人と盛り上 がって飲むのもいいですが、10度以上のビールを読書しながらちょびちょび飲むのも乙なもの。また回数券(10杯分の料金で12杯飲める)買っちまった い。(02月05日)

『即解答!ランプが光ったらどこでもクイズ』(02月07日)

『押し合って5秒で正解』(02月07日)

2012年2月23日 (木)

【近況】♪淋しい夜はごめんだ

 16年前の4月。
 当時大学2年生だった自分にとって、中井貴一も田中美佐子も、遥か年上の「大人」でした(瀬戸朝香はちょうど同学年)。
 ダブル不倫(という表現も懐かしい)を描いたドラマの内容も、全く想像できない世界でした。


 とまあ、そんなわけで(どんなわけか相変わらず若手おいてけぼり)、35歳になりましたよ、と。


 「この年になると誕生日来ても嬉しくないよねえ」という人もいると思います。
 が、震災の影響か、「無事に年齢を一つ重ねることができた」ことの有難味を今まで以上に感じています。

 いいことばかりではないとはいえ、トータルで捉えれば楽しく過ごせているのは、周囲の助力のおかげ。
 あらためていろんなことに感謝しながら、充実した一年を過ごせれば、と思います。
 今年もよろしくお願いします!


【過去問】
 ネットなどでも「印象に残る言葉」としてよく見かける、韓国の小説・映画「カシコギ」の一節。「あなたが虚しく過ごしたきょうという日は、”どんな”人にとっての”どんな”あした」?(大体あっていれば正解)

2012年2月 4日 (土)

【感想・本】1月に読んだ本

【一般】

ミッキーかしまし
贈与の経済学
史上最高のジャズ

辻村深月と西加奈子。小説は圧倒的に辻村の方が巧いと思う。けどエッセイは西『ミッキーかしまし』の方が上。あれはエッセイ一本でも金がとれる。 逆に言えば辻村『ネオカル日和』はファン向け……というかファンが読んでも正直辛い。普通すぎて。藤子F関係の盲愛を語らせれば別なんだけど。(01月 20日)

 ジャズは「名前だけ知ってる」人がどうも多いですね。
 残念ながらクイズで出るのはごくごくごくごく限られたメンバーですが、「一般社会で知ってる人がそこそこいるのに、クイズ界ではほとんど知られてない」プレーヤーはかなりいそう。掘り起こせそうなジャンルだなあ、と思ってます。
 youtubeを活用すれば演奏が手軽に聴ける、というのは実にいい時代だなあ。

【小説】

白いしるし
階段上のビッグ・ノイズ
老人賭博
いとみち   
漁港の肉子ちゃん   
こうふく あかの   
こうふく みどりの   
きりこについて
しずく

越谷オサム『階段途中のビッグ・ノイズ』が想定外の当たり。話題の『陽だまりの彼女』が借りられなかった代わりに借りたんですが、ベタながら丁寧な青春ロック小説。この非公式サントラがなんともイイ感じです。http://togetter.com/li/21485(01月19日)

「文庫本の表紙を漫画にしたところで、売れ行きが変わるとは思えない」そんなことを思っていた頃もありました。でも西島大介はズルいよなあ。越谷オサムに興味を持ったのは(書評で最近話題なのもあるけど)それだったりします。(01月19日)

 先月に引き続き西加奈子強化期間。これで8割方読んだ形かな。

 で、今月当たりだったのが越谷オサム。
 『陽だまりの彼女』の文庫本があちこちで猛プッシュされてます。朝日新聞の夕刊一面で広告出てたり、本屋でも西島大介による表紙を大々的に見かけるようになりました。そんなこんなで2冊読んでみたんですが、ともに真っ当なビルドゥングスロマンで結構な当たり。
 『陽だまりの彼女』はまだ予約待ちなので読めてないですが楽しみ。多分2月半ばかな。

【感想・漫画】12月に読んだ漫画

 例によってジャンプ・マガジン・スピリッツはエアロバイクこぎながらor風呂で読んでるので、それ以外ですよ、と。

【購入】

ちはやふる 15
ちゃんと描いてますからっ! 1-2
オフィスのざしきわらし
ハルコの晴れの日 1

 さすがに「ちゃんと描いてますからっ!」は購入。リュウコミックスが漫画喫茶にちゃんと入荷されるとは思えん。横浜のポパイはリクエスト無視するし……。

【漫画喫茶】

kiss×sis 9
ラブやん 16
主に泣いてます 5
よつばと! 11
バガタウェイ 6
青空エール 8
おおきく振りかぶって 18
弱虫ペダル 20
進撃の巨人 6
ママはテンパリスト 4(完)
龍の学校は山の上
ハヤテのごとく! 31
神のみぞ知るセカイ 15
ハチワンダイバー 23
グラゼニ 3
はなまる幼稚園 11(完)
宇宙兄弟 16
アオイホノオ 7
涼宮ハルヒの憂鬱 15
どげせん 3
テルマエ・ロマエ 4
げんしけん 二代目の弐 11
ビン~孫子異伝~ 9-10
キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 28(完)
ミスター味っ子2 12
銀の匙 1-2
おたくの娘さん 11
こえでおしごと! 7
ビッグオーダー 1
ブラック・ジャック創作秘話

 仕事・忘年会・ABCと中旬終わるまではほとんど漫画喫茶に行かなかった反動か、24日過ぎからは2日に一回ペースで行ってました。そんな生活できるのも都会での単身赴任中だけだしなあ(静岡には大きな漫画喫茶がないので……)。

 しかしリストがカオスというかミーハーというか……賞とかランキングがらみのものがいくつか入ってるのが原因ですかね。『ブラック・ジャック創 作秘話』はさすがランキング1位になるだけある内容。というかあれは手塚治虫氏のクレージーさ、という事実がフィクションを上回ってるのでしょうが。一度 は一緒に仕事したいけど、一度で勘弁してください……というタイプなのかも。

【感想・本】12月に読んだ本

【一般】

ペンギンのABC
西洋館を楽しむ 
世界遺産の建築を見よう
サービスの達人たち   
愛と哀愁の「皇室」秘史   
「日本三大」雑学236   
五体不満足   
ネオカル日和

藤森照信『フジモリ式建築学入門』。ドーリア式・コリント式とか寝殿造とか時代ごとに歴史で覚えたりはしたけど、通史で把握したりすることがなかったので新鮮。何冊か建築史の類書を追いかけてみるか。
なお、藤森照信は「老人力の人」という記憶だったのでかなり年配の人だと思ってたら、まだ64歳らしい(そもそも老人力という言葉の「提唱者側」。対象は赤瀬川原平)。そして衝撃を受けるのが、この人の同期が小田和正。え、64歳であのキラキラぶり……。(12月08日)

 ABC(12/23に開催されたクイズ大会)対策しなきゃ……というのが潜在意識であったのか、つい『ペンギンのABC』を借りました。勿論 ABCにはほとんどプラスにはならなかったのですが、こうして蓄えた知識がいつか実になるようにしたいところ。ジャンル別は作れたのでかなり満足ですが。

【仕事関係】

日経業界地図 2011年版
究極の判断力を身につけるインバスケット思考   

 インバスケット思考は元研修担当として興味あったのですが、この本はかなり拍子抜けでした。というか研修として講師からフィードバックとかがあ るならともかく、この本の事例だけだったら「忙しい人の日常」みたいな感じで、自分は仕事もクイズも日々こんな感じなんだけどなあ。。。というのが正直な 感想。

【小説】

そして誰もいなくなった   
通天閣   
きいろいゾウ   
9の扉   
炎上する君   
円卓   
花埋み   
ファミリーポートレイト   
伏 贋作・里見八犬伝

アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』。かなり古い作品であるにも関わらず、ぐぐぐぐっと引き込まれる。最後はややあっさりではあるけれど。なるほど、これがいろんなクローズドサークルもののベースになったんだなあ、と。特によぎる金田一。(12月08日)

西加奈子『通天閣』。同じ作者『さくら』も良かったが、遥かにこっちが好き。序盤~中盤のグダグダした生活は、確かに大阪ってこんな感じだよなあ、と肌感覚で痛感。街歩いている人の表情やたたずまいからして違う。(12月08日)

*西加奈子強化月間。「関西弁」「貧乏」「小学生」「動物と話せる不思議系女子」と、引き出しが少ないようでそこそこある感。エピソードの積み重ねで引き込む力は大したもんだと思いますが、ラストが全般的にやや弱いというか、広げた風呂敷がたたみきれてないというか……。
 そんな中、短編集『炎上する君』の”すこし不思議”具合はよかったです。ワンアイデアで突っ走った方が向く人なのかもしれません。

 桜庭一樹もすこぅしだけ。『伏』はなんか全般的に軽すぎてあまり合わなかったのですが、『ファミリーポートレート』は特に第二部、作中の短編小説が印象的でした。桜庭で一番面白かったのは『赤朽葉家の伝説』か『私の男』なあ。


 2011年の読書はとにかく「辻村深月を知ることができたこと」に尽きる。それくらいのドはまり具合です。

2012年2月 3日 (金)

【近況v】ここ最近のmixiボイス(1/6-31)

【没問】「本書は、これから社会に旅立つ、あるいは旅だったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、「ゲリラ戦」のすすめである。」とい う書き出しで始まる(後略)~ まだマイナーかなあ、というのが没の理由。ある意味非常に斬新な書き出し問題ではあるのだけれど。(01月06日)
 *わからなかった方は「僕は君たちに武器を配りたい」でググって。

本屋で見かけた佐野有美『あきらめないで』。表紙には(障害は)「不便だけど不幸じゃない」との言葉。僕には窺い知れないほどの大変な人生だろう し、いい言葉なんだが、少しひっかかる。乙武氏が全く同じ言い回しを10年前にしているわけで、これをコピーに使うのはちょっとアンフェアでは、と。 (01月06日)

ここ数日喉が痛く、いつ熱が出てもおかしくない状況でしたが、昨日一日休養したおかげで復調。アルコール消毒として一杯だけ飲んだ「呑足味知」 (松本酒造)が効いたか。今日の進行は滞りなくできそうです。「賢押杯」参加者&スタッフの皆様、お会いした際はよろしくお願いします!(01月08日)
 *進行はうまくいきました。が、結局風邪はここからさらに3週間続くことに。。。

blogの方に「ハンバートハンバート最新情報」のトラックバック。そうか、年末のABCで「ロリータ」問題を間違えたのを書いたからだな。ちなみに花男杯で出し損ねたけど、これって日本のバンドで、代表曲は「アセロラ体操のうた」。(01月09日)

今日は新サークルでstepsと小企画の担当。フリバしながら問題並び替え中です。 橙「唸れ、RAND()関数!クォォォォォォ!」 ham「いまの音姫な」(01月09日)

【事務連絡】 今日携帯を家に忘れました(薄すぎるのも考え物だ)。PCは持ってきていて随時接続してるので、何かあったらmixiかtwitterの方に連絡ください。(01月09日)

「断捨離」が登録商標ということを初めて知る。別に仏典とかにある単語というわけではないらしい。バナー広告はめったにクリックしないが、たまには得るものもあるな。当方は転勤族なので、必然的に断捨離になってる感。(01月10日)

とりあえずカ行の音が入っている単語であれば、クイズサークルの名前の候補になり得る。そして名居酒屋があるところであれば、クイズサークルの本拠地として相応しい。というわけで亀戸を本拠地としたサークル「IQUOI(いこい)」はどうかと思うのだが。(01月10日)

9日ぶりのつぶやき。風邪引いた、と言えなくもないくらいの微妙な体調不良が続いてたり、土日はどっぷりゼノブレイドにはまってたり、相変わらずの現実逃避のフリーセル中毒だったり。そろそろ通常運転に。(01月19日)
 *が、通常運転に戻るまでにさらに2週間。。。

次回の魯鈍どうします?1/29、某予選にみんなが行くわけではないと思うし、行くにしても一日ではないと思うので、もしよければやりたいところですが……。 (01月20日)
 *投げっぱなしでレスなくてすみません。結局1/29はできなかったので、3-4月どこかでやりたいところ。

おおっ、めざましテレビにメガネッシュが!(01月20日)

静岡に帰りました。想人の身体測定結果は身長132.6/体重27.7。小学2年当時の自分より高い……。あとピアニカの練習をしてた(ただし曲 はマリオなのが想人クオリティ)。もといパッケージ見たらメロディオンだった。でも多分ピアニカって言われてしまうんだろうなあ。(01月20日)

アンディ・マリーとandymoriをパラレルで出題する奴はいないもんだろうか。(01月24日)

ゼノブレイドのプレイ時間が70時間を越えた。たぶん半分ちょっと超えたくらい。その時間が惜しいとはこれっぽっちも思えない。むしろ買うかどう か悩んでいた数十分の方が惜しい。口コミには様々な思惑が絡むとはいえ、非常に高い評価の物にはそれなりの根拠があるんだなあ、と痛感。(01月28日)

ゼノブレイドの高評価→ 参考1(mk2)http://bit.ly/wMVUqA 参考2(amazon) http://amzn.to/AurHsg  ←変な印象操作はほぼないと自分は思う。RPGが好きならwiiごと買っても損はないです。難点は「語り合える人がいない」ことか。(01月28日)

【ほぼ同工異曲な問題】 「静岡市には有名な体操のジムがあります。ある水鳥の名前がつけられていますが、その水鳥とは具体的に言うと何?」「京 成線に”お花茶屋”という駅があります。江戸時代にあった同じ名前の茶屋に由来していますが、このお花って具体的に言うと何?」(01月28日)


 

 ……いくらなんでもネットから離れすぎだなあ、1月……。
 つぶやき量が普段の1/6程度。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter