« 【感想・漫画】10月に読んだ漫画 | トップページ | 【感想・漫画】11月に読んだ漫画 »

2011年11月29日 (火)

【感想・本】10月に読んだ本

【一般】

ニッポンの書評
居酒屋の世界史
ゼロ年代の想像力
「地球の歩き方」の歩き方
超実録裏話ファミマガ   
酒に謎あり
リトル・ピープルの時代

豊崎由美『ニッポンの書評』。豊崎さんの「メッタ斬り」シリーズは大好きだがこれも良い。というより、書評と批評の違いはこれまで特に意識してこなかった。ここの文章はあくまで「感想」だけど、どう書いていいか考えさせられる内容。(10月06日)

下田淳『居酒屋の世界史』。呑兵衛以外が読んでも面白いのでは。昔は教会と酒場・宿屋が混合してたとか(しかし修道院兼売春宿って!)、医療行為(抜歯とか)をする芸人が酒場にいるとか、いろいろと興味深い。(10月06日)

宇野常寛『ゼロ年代の想像力』。正確にはゼロ年代初頭まで、かな。2005年(小泉時代)くらいまでの話であれば確かに頷けるところも多い。そこから先はまだ自分自身、歴史として整理できていないのかも。『リトルピープルの時代』も読むか。(10月06日)

山本直人『超実録裏話ファミマガ 創刊26年目に明かされる制作秘話集』。当時ファミっ子だった人には必読!僕はヒッポン派でしたがそれでも興味深い事実の数々。攻略マップ、画像の取り込み、そしてウソ技。一つ一つに手間と裏があるんだなあ、と感服。(10月23日)

小泉武夫『酒に謎あり』。「大変美味であった」等の小泉調が目立たないのは古文書からの引用が多いせいか。女子大生の口噛み酒は……どんなに美人 だとしても知り合いだと躊躇するだろな……あと、amazonのカスタマーレビュー見たら1件だけで、それがマイミクだったときの驚きよ。(11月10 日)

【小説】

告白
少女
世界の終わり、あるいは始まり
ナラタージュ
坂の上の雲1-6
NECK

湊かなえ『告白』。確かに面白い。予想のちょびっと上をクリアし続ける感じ。最後はやや失速感もあるし、確かに病気とかの描き方は短絡的ではあるけれど(そこも踏まえて中学生らしいといえばそう)、総じて良かった。他の湊作品も手を出そう。(10月06日)

湊かなえ『少女』。因果関係を追っていくと色々と考えさせられる。『イニシエーション・ラブ』ほどではないが。ただ、パズルのように展開がきちっ としてる半面、人物が(ミステリであることを差し引いても)書き割りっぽいというか類型的すぎるのはちょっと。『告白』にも言えるかも。(10月06日)

『坂の上の雲』読みだした。とりあえず1巻(日清戦争)終了。あしが思い返したのが江川達也『日露戦争物語』。タイトルに反して日清戦争すら終わってない、という漫画ぞなもし。(10月20日)

『坂の上の雲』6巻中3巻まで読み終えました。広瀬武夫が死んだり下瀬火薬が大活躍したり。一方で落ちる気配すらない旅順。(10月23日)

舞城王太郎『NECK』。a storyはまだまだ話膨らませそう。続きが気になる。シナリオ3本の中ではthe originalかな。円形劇場でどう表現するのか興味ある。(11月06日)

« 【感想・漫画】10月に読んだ漫画 | トップページ | 【感想・漫画】11月に読んだ漫画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/53426301

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想・本】10月に読んだ本:

« 【感想・漫画】10月に読んだ漫画 | トップページ | 【感想・漫画】11月に読んだ漫画 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter