« 【注目】この時期の検索の楽しみ | トップページ | 【注目】血脇先生あたりがかなりいい味出しそうな気がする »

2010年4月11日 (日)

【ご意見募集】新スタイルのクイズイベントについて

 現在、全く新規のクイズイベントの構想を練っています。
 実際にやるかどうか、そもそも実現できるかどうかは全然未確定です。
 細部は全く詰めていません。まだまだラフなイメージ図だけです。
 
 が、まず皆様に
 「こんなイベントがあったら、参加してみたいと思いますか?」
 「面白そう、と感じられますか?」
 「ここをこうしたら、もっと面白くなるのでは?」
 という観点で、ご意見いただければ幸いです。
 
 ちなみに、「名前から思いついた」「最後に下ネタとドヤ顔が待ってる」といういつもの展開ではなく、珍しく真面目に考えています。

【コンセプト】

 「知識勝負」と「早押しクイズのスリル」の新たな融合。
 そして、それを極力「多くの方」に、「多くの時間・量」提供する。

 そのために、「ステージ上でのクイズ」ではなく、かといって「複数会場に分かれてのクイズ」でもない、「参加者全員がずっとクイズを楽しめる」新たなスタイルを考案しました。

【概略】

 ・100人同時参加の早押しクイズ。

 ・新しい早押し機システムを使用。先着のn人が押したところでチャイムが鳴り、問題の読み上げがストップされます(基本は10人ですが、ラウンドによって異なります)。

 ・問題の読み上げがストップされた時点で、押した人も押していない人も、全員手元の回答用紙に正解を書きます。

 ・得点はラウンドによって異なりますが、ベースは下記の通りです。
  1着   →正解+6、誤答-6、かつ早押し6問休み(ボード解答は可能)
  2-n着  →正解+3、誤答-3、かつ早押し3問休み(ボード解答は可能)
  それ以外→正解+1、誤答-1

 一言で言えば、「100人同時の早押しボード、新しいのは”1人ではなく、n人押した時点で問題がストップ”」というイベントです。
 「An×An(4人中2人押したら問題が止まる)の超多人数版」、と言ってもいいかもしれません。

【問題の難易度、長さ】

 各ラウンドにより異なります。
 ベースとなるのは、「早押しボード向き」とされる、「前フリが1~2個あり、最後まで聞けば聞くほどわかる人がじょじょに増える」ような傾向です。難易度的にも、「最後まで聞けば3割近くの人が答えられる」レベルを基本とします。
 ですが、それだけに限定しません。
 
 ・数人しかわからないような、難しい問題、これまであまりクイズに出なかったジャンル・傾向の問題
 ・逆に、参加者の大半がわかるような、スピード勝負の基本問題
 ・「頭の体操」「マジカル頭脳パワー」のような、頭の回転を求めるような問題
 ・「平成教育委員会」のような、学校の教育に近いような問題

 など、さまざまな問題傾向の問題を出題します。

【ルール】

 上記のように、基本は「100人参加」「n人(基本は10人)が押したところで問題がストップ」「全員がボードに回答する」のが基本となります。
 ですが、ラウンドにより、ルールは変化します。また、問題傾向によってもルールが変わってきます。

 ・初心者に限定したラウンド。問題は易しめ。
 ・超難問。その代わり最後まで問題を読みきる。ペナルティも緩め(1回休みなど)
 ・基本問題。その代わり誤答即失格(多分ガラスが割れる音が鳴り響く)。
 ・通常の早押しクイズ。1人が押した時点でストップ、口頭で解答。普通じゃないのは「100人一斉」という点。
 ・長めの問題文を使用。「不正解者」がポイントになる。

 一部の参加者限定ラウンド以外は、「全員」がクイズに挑戦します。
 問題・ルールを変えながら、1日ひたすら早押しボードを行い、その合計点(もしくは順位点の合計)で勝者を決定します。

【早押し機】

 パソコンに接続するタイプの物を新たに開発します(って簡単に書いてますが、ここをどう開発するかが大会実現を左右することは承知の上です)。
 押したn人については、プロジェクター経由で画面に表示されます。
 プラス、1着については、場内カメラで表情を追いかけます。

【得点】

 100人分の得点を管理しきれないので、3人一組による相互採点システムで(要は「隣の人の答案をチェック、それをまた別の人が再チェック」、ということです)。

【会場】

 現実的には「会議室で、全員が前を向くスクール形式」です。
 が、学校の体育館のようにだだっ広いところがとれたら、「全員が輪になる」スタイルもやってみたいなあ。


 ……現時点でのイメージは以上です。
 これを考えるにあたってのクイズ論的バックボーンもあるのですが、そこについてはあえてここでは書きません。参加者の大半は「クイズ論を読んで」ではなく、「そのイベントが面白そうかどうかを直感的に判断して」参加するかどうか決めるわけですし。

 というわけで、上記のようなイベントを「参加したい」「面白そう」と感じるか、また「ここをこうすれば、もっと面白くなるのでは?」という観点で、ご意見いただければと思います。

 ここ1ヶ月くらいずっとこのイベントについて考えていますが、僕にしては珍しく、まだ名前が決まっていない……。

« 【注目】この時期の検索の楽しみ | トップページ | 【注目】血脇先生あたりがかなりいい味出しそうな気がする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/48211409

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご意見募集】新スタイルのクイズイベントについて:

« 【注目】この時期の検索の楽しみ | トップページ | 【注目】血脇先生あたりがかなりいい味出しそうな気がする »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter