« 【サークル・主催】関東で新サークルを結成します! | トップページ | 【イベント・参戦】第11回勝抜杯(その4・3回戦一対一対決) »

2011年5月 3日 (火)

【イベント・参戦】第11回勝抜杯(その3・2回戦7○3×)

 「とはいえここからは本当にさらっとです。記録もとってないので。」
 おおうそつきー。
 お姉さん、ぺぺローションと水の割合間違えてるよ!

 Cateauさんやアラシくんの詳細な日記のおかげで、割とちゃんとおってけそうです。
 今後は大会くらいはICレコーダー(というか携帯の録音機能)使おうかなあ。

 ちなみに僕がICレコーダーを使ってこなかったのは、「例会とかではしゃいでる自分の声を、後で冷静になって聞きたくないから」です。じゃなきゃあんなに下ネタしゃべらないって!
 一方で他人のICレコーダーに対しロクでもない発言で陵辱するのがマイブームです(他人のならいいのか、と問われれば、他人のならいい、と答えよう)。最近もどなたかの逸物のバージンを下ネタで破りました。いや、形状からすると筆下ろしですかね。でもアウトプットじゃなくてインプットだしなあ。
 なお、この話の元ネタは、さくらももこ「もものかんづめ」シリーズの父ヒロシであることをひっそりと白状しときます。誰も突っ込みませんが。ちなみに彼が初テープレコーダーに吹き込んだのは「うんこちんちん」(加藤茶)です。

 こういうこと書くから参戦記が進まないんだよ!

【組分け】

 自分の指名の際、こまさん・ぶんたさん・オタクキャップさんの組だけ集中していて、残りは1人ずつ、8枠だけ空席の状態。
 選択肢は二つで、「お三方のいるところに突っ込む」か、「無難に空席のところを選ぶ」か。スピードレースに持ち込めばお三方相手に有利な勝負に持ち込めそう、卑怯な考えだがこまさんの体調も悪そうだし……ただ、「知識でもっていける問題」が多くても、「昔ベタ」が多くても、この対戦相手だと逆に分が悪くなる。
 だとすればわざわざリスキーな勝負をすることはないな、と考え、空いている8枠を選ぶ。もともと「指が温まった人たちと勝負したくない=8枠を選ぶ」ことは念頭においていたので。

 ……Cateauさん来ちゃったダス……。
 「早押しの鬼」と「何を知ってるのかよくわからない上、何だか妙に気合が入ってる人」の2人が並んだ結果、妖気を発した8枠はなかなか埋まらない。最後の方になると「筆記上位で2周目抜け=知識量があり、指が早く、かつ気合がみなぎった人」が来てしまうので、とっとと埋まってほしかったのだが、そういうときに限って埋まらない。
 関西勢のアラシくんとBikkyさんが入った後、まさに知識量・指・気合なTSUBAMEさんが入る。対戦相手がようやく決まった。再度気を引き締める。

 控え室。ここではモニターで中の模様が見える。といっても誰が何答えているかわからないけど。じょじょに緊張が高まる。あんまり軽口叩かないのも自分としては珍しい。
 さあ、戦場だ。

【ナナマルサンバツ・8組目】

 Cateauさんとは「ABC」の10by10で対戦して以来の対決。あのときは速攻で敗北。大差がついたときに「Cateauさんには負けても仕方がない」と心が折れたのが、最終的にかちぬけくんにまくられた一つの要因だったように思える。
 今回狙うのは王座、Cateauさんもどこかで倒さなければならない相手。狙うはあくまで一抜け。ここ1年の成長を、今ここで発揮する。

 ボタンを持って「ナナマルサンバツ」1巻の表紙のポーズをしたが誰にも突っ込んでもらえず、一抹の寂しさを覚えながら(←うるさい)、いよいよ1問目が読まれる。煽り立てることもなく、淡々と。

 ここからはアラシ日記の内容を引用(一部修正、敬称略)。 
 しかしこれだけの内容を書き起こすって凄いなアラシ!さすが関西を背負って立つホープなだけあります(西日本早押王新人王頑張れ!)。

1問目:2010年サッカーW杯決勝で第4の審判をつとめた日本人→西村雄一(スルー)
さんざん話題になったネタなのに出てこない。リスクは負わない。

2問目:男はつらいよの主人公→車寅次郎(Bikky○)
「結構毛だらけ」のところで寅さんなのはわかったが、どう転ぶかわからない。ここも様子見。

3問目:ルネサンス期のドイツの画家で、サインやメランコリア→デューラー(Cateau○)
絵画問題はまだ弱いなあ。

4問目:英語ではdiagonal lineという/→対角線(Cateau○)
反応はできたが一歩弱い。突き放される。

5問目:『お化けの世界』や『子供の四季』などの児童文学で知られる作家→坪田譲治(スルー)
知識があればいける問題。なんとなく松谷みよ子が浮かぶが、序盤はとにかくリスク回避。回避してよかった・・・。

6問目:将棋は7つのタイトル戦がありますが、女流将棋には/→6(橙武者○)
昨日の悪あがき例会でオペラオーが「女流王座」を出してて、知らなかったのでタイトルと現獲得者を当日朝にチェックしてた!まさかここではまるとは。
一番の課題である導入部分をすんなりクリア、ここで勢いに乗れれば・・・。

7問目:シェイクスピアの『真夏の夜の夢』で、后のタイタニアと/争い→オーペロン(Cateau○)
とはいえさすがにCateauさん。真夏の夜の夢で選択肢は絞れたなあ。。。

8問目:怪奇現象の研究を続けたことから、妖怪/博士→井上円了(Cateau○)
ABC Ex.10では、苦手の通過クイズを抜けた思い出の一問。ところがこれすら取れず。どれだけ早いんだ。
既に折り返し地点。3つ差がつく。ここで折れない。逆転してやる。

9問目:1866年に瀬戸内海で沈没した、海援隊が/→いろは丸(Cateau×)
存じ上げず、な問題。知識ないなー。

10問目:ドイツが生んだ法律学者で、「ローマは三度/世界を征服→イェーリング(Cateau○)
これも反応できず。しかもついたらついたで「ユウェナリス」が頭に浮かんでおり、ヘボいことこの上なし。

11問目:国旗に緑色が用いられている国の中で、最も面積が広いのはどこ?→ブラジル(アラシ×)
こういう問題がしれっと入ってくるのが勝抜杯の真骨頂。候補すら浮かばず。

12問目:『星の王子さま』で「大切なものは目に見えない」といった動物→キツネ(スルー)
多分キツネだろうなあ、と思いながら勝負に行けず。

13問目:殊勲賞を7度、敢闘賞を8度、技能賞を4度、大相撲で歴代最多の/→安芸の島(TSUBAME○)
冷静に考えてみればそうなのだが、そもそも知識レベルで把握してないもんなあ。

14問目:白熱電球に比べて寿命の長い/LE→Light Emmiting Diode(アラシ○)
これは巧い押し&知識の引っ張り方。アラシも着々と成長している。侮れない。

15問目:正式名称を「北海道国際航空株式会社」という/→AirDo(橙武者○)
最初「くうこう」に空耳したが、「こうくう」→「じゃあそれでいいじゃん」ということで2つ目。

16問目:トマトに対するバジル、ニンジンに対するローズ/マリー→コンパニオンプランツ(Cateau○)
ペーパーで出されれば答えられるが、早押しで答えられるほど定着してない。

 ついにCateauさんリーチ。
 しかし、「先にCateauさんが抜けてから頑張ろう」と思ってしまうと、いざ抜けた後に遅れることになる。Cateauさんが一抜けするのを阻止するのは無理でも、それまでにリードは奪っておきたい。リスクは負わず、しかし心は折れず。少し方向転換する。

17問目:茶道や生け花の流派、遠州流に名を残す/→小堀遠州(Cateau◎)
タッチの差。しかしこの圧倒的な差。
あっという間に決められる。

 ここからは4人→1人。自分は2pだが残り3人も1p。油断してたらやられる。

18問目:アメリカに本社を置く大手アウトドアメーカーの名前にもなっている、南米/→パタゴニア(橙武者○)
確か「南米」か「アルゼンチン」まで読んだはず。
であればこれでよかろう。「エアドゥ」に続く得意の企業問題でリードを広げる。

19問目:先月26日に、競馬のドバイ/ワールド→ヴィクトワールピサ(TSUBAME○)
散々時事で抑えた……つもりが、トランセンドの方がなぜか強くて押せず。

20問目:中国の天台山国清寺に暮らし、後に禅宗の絵の題材としても取り上げられた→寒山拾得(橙武者○)
高校生のときにナタニさんにもらったペーパーで覚えた。懐かしい。

21問目:中国共産党のスローガンのひとつでもある、様々な立場の学者が/専門家が→百家争鳴(橙武者○)
共産党のスローガン。なんだ?文化大革命か「なんとかに学べ」系か。少し待とう。
様々な立場の学者……諸子、ちがうちがう、毛沢東の思想弾圧につながるやつなんだから、あっちでよかったはず。例のやつで。
押す。ついた。会場を見渡す。案外反応がない。で、予想通りマンサイが苦笑してる。「お前がそこで反応したらヒントになっちゃうじゃん」とこちらも内心苦笑しつつ、昔自分が運営していたサイトのクイズ論コーナーの名前を口にする。そりゃもう正解。

22問目:絵の売買を生業としていた弟テオの/援助→ゴッホ(橙武者○)
前からよく出てた問題ではあるが、最近対策会で「隣に墓があって云々」というのを聞いた気がするので、普段よりもちょっと早く押せた。

 5問で4問奪取し、これで一気にリーチ!

23問目:市内にはホワイトリング、ビッグハット、/オリ→長野(Bikky○)
ビッグハットで気づくが押し負け。さすがスポーツは強い。

24問目:三段目の熊谷陣屋が特に知られる、源平/→一谷嫩軍記(橙武者×「敦盛」)
熊谷陣屋、ってことは熊谷直実、じゃあこれでいいはず。これで決める!
ウィニングアンサーということを意識して、「敦盛!」
……違った。自信こめて外すとダメージ大きい。大学生の頃まとめて歌舞伎問題は作ったがこれはノーマーク(熊谷陣屋で、で熊谷直実の方を作ってた)。

25問目:葉っぱはイタリア料理などで香辛料として使われる、和名を「ハナ/ハッカ→オレガノ(TSUBAME○)
前フリだけ聞いたらルッコラかな、と思ったが、「誤答が続く」のは気持ちを切らしたときの自分の悪い癖なので、ここは慎重に。

26問目:今年でオープン100周年を迎えた、東京丸の内にある/日本最初の→帝国劇場(TSUBAME×)
同じ理由で、ここは慎重に。

27問目:俳優のマイケルダグラスの妻で、『シカゴ』『幸せのレシピ』などの出演で知られるイギリスの映画女優→キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(スルー)
事前に「ハリウッドの女優は出ないよね」といっていたにもかかわらず、知識ない……。

28問目:元おにゃんこクラブの高井麻巳子を/→秋元康(TSUBAME○)
ここらへんで逆に慎重になりすぎる。これはいけた問題。

29問目:卵焼きのかわりにたくわんを/→長屋の花見(TSUBAME○)
まずい、TSUBAMEさんのエンジンがかかってきた!1ポイント差。
凍ってもいけない、しかし焦ってもいけない、のに……。

30問目:息子のジェイデンは、映画『ベストキッド』で主役/~

ジェイデン。どっかで聞いたな。ベストキッド、リメイクされたときに何回か時事で聞いた気がする。確か誰かの息子だったよな。ブルース・リーだっけ。
……押してしまった。あんまり確証がないのに。

ブルース・リーのブ、まで言おうとして思い返す。まてよ、そんな情報はなかったぞ。それだったらもっとその話を耳にしたはずだ。違う。リーではない。
ジェイデン何だっけ。ジェイデン……スミス?黒人?そうかそうか、当時の時事前フリでそれは聞いた、あの人でよかったはずだ。確証はなかったが、勢いをつけるためにここは叫ぶ。

「ウィル・スミス!」

エクスクラメーションマークつけてるが、実はこのときもまだ確証度は80%。頼む。正解であってくれ。
……かちぬけ君の指先が正解ボタンを連打する。
勝った。最後はかなり薄氷だったけど、なんとか滑り込んだ!

 全体的に見れば反省点の多い試合ではある。
 とにかく知識があやふや。Cateauさんとの差は明確に出ている。こうやって見てみると、Cateauさんの押しは、単なる反射神経ではなく、僕が理想とする「知識に裏打ちされたスピード、スピードを伴う知識」であることが痛感される。いい勉強になった。
 とともに、TSUBAMEさんの執念、気合は凄かった。あと少しで飲まれるところだった。
 アラシくんとBikkyさんの二人は、手のうちをよくわかっているけど、それでも普段より数割増しの怖さだった。レベルは着々とあがってるように思える。

 一方で勝因としては、「以前からの得意分野(中国史、企業)」と、「ここ最近対策した問題(6つ、ウィル・スミス)」がうまくかみ合ったこと。どちらだけでも勝てなかった。
 あとは「焦らず」かつ「畳み掛けるときは一気に畳み掛ける」。むかーーーーーしクイズイベントの決勝常連だったときの感覚を、ようやく少しずつ取り戻せた気がする。

 つづく。

« 【サークル・主催】関東で新サークルを結成します! | トップページ | 【イベント・参戦】第11回勝抜杯(その4・3回戦一対一対決) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/51581193

この記事へのトラックバック一覧です: 【イベント・参戦】第11回勝抜杯(その3・2回戦7○3×):

« 【サークル・主催】関東で新サークルを結成します! | トップページ | 【イベント・参戦】第11回勝抜杯(その4・3回戦一対一対決) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter