« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

【近況】ここ最近のmixiボイス(4/14-29)

 ちょっとしたことをつぶやくのに便利なので、最近mixiボイスの頻度が上がってます。
 twitterは……手を出したらずっと気になりそうなのがちょっとなあ、という感じで。
 仕事中とかクイズ中にこれ以上気を散らせる対象を増やしたくない。。。

「イイネ」を使うと、自分の名前の後に×マークがつくんですよね。要は「削除」って意味で。……「橙武者 × YUU」という表記を見て、今まで自分がやってきたことの罪の重さを知る……。(04 月14日)

ほたてさまー!と中崎町の沖縄料理でさし飲み。楽しかったー。でもこういう飲み会ができるのも関西だからなんだろうなあ、と思うとちょっとしんみり。静岡になかなかゲストは来ないだろうし、ねえ。。。(04 月21日)

なうなう皆が言ってるのを見て、つい「神力契約者M&Y」を思い出した。(04 月23日)

『ビッチマグネット』読了。ある意味超・衝撃作。なんせ読んでる最中に数回「本当にこれ舞城王太郎か?」と作者欄を確認したくらい、えらくまったり&日常……。(04 月24日)

ある意味、おもちゃの新製品の絶賛プロモーション中……なんだけど、このデザインはどうなの???<Xみたいなん(04 月25日)

33歳作問日記:「アヘ顔」を答えにしたいがいまいちいい問題にならない。回りくどいし限定も効かない。間寛平と共通する……というのも、なあ。(04 月25日)

塾くんの「For Someone's Glory」を読んでるところ。ここ最近出た問題集の中ではピカイチの面白さ。難易度のバランスもさることながら、着目点が素晴らしい!「つる市→つるが市→つるがしま市」は唸った(ベタ?)。(04 月25日)

帰りの新幹線車内で、伊坂幸太郎「あるキング」読了。シェークスピアをもちっとちゃんと読んでるとさらに面白いんだろうなあ。高校生の英語の授業で読んだくらいなので、今度読もうっと。(04 月25日)

子供の運動会の応援で、父兄も黄色いシャツがいるらしい(自分と同じ小学校だが、自分の頃はそんな風習なかった)。オレンジなら大量にあるが黄色はないなあ。Tokyo Base LiveのスタッフTシャツ捨てちゃったし、って何人が反応できるのやら。(04 月25日)

誕生日プレゼント貰う。2月生まれなのでだいぶずれこんだけど、どうも物欲がなくて……。結局noonの腕時計にしました (04 月26日)

西日本新人王/早押王のスタッフ発表になりましたね。決勝ラウンドの司会ぶりが楽しみ。ただ、早押王は「ビックウェーブ」というより「ダイヤモンドダスト」の方が似合ってる感。氷の女王だけに。(04 月28日)

昨日は二日酔いと思ったら喉風邪でフラフラ。37度4分ありました。多分5/2までに熱は下がるけど、喉はちょいと痛いかも。頑張って治す!明日のブリーズは(行けても)はしゃぎすぎない!!(04 月28日)

というか明日はブリーズですね。GWのせいかMino-tenとかぶって唯一しんが参加しないせいか、学生が少ない(灘は学祭?)……。積極的なご参加をお待ちしてます。(04 月28日)

「近年のベストセラーで、「とらドラ!」は特に何の略でもありませんが、「もしドラ」/~」……前半部分がイマイチ過ぎる。後半部分は「そう略すのかよ!」という面白みはあるんだけど。(04 月28日)

ガボレイ・シディベの名前がよう覚えられん。「ガボちゃん」としか出てこないので、やむなく「シディベ」とだけ覚えるようセルフ譲歩したが、多分一般ではまずそういう言い方しない(映画好きな人ってフルネームで言うでしょ?)。「クイズでしか通用しない知識、覚え方」は、自分の中ではカッコ悪い、のだが……。(04 月28日)

A-Leoくんが「外来語は綴りで覚えた方がいい」と言っていたのでそれに習う。Gabourey Sidibe.Gabourey Sidibe.Gabourey Sidibe。……数年後、「10年代最初の一発屋」という記憶になってないことを祈る。(04 月28日)

↓このA-Leoメモ、格好いいなあ(目的はともかくとして、横文字コンプレックスなのでこんなメモをとってみたい)。 しかしblog見て気づいたが、奴さんいま武漢なんだ!(04 月28日)

明日はゴールデンウィークということもあり、マジックスパイスは通常営業!  ……「4/29(木)東京店・名古屋店は通し営業(札幌店・なにわ店はお休み)」……いや、完全に休んでてくれた方がダメージ小さかったよお……。(04 月28日)

秋葉原の店頭で流れてそうだW って、明らかにエロゲーとかギャルゲーのトレーラーをパロディにしてるんだろうけど。 (04 月29日)

コミック&ラノベ売り場にハードカバーの小説が。何かと思ったら「天地明察」でした。だったら桜庭一樹も置いてやれやー。(04 月29日)

2010年4月21日 (水)

【注目】もっと早く出題しておけばよかった時事ネタ

 ・自由民主党(ニック・クレッグの方)
 ・渋川春海

 後者は「ダヴィンチ」のプラチナ本で取り上げられた頃に出していれば丁度よかったのかも。
 abcレベルであれば「これから」なんだろうけど、vitaなどでドヤ顔で出そうとするにはもう遅い……。

 というか、前者の党首は10歳差、後者の作者に至っては誕生日が9日差か……。

2010年4月20日 (火)

【注目】今日「読んでよかったな」と思う記事2本

ダイヤモンド・オンライン
世界の電子書籍市場を支える携帯&女性向けエロ電子マンガ 本格電子書籍市場の登場で一転窮地に!

 確かにmixiでやたら見かけるもんねえ。
 あれ、登録を「10代女性」とかにすると、全然違う風景が広がるんだろうね、きっと。

 クイズ関係者の9割がmixiをやってると仮定すると、生活に密着した問題=「めちゃコミックス」なのかも。

紙屋研究所
2010-04-14 敗北感の描写がすごい 末次由紀『ちはやふる』

 確かにクイーン対戦後のあのロビーのシーンは間違いなく白眉。
 この漫画の素晴らしいところは、「真剣にやったけど負けた」という敗北感だけではなく、「そもそも真剣に挑めない、リングに立つ前の”負け”」という、敗北感以前の……なんていうんだろう、真剣勝負から距離を置きたくなる気持ち(それを単に「逃避」とかで片付けたくない)まで描いていることなんだろうなあ。
 ヒロインがまっすぐなだけに、「熱意を失った元強豪」の村尾さんやユーミンの姿がコントラストとして印象深いです。自分がどちらかというと、ことクイズに関してはそちら側の人間だからかもしれないけど。

2010年4月17日 (土)

【注目】ダンス甲子園は遠くなりにけり

俳優山本太郎母の「虐待」報道 事務所「事実無根で法的措置」

 戸塚ヨットスクールだからなあ。

 ところでクイズサークル「メロリンQ」というのはどうだろう。
 「melody&ring(←早押し機のチャイム)」ということでイントロ系サークルとかで。

2010年4月12日 (月)

【参戦・イベント】4/11フリバ会

 44人。
 びっくりするくらい人が来たなあ。
 メンバーも学生・社会人が半々。どういうわけか名古屋と岡山からの遠征勢まで(遠路はるばるありがとうございました。問題読んでいただいてありがとうございます>岡山のお二方)。

 一昨年の「関西再放送プロジェクト」が20名と17名なので、2回分よりも多い。。。
 今後のためにも、これだけ来た要因を振り返ってみようかな、と。

・タイミング……abc後で学生も社会人も盛り上がっていた。かつ、新歓ともバッティングしなかった(1オブのときに立・京・阪3サークルには確認済)。

・告知……各サークルのキーマンに対して告知をお願いする、というのはいつも意識してるんですが、今回は何人かに直接会ったときに声をかけたのがよかったのかも。特に学生に対しては。

・日時……日曜日の方が来やすいか。従来は「飲み会をやりたい、翌日のことを考えずに野みたい」「遠征勢にも来やすい」という目的で土曜日にしてしまっていたのですが、こと地元ベースで考えれば日曜日なんでしょうね、やはり。RUQSのように土曜日にやるサークルもあることですし。

・会場……新大阪徒歩5分、というのはやはり大きな要素。学生の多くが京都にいることを考えるとできれば京都がいいんですが、京都には取りやすい会場がない……。ということで、今回は学生向けには「JRには休日割引切符があるよ」という点まで触れて告知しました。それが少しは効を奏したのかなあ。

・途中参加・途中退席OK、「フリバ」名目……参加することのハードルを下げられた。今回、こういう場に初参加の高校生4名が参加してくれたのも嬉しかったし、RUQS・OUQSの大2の代も来てくれました。
 これがきっかけで、ネクステ、さらには烏とかブリーズにつながっていけばいい感じだなあ。
 逆に言うと、「オープン大会」と銘打ってしまうと若手の足が遠のいてしまうのかなあ。ここらへんは一つの課題ですね。

 関西はクイズイベントも少なく、サークル・社会人/学生の垣根を超えて集まれる機会がなかなかないのが現状です。
 それに対し、従来は「じゃあイベントを開くか」というベクトルでつい考えてしまったのですが、実のところ、即効性があるのは今回のような「ゆるーいフリバ会」だったのかもしれません。
 もちろん、毎回毎回フリバ会なのもよくなくて、どこかではきちっとしたクイズイベントも関西で欲しいところではあります。イベントでないとできないこともありますしね。なんだけど、イベント開催に向けての触媒・テストとしても、今回のようなフリバ会は有用かなあ、と。
 


 ともあれ、こんな感じのフリバ会、またやろうと思います。また78人部屋で。
 5月は早押王/新人王があるし、7-8月は学生がテスト。そう考えると可能性があるのは6月かな。xyz関西もやりたいので(なんせ問題・企画とも揃っているし)、他サークルのスケジュールも睨みながら調整の必要ありですが。

 あと団体戦を入れたのはよかったなあ。あれだけ盛り上がるとは思いませんでした。これまで話す機会がない若手とも話せたし。
 次回もなんらかの形で団体戦は組み入れたいですね。それこそQuiz-NAの形式とか。 

【関西の方にご相談】xyz=9関西&フリバ会について

 昨年のスタッフの方には、コミュの方にも書きましたが、念の為こちらでも。

 ぼちぼちxyz=9関西をやりたいと思っています。
 昨年同様、6月の日曜日がいいかなあ、と。
 関シローは12日(土)、モンキーズは13日(日)なので、ここは除外。

 6/5(土)は福岡で「史上最強のクイズ王決定戦III」があります。
 土曜よりは日曜の方が来やすい(特に高校生)ので、6/5にやるつもりはないのですが、翌日どうするかが問題ですね。

 関西から「史上最強」に参加予定の方、どれくらいいらっしゃいますか?
 また、参加予定の方、翌日どうされます?日帰りもしくは宿泊して観光?

 僕自身、いまのところ参加するかどうかは微妙です。半々くらい。大会自体は面白そうなのですが、「遠征してクイズをやる」ほどの気合があるかどうかというと……。
 ただ、もし行くとしたら飲み会→宿泊→観光、というルートが理想。久々の博多ですし。もしくは広島あたりで途中下車するか(マツダスタジアムは一度行ってみたいんですよね。この日がオリックス戦、というのが渋い)。
 ただ、この日が一番都合がいいのであれば、日帰りも想定しています。

 一番可能性高いのは6/20(日)なのかな。第二候補が6/6(日)、第三候補が6/27(日)くらいで。
 「スタッフやってもいい」という方、日程についてご意見ありましたらよろしくお願いします。

 ……んで、xyz以外の日程でまたフリバ会もやりたいところ。
 ただ、優先順位はxyzの後ですので、まあこれはxyzが決まったあとで。

【注目】血脇先生あたりがかなりいい味出しそうな気がする

 朝日新聞社の分冊『週刊 マンガ日本史』。
 野口英世の回を担当するのは、なんでだかこの人らしい。
 
 これは買ってでもよみたいなあ。
 杉田先生や柿枝さんなど印象的な脇役が多いだけに結構期待。

 なんだけど、この紹介文は秀逸だなあ。

>野口英世が若い女だらけのアパートに下宿したり、渡米先でアメリカ人女性と御都合主義的にキスしたりするシーンが満載なんだろうと確信しております。

 あと「女性が足くじいておんぶ」とかね。

2010年4月11日 (日)

【ご意見募集】新スタイルのクイズイベントについて

 現在、全く新規のクイズイベントの構想を練っています。
 実際にやるかどうか、そもそも実現できるかどうかは全然未確定です。
 細部は全く詰めていません。まだまだラフなイメージ図だけです。
 
 が、まず皆様に
 「こんなイベントがあったら、参加してみたいと思いますか?」
 「面白そう、と感じられますか?」
 「ここをこうしたら、もっと面白くなるのでは?」
 という観点で、ご意見いただければ幸いです。
 
 ちなみに、「名前から思いついた」「最後に下ネタとドヤ顔が待ってる」といういつもの展開ではなく、珍しく真面目に考えています。

【コンセプト】

 「知識勝負」と「早押しクイズのスリル」の新たな融合。
 そして、それを極力「多くの方」に、「多くの時間・量」提供する。

 そのために、「ステージ上でのクイズ」ではなく、かといって「複数会場に分かれてのクイズ」でもない、「参加者全員がずっとクイズを楽しめる」新たなスタイルを考案しました。

【概略】

 ・100人同時参加の早押しクイズ。

 ・新しい早押し機システムを使用。先着のn人が押したところでチャイムが鳴り、問題の読み上げがストップされます(基本は10人ですが、ラウンドによって異なります)。

 ・問題の読み上げがストップされた時点で、押した人も押していない人も、全員手元の回答用紙に正解を書きます。

 ・得点はラウンドによって異なりますが、ベースは下記の通りです。
  1着   →正解+6、誤答-6、かつ早押し6問休み(ボード解答は可能)
  2-n着  →正解+3、誤答-3、かつ早押し3問休み(ボード解答は可能)
  それ以外→正解+1、誤答-1

 一言で言えば、「100人同時の早押しボード、新しいのは”1人ではなく、n人押した時点で問題がストップ”」というイベントです。
 「An×An(4人中2人押したら問題が止まる)の超多人数版」、と言ってもいいかもしれません。

【問題の難易度、長さ】

 各ラウンドにより異なります。
 ベースとなるのは、「早押しボード向き」とされる、「前フリが1~2個あり、最後まで聞けば聞くほどわかる人がじょじょに増える」ような傾向です。難易度的にも、「最後まで聞けば3割近くの人が答えられる」レベルを基本とします。
 ですが、それだけに限定しません。
 
 ・数人しかわからないような、難しい問題、これまであまりクイズに出なかったジャンル・傾向の問題
 ・逆に、参加者の大半がわかるような、スピード勝負の基本問題
 ・「頭の体操」「マジカル頭脳パワー」のような、頭の回転を求めるような問題
 ・「平成教育委員会」のような、学校の教育に近いような問題

 など、さまざまな問題傾向の問題を出題します。

【ルール】

 上記のように、基本は「100人参加」「n人(基本は10人)が押したところで問題がストップ」「全員がボードに回答する」のが基本となります。
 ですが、ラウンドにより、ルールは変化します。また、問題傾向によってもルールが変わってきます。

 ・初心者に限定したラウンド。問題は易しめ。
 ・超難問。その代わり最後まで問題を読みきる。ペナルティも緩め(1回休みなど)
 ・基本問題。その代わり誤答即失格(多分ガラスが割れる音が鳴り響く)。
 ・通常の早押しクイズ。1人が押した時点でストップ、口頭で解答。普通じゃないのは「100人一斉」という点。
 ・長めの問題文を使用。「不正解者」がポイントになる。

 一部の参加者限定ラウンド以外は、「全員」がクイズに挑戦します。
 問題・ルールを変えながら、1日ひたすら早押しボードを行い、その合計点(もしくは順位点の合計)で勝者を決定します。

【早押し機】

 パソコンに接続するタイプの物を新たに開発します(って簡単に書いてますが、ここをどう開発するかが大会実現を左右することは承知の上です)。
 押したn人については、プロジェクター経由で画面に表示されます。
 プラス、1着については、場内カメラで表情を追いかけます。

【得点】

 100人分の得点を管理しきれないので、3人一組による相互採点システムで(要は「隣の人の答案をチェック、それをまた別の人が再チェック」、ということです)。

【会場】

 現実的には「会議室で、全員が前を向くスクール形式」です。
 が、学校の体育館のようにだだっ広いところがとれたら、「全員が輪になる」スタイルもやってみたいなあ。


 ……現時点でのイメージは以上です。
 これを考えるにあたってのクイズ論的バックボーンもあるのですが、そこについてはあえてここでは書きません。参加者の大半は「クイズ論を読んで」ではなく、「そのイベントが面白そうかどうかを直感的に判断して」参加するかどうか決めるわけですし。

 というわけで、上記のようなイベントを「参加したい」「面白そう」と感じるか、また「ここをこうすれば、もっと面白くなるのでは?」という観点で、ご意見いただければと思います。

 ここ1ヶ月くらいずっとこのイベントについて考えていますが、僕にしては珍しく、まだ名前が決まっていない……。

2010年4月10日 (土)

【注目】この時期の検索の楽しみ

 mixiの日記検索で、「クイズ研」「クイ研」「クイズ研 新歓」で検索。
 いくつかのサークルは順調に人が入っているようで何よりです。

 んで、それがきっかけでこんなサークルがあることを知る。
 時代の変遷を痛感。
 しかし、会員10名いるとは。EQIDENフルメンバーで出られるじゃん。

【感想・音楽】FM802コミュにて

 題名:この曲のタイトルとアーティストを教えて下さい m(_ _)m
 本文:♪パーパパパッパ パパパッパ♪というスキャットが曲頭に入ってる曲で、女性ボーカルです。とても気になる曲なので、お願いします


 ↓
 レス:michiのAll about the Girls ~いいじゃんか Party People~だと思います。
 ↓
 本人レス:見つかりました ありがとうございます


 よくわかったなあ。自分は見当つきませんでした。

 まあ確かにスキャット→スキャットマン・ジョン、と連想しやすいんだけど。
 うーん、あれを文字で表すと「パーパパパッパ パパパッパ」なのだろうか。
 とか言いながら自分もどう表していいものか悩むところだけど。

 一瞬「他人の関係」(金井克子)かと思った。パールライス。

2010年4月 8日 (木)

【問題】結構お気に入りなんだけど出題できない

 ・日本初のtwitter公認アナウンサー
 ・「マンガ大賞」の発起人の一人であり、実行委員・式典の司会を担当

 結構興味深い前フリなんだけど、こと自分が出題するとなると内輪感が強すぎて出せない……。
 誰か使ってあげてください。
 しかしいろいろなものに噛んでるなあ。

2010年4月 4日 (日)

【近況】3月レビュー&4月の展望

【3月レビュー】

6日(土)。半日出勤→待望のマジックスパイス(虚空)→ブリーズ阪神。 終了後は韓国料理屋「オール・イン」。チャン・ドンゴンの叔母さんがやっている店。まあ、チャン・ドンゴンの顔と名前が一致しないんだけど。

13-14日。静岡。

20日。前日静岡で一泊→Aにゲスト参加→ニイハオで晩御飯(支店が増えた!)→上弦の月に行こうとするが休み→豚様も休み→軽く一人酒→同じ東横インに泊まっていたオペラオー・YUUとabcトーク。

21日。abc→飲み→昨日とは別の東横イン。

22日。魯鈍をやりたかったがいまいち集まりがよくなく、結局1オブ観戦→ジャーホワ・バーン・MD-onedと豚様→帰宅。

27-28日。静岡。

【4月の展望】

3-4日。烏のオープン例会があったのだが残念ながら法事。静岡でゆっくり。

10日。今のところ予定なし。

11日。フリバ会@新大阪。皆様の参加をお待ちしています。

17日。静岡でSDQC例会に参加。こちらも皆様の参加をお待ちしています。初めてクイズに触れる方・県外の方も歓迎!回転王子・N井くんの企画が今月も炸裂する!(多分)

24-25日。土曜に半日出勤する以外は予定なし。関西プチ旅行か飲み会か。

 早押王などいくつかタスクがあるので、忘れないように一つずつ着実に。

【やりたいこと(to-want-to-doリスト)】

◎西日本早押王・新人王→第一優先。らもりーのサポート。なんせクイジーズスタイルの大会に出るのは初めてなので、プレーヤーとしても出来る限り頑張ります。

○フリバ会→「あまりコストをかけずに、関西のクイズシーンを盛り上げる」試みは今後もやっていく予定。

○クイズポータル→ここ最近ほとんど手付かずでしたが、ある方から助力のオファーをいただきました。もう一度ネジを巻きなおしていきたいところ。

○xyz=9関西→6~7月にやりません?問題・企画は揃っていますし。関係各位と相談。

×Quiz-NA→西日本早押王・新人王の翌日にやりたかったのですが、手が回らず断念……。次の早押王・新人王があるようならば、ぜひ2日開催にしたいのですが。
 ところで3日何かフリバかなんかやりません?もしくは楽寿会。

?xyz第10シリーズ→やる意義は今でも非常にあるんですが、現状の自分として「関東に遠征しての企画」はちょっと厳しい。xyzを取り巻く環境も少し変わってきているので、しばらく考える時間をいただけたら、と思います。
 ただ、続けるにしても今までとスタイル・参加資格などは大きく変えることになるかな、と思っています。ここらへんは近日中にコミュ立ち上げます。

?その他クイズイベント→関西で一つクイズイベントのスタッフをやるかもしれません。ただし流動的。
 あと、「全く新スタイルのクイズイベント」を現在構想しています。これも近日中にどういう構想かはオープンしますが、これまでと全く違う分、必要な準備や機材、企画や問題も変わってきます。もちろん共通する部分も多々あるわけですが、そこについては自分の中でまず一つたたき台を作ってから、いろいろな方の意見を取り入れていく予定です。

 企画者としての意欲も復活してきました。関西にあとどれだけいられるかわかりませんが、悔いを残さないようできる限りのことはやっていきます。

【感想・漫画】1-3月に読んだ漫画

 ABC対策とか言ってる割に結構読んでるな。
 あ、「ジャンプ」「マガジン」「スピリッツ」は別個読んでるので除外。

 まず漫画喫茶。

【1月】

モテキ 1-3
ケロロ軍曹 19
ハヤテのごとく! 22
神のみぞ知るセカイ 7
GIANT KILLING 13
ちゅーぶら!! 4
エンゼルバンク 5-10
さよなら群青 2
そばもん 1

【2月】

陣内流柔術流浪伝 真島、爆ぜる!!1
エンゼルバンク 11
ひまわりっ 13
オニデレ 6
喧嘩商売 19
うそつきパラドクス 2
ビン 5
マコちゃんのリップクリーム 4
透明アクセル 1

【3月】

ケロロ軍曹 20
日本人の知らない日本語 2
ブラック・ジャック 17
鈴木先生 9
らーめん才遊記 1
海月姫 4
未来日記 10
未来日記パラドックス
BILLY BAT 3

 実は「スラムダンク」「ドラゴンボール」「ジョジョ」は一部しか読んでいないので、いずれどこかで時間を作ってまとめて読みたいところ。ただ、日本全国どこでもできると思うと後回しになるんですよね。

 続いて購入。

 君に届け 10
 大東京トイボックス 5
 妄想トリビュート
☆ちはやふる 8
 いい電子 10
 WORKING!! 7

 「ママはテンパリスト 3」は、買ってまで読もうという気にはならんが、漫画喫茶にはまず置いてない。思案中。

【感想・本】3月に読んだ本

 abcや出張で異動が多かったので割と読めた一ヶ月。

【一般】

 世界史の名将たち
 驚異の古代オリンピック
 オリンピックの政治学
 スポーツ語源クイズ55
 スペシャルオリンピックス
 鳩山家四代
☆夜這いの民俗学
 豚肉を極める

 いつもの静岡中央図書館で「オリンピック関連特集」をやっていたので何冊か。古代オリンピックといえばチャリオットなわけで、一度「ベンハー」見ようかなあ。

 「夜這いの民俗学」は下ネタ好き以外の皆様にも是非!性行為に関する見方が少し変わります。とはいえ変わったところで、まあ夜這いが残っている環境ではないので、実践面ではどうもこうもならんのだけど。
 農村で夜這いが行われていたのって、そんなに昔の話じゃなくて、たかだか数十年前までなんですよねえ。なんせ著者が自分で体験した話なので強い。
 とかく神聖視されすぎたり、逆に過度に避けられたりする性行為なんですが、ある意味「生活や地縁に溶け込んだ」「性をみんなで共有する」そんな時代や集団もあったんだなあ、と。
 いや、自分がそこにいたいかというと別問題。「いろんな異性を味見できる」ということは、当然「自分の家族も差し出す」わけで、2010年に生きる自分としては抵抗感が強すぎる……。もちろんその時代に生きていたらそれが当たり前なんでしょうけど。

 あと、バーン(だったと思う)の問題で見かけた「柿木問答」の意味がようやくわかりました。そういえば「この世界の片隅に」でも似たようなシーンがあったな。

【小説】 

 廃墟建築士
☆色即ぜねれいしょん
☆一瞬の風になれ 1-3
 ららら科学の子

 流行るだけあって「一瞬の風になれ」は確かに面白かった。
 abcに夢中になる人には、相通じるものがあると思います。割と古典的なテーマだけど古びていない。
 ところで後藤ってどんなキャラだっけ?最後の方で前泊組に入っていたのですが、どうにもこうにも記憶がない……。

 色即ぜねれいしょん、奇をてらったというよりは王道の「年上の女性とのひと夏の経験未遂」ものではあるんですが、その王道感が逆にいい感じ。
 映画版は見ていないですがネットを見る限り、オリーブの例のシーンはCGの模様。いやそりゃそうだろうけど、技術の進歩が僕らにもたらしたのは「白でも透けない水着」と「それを透けてるように見せるCG」なんだなあ、とふと思う。
 
 にしても、今月出てきたのが「夜這い」と「フリーセックス」。一体自分は読書に何を求めているのだろうか。

2010年4月 3日 (土)

【感想・音楽】こんなところに倉橋ヨエコ

 「ズームイン!!サタデー」の「外国人インタビュー」。
 ジングルで使われていたのが「流星」のイントロ。

 休日の朝に聞く「流星」ってのも乙だ。

 こちら

【近況】blogの方はすごーく久々の更新ですみません

 mixiの方は時々更新してたんですが、blogの方が面倒臭くて更新しそびれてました。
 クローズな場でだけ話す、というのもあまり好きではないにも関わらず。。。
 
 というわけでblogでだけお読みの方については、3か月分一気に更新……という形になり恐縮ですが、気が向いたらお読みいただければ幸い。いつもどおりたいしたことは書いてないですが、ABC参戦記あたりは何かの参考になれば、と。

【注目】命名(エポニミー)

 たとえば例会前のフリバで、後から人が追加になりそうなのでちょっと多めに端子をつないどくとき。
 たとえば大会で、通過クイズとかチャンス席争奪クイズなど、「人数よりも端子が多い」形式をやるとき。

 こんなときのボタンチェックで、空き端子もついでに押してあげることってありますよね。
 親切心で。

 これを今後「ワカバヤシング」と呼ぶことを提唱したい。
 場合によっては「即失格」にもなるので注意されたし。 
 とか書いたら「目隠しして早押し機から5m離れてクイズ、他の人のボタンを押したら即失格」というC級バラエティのような企画を思いついた。

 しかしこれが議員生活の最後ってのも、切ねえ……。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter