« 【感想・漫画】12月に読んだ漫画 | トップページ | 【近況】11-12月レビュー&1月の展望 »

2009年12月31日 (木)

【感想・本】12月に読んだ本

【一般】

 佐山和夫『野球とアンパン―日本野球の謎カウント・コール』(講談社現代新書)
 織田淳太郎『コーチ論』(光文社新書)
☆小倉純二『サッカーの国際政治学』(講談社現代新書)
 橋本健二『「格差」の戦後史』(河出ブックス)
☆いかりや長介『だめだこりゃ』(新潮社)
 山中恒・山中典子『間違いだらけの少年H―銃後生活史の研究と手引き』(辺境社)

 そのジャンルが好きだったらもっと楽しめるけど、そうでなくても興味深い本を2冊。
 『サッカーの国際政治学』、サッカーに興味ある人はもちろん、それ以外でも「交渉」「政治」本として凄く面白い一冊でした。
 『だめだこりゃ』、自分自身ドリフよりも「ひょうきん族」派でしたが、それでも時代史として興味深い一冊。周囲の力をうまく生かしながら成功していった一代記……なんだけど、これ、周りの人(特に他のドリフメンバー)からするとまた違った歴史があるんだろうなあ……高木ブーさんにはあまり裏歴史はなさそうですが。

【仕事関係】

 末松広行『食料自給率の「なぜ?」』(扶桑社新書)
 山崎克雄『海外経営の鉄則』(講談社現代新書)

【小説】

☆北村薫『スキップ』(新潮社)

 あまり多くは語れないんですが、『スキップ』のラストはしみじみするとともに衝撃的。この手のタイムスリップ物でこういう終わり方をしたのは初めて見た……。

« 【感想・漫画】12月に読んだ漫画 | トップページ | 【近況】11-12月レビュー&1月の展望 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/47165729

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想・本】12月に読んだ本:

« 【感想・漫画】12月に読んだ漫画 | トップページ | 【近況】11-12月レビュー&1月の展望 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter