« 【参戦・イベント】the0次予選(その1・自分の行動-前篇) | トップページ | 【参戦・イベント】the0次予選(その3・自分の行動-後篇) »

2011年7月18日 (月)

【参戦・イベント】the0次予選(その2・自分の行動-中篇)

 ネタバレ満載ですので注意。


10時55分

 根岸から桜木町へ向かうバスに乗り組む。とりあえずバスに知り合いらしき人は誰もいない。
 根岸森林公園につく。案内図を見るが、「根岸競馬場跡」という文字は見当たらない。が、「馬の博物館」「ポニーセンター」があり、その近くにいけば誰かいるだろう、と思い歩き出す。そして後で気付く。地図はきちっと見るべきだったのだ……。

 馬の博物館、ポニーセンターの外側をぐるぐる歩くが誰も知り合いに会わない。これはおかしいと思い主催者にDMするも、「いや、いるはず」との 返答。馬の博物館の中にいる?いや、ちょっと前の公式で「あ、ただ「0次予選」自体は参加費はかかりません。」と明言されていたから、博物館という有料施 設の中にはいないはずだ(この思い込みは最後の最後で大きく響くのだが、これも後の話)。

 ノートパソコンを開きもう一度根岸競馬場跡を調べる。ここではないのか?
 パソコンを開きながら公園を歩く怪しい男の司会に入ったのは、怪しげな2人組。何が怪しいって、片割れが甚平姿なんだもん。まるで病院から脱走してきたかのような。
 ……w-redとれふぇでした。

11時30分

 3人パーティーになった。が、迷子が3人集まっても迷子は迷子。芝生広場をぐるっと一周し、これはおかしいと思い勇気を出してれふぇが通行人に聞く。教えてくれた。ナイス勇気!
そしてネットで見た競馬場跡の建物が見えた!が目の前には鉄条網。その上にはご丁寧に有刺鉄線。その周辺を歩いても歩いても入り口が見つからない。
 れふぇ「有刺鉄線を乗り越えてもいいですか?」
 橙「いや、そこ米軍施設だし。CAUTIONとか書いてるし」バッド勇気!

 ひたすら歩くこと20分。ようやく発見しました。

11時50分 第1チェックポイント 「根岸競馬場跡(旧一等馬見所)」

 そう、「旧一等馬見所」を探すべきだったのだ。確かに僕がバスの中で検索してたサイトにもその表記があった。そして案内図にもその表現があった。ぬかった。

 そして急いで建物の前に。すると、石川町駅で30分くらいリードしてたはずのこっさんが逆転している。いつの間に?そしてスタッフらしく hayat0くん。どうやらここに来ているメンバーが唯一の到着者らしい。僕らを見て「会長!」と声をかける。まあ確かに何かしらの会長が多いけどさ。

 彼のTシャツの柄は、白地に黒のふちどりで「征」と「Go!」。バッジは青地に「ょ」。そしてQRコード。読み取ると……受付には所定のルールがあって、3アウトで失格、とかそんな内容だっけ。うん、これはトレハンの一種なんだから、それは想定の範囲内。

 ここですみすさんが、写真の「答え」で「ゴール地点」を聞くも、そのルールがわからず1アウトをくらい、しかし第1チェックポイントのヒントがなく、詰んだということを知る。そうか、そういう使い方もあったのか。w-redとこっさんはまだ質問権を残してるらしい。

 とにかくみんなここで疲れていたので、休憩しながらネットで情報収集。次どこ行けばいいんだ?……という時点で、Tシャツの柄がヒントとは誰も 考えなかった。余りにもわけがわからなすぎて、「多分最後の最後に使うのだろう」くらいに思っていた。これが「次のチェックポイントのヒント」だと少しは 疑うべきだった、のだが……そこまで頭が回らなかった。ちなみにこの時点で答えわかった人がいたら凄いと思う。

 一方、情報収集の方では収穫があった。
 謎の「@zerojiyosen」というアカウントが意味ありげなことを呟いてる。
 確かにネタバレっぽいこと(シンザンを模した神讃という銅像がある、など)を書いてて「誰だよこれ」と思ったが、誰なのかはあまり気にしなかっ た。が、アカウント名が「0次予選」。そしてまとめツイートをしてる松が「@zerojiyosen はダミーか?それとも?」と書いたのがきっかけで、この非公式アカは俄然参加者の注目を集めることになる(ちなみにこれにより「実は松もスタッフなので は」説が飛び交う。が善意の第三者だった模様)。そしてそこに新しい書き込みが。

非公式「鶴屋町二丁目バス停に行こう #0th_pre」

 この時点で僕達にできることは、鶴屋町二丁目パス停に行くことしかなかった。
 結局、w-red、こっさん、れふぇと4人パーティ。4人だったらタクシーで行った方が早かろう。
 なお、ここらへんで仕事関連のお客様から、商品の納入期日前倒しについての相談が来る。まあこれはこれで最後に伏線になるわけだけど……。

橙「次のチェックポイントに向けて移動中。タクシー相乗りで。……あれ、すごく見覚えのある橋が頭上に……。 #0th_pre」

 「ちっ、UNOの野郎」「してやられたわ」という反応が充満するタクシー車内。
 一方、何かしら実況しようと思って煮えた頭で書いたのがこれ。

橙「こっさん、yoheiと破局。双方ともグループ交際に移行した模様。若いツバメに手を出すとか出さないとか。確かカフェオレとかそんな感じの名前の……。 #0th_pre」

 ちなみにyoheiは512らKANQU組と動いてました。
 「カフェオレみたいな奴」にいまいち反応がなかったのが残念。

13時 鶴屋町二丁目バス停、横浜市囲碁センター

 鶴屋町二丁目バス停に着く。バス停には「横浜市囲碁センター前」の文字。
 そして非公式ツイートには、「atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari atari #0th_pre」との文字。アタリ=囲碁、でよかろう。
 コンビニで休憩しつつ、横浜市囲碁センターに行ってみるも、関係者らしい人は見当たらない。

 そんなとき、レンタカーを借りてしまったが行き場のないすみすさんから電話が入り、合流して一緒に行動することに。しかしどうにもこうにも打つ手がない。囲碁が何か関係するのか・・・この時点で考えあぐね、かなり時間をロスする。

 やむなく、w-redの質問権を行使。
 すると返答は「横浜市庁」。
 え、なんで今までのヒントで市庁が出てくるの?わけがわからん。しかしこの先を考えると、彼の発想をトレースしなければ。

 横浜市庁へ行く車内で、ようやく僕は思い出す。
 そうだ、囲碁用語で確か「シチョウ」ってのがあったはずだ。検索する。そうか、「アタリの連続」を「シチョウ」と言うのか!wikiの「アタリ(囲碁)」の関連項目の一番上には、ご丁寧に「シチョウ」の文字があった。いやしかし気付かないよそれ!

橙「ただいま第二チェックポイントに移動中。タイムアウトか……。14時半ころになりそう。 #0th_pre」

14時25分 第2チェックポイント 横浜市庁

 本来なら14時までにチェックポイントにつかないと×なのだが、救済措置なのか、そこにはスタッフのみつは君が待ってた。
 しかし、(他のスタッフならともかく)一見クイズ屋にはあまり見えないみつは君と知り合いでない人だったら、彼がスタッフって気付いたのかなあ。Tシャツを着ているとはいえ、0次予選って書いてるの裏面だし。
 ともあれこちらの呼びかけに対し、みつは君が「師匠!」と答える。あれ、こんな物言いする奴だっけ。

 Tシャツは「後ろ向きの波平の絵」に、数字で「655」。バッジは緑で「う」。
 QRコードを読むと、「コース選択をやってもらうが6つ中5つがダミー。正しい一つのヒントは”ひなげし”」とのこと。時期からいっても、ここが場所から行っても、多分「コクリコ坂から」ということでいいだろう。多分ジブリ映画の名前が6コースあるってことだろうな。
 で、これは偶然って話だったんだけど(でも仕込みかも)、みつは君が持ってたうちわには、わざわざ「MW旗」の説明が。これも後々伏線になるとはこの時点では気付かず。

 ともかく、この時点でのヒントは「波平」と「655」。また身動きがとれない。次のタイムリミットは15時半。

非公式「書かれた文字を読むだけの簡単なヒントです。#0th_pre」
非公式「わからないことはとりあえずググる。基本。 #0th_pre」

 いやググッてるよとっくに!。ろくごーごー、ろくごーごー言いながら。
 でも県道65号線は厚木だから関係ない。
 「横浜 655」でも出てこない。
 「横浜 波平」だと……金沢区のお好み焼き屋がヒットしたのだが、どうにもこうにも遠い。
 この時点で「このままだと全員失格になるから、みんなで協力しよう」という話しになる。この時点で、ここまでたどりついたのは車の5人+yoheiのみ。6人かよ!(しかもすみすさんは第一には行っていない)
 結局ここでyoheiの質問権を使う。答えは「野毛山動物園ひだまり広場」。

 車中に???が充満する。
 なんで野毛山なんだか皆目検討がつかない。
 ヒントが少なすぎてまったく把握できない。 
 毛がないから野下山?655がzooを表してる?
 全員不完全燃焼感たっぷりに、野毛山動物園着。

 正直な話、ここらへんで面々のストレスはピークに達してた。問題の難しさと、一方であまりにヒントが出ないことに対して(ヒントが小出しになっ て、最後には半分くらいの人が「あーっ」ってなればいいんだけど、答え聞いても置いてけぼり感が強いってのは……)。だって写真以外は3ヒントともすべて 「質問権」という救済措置+何人かで共有、という裏ルートでくぐりぬけてるわけで。
 「このメンバーで第2回やろうぜー、今回の問題点全部修正して」なんて話しが出るくらい。耳が痛いかもしれないけど、これは正直に記しておく。

 続く。

« 【参戦・イベント】the0次予選(その1・自分の行動-前篇) | トップページ | 【参戦・イベント】the0次予選(その3・自分の行動-後篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/52247060

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦・イベント】the0次予選(その2・自分の行動-中篇):

« 【参戦・イベント】the0次予選(その1・自分の行動-前篇) | トップページ | 【参戦・イベント】the0次予選(その3・自分の行動-後篇) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter