« 【感想・音楽】静岡のアピタの店頭で「ひらがな表記」だったことを初めて知る | トップページ | 【参戦・イベント】KQKオープン(9/23) »

2009年9月26日 (土)

【スタッフ・イベント】賢押杯2009(9/22)

・静岡の実家を6時過ぎに出発。駅まで徒歩30分なんだけど、安の生、じゃない案の定タクシーが捕まらない……かといって前日迎車の予約とれず……というがっくりな理由で始発に乗れず。
 お手伝いは8時半集合。着いたのは8時35分。5分でも遅刻は遅刻。すみません。

・スタッフ、お手伝い、早めにいらしている参加者の方に挨拶。
 ヲくんと久々に会う。
 一言でいろんな思いは伝わるんだなあ。よりにもよってあんな一言で(書斎派の橙にしては珍しく直截的)。
 http://d.hatena.ne.jp/Wobakiwu/comment?date=20090923

・第三部屋に入る。問い読みは昨年と同じくPINKAさん。きちっと仕事される方の上、「昨年と同じように~」という話ができるのはやりやすいなあ。
 得点係はJUNK2さん。オフラインクイズで何度もお会いしている方だけにこちらも気が楽。

・と思ったら「音響用のPCとスピーカー」が到着。ええっ、部屋別で音響使うの?
 後で早押しボード用、ということが判明。ただ、この時点では「自分が早押しボードの司会をやる」ことには気づいておらず。

・部屋の設営を急ピッチで追え、台本を熟読。
 製本してくれたのは有難いんだけど、「ルール」「タイムスケジュール」「台本」の3つを見比べなければならないので、挟んだ指がつりそうに。あたかも「ぐわし」か「フレミング左手の法則」のように。

・司会進行係の打ち合わせ部屋へ。実力的に「どこのオープン大会の準決勝だ」というメンバーが集うが、それよりも凄いのは、大半がクイズイベントの「大会長」「司会」経験ということ。いったいこの進行係達でいくつ大会やったのやら。

 まあ、各部屋についてはチェックできないので経験あるベテランに任せたい、というのもわからんでもない。(かつ、そういう人達は自身のイベントで忙しいから、どうしても賢押杯には「当日だけ」の係わり合いになりがちだし)
 けど、それにしてもいろんな意味でもったいない感。「ノウハウがある人をもう少し別に回した方が」という意味でも、「スタッフ経験のない人に進行を体験してもらう」という意味でも。

・この時点でようやく、自分が早押しボードの司会をやることに気づく。
 あわててルールを読み返す。

・前説。
 昔からネタにしていた「笑点風 客席からの前説」をついにやる奴が出たとは。照明が暗くて顔が見えなかったのは残念。
 というより、主催者以上に会場の注目を集めていた後ろの方はどなたですか一体。

・始問式。
 最近悩んでいることは、ベストスマイルオブイヤーはTSUBAMEさんかアラジンさんか、どっちに投票すべきかということです。
 ところで、ここで「釘宮病」使うんだったら、本戦で「釘宮理恵」使わない方がよかった気も。

・オープニング。畜生、カッコいいぜ。
 これまでも「格闘技好き」のクイズイベント主催者は多々いましたが、「クイズイベントとしての盛り上げ」まで繋げられたのは、すみすさんが随一だと思います。

・ペーパークイズの解答用紙がない……という方がいたので5階までひとっ走り。
 間に合ったからよかったんだけど、フロアに用意しておいた方がいいかな。

・ペーパー開始とともに上へ。早めにトイレへ。ついでに違うフロアのトイレもチェック。
 というのも、「300人超」かつ「企画の都合で、決められた時間にしかトイレへ行けない(問題漏洩の都合上)」となると、「トイレの渋滞」についても思いを馳せなければならないので。
 もし今後、さらに人数が多いクイズイベントをするとしたら、この「トイレ問題」も念頭に置いておかなければならないんだろうなあ。

・いよいよ開始。自分自身ルールをどこまで把握してるか不安なので、噛んで含めるようにルール説明。あと、「やや複雑なルール」を「あまりクイズ慣れしていない方」に対してやるので、「序盤はゆっくりと丁寧に」「終盤はテンポアップ」というのを強く意識して進行。ここらへんは毎度のことではありますが。
 そんなこんなで、1限・2限ともローリングは10セット回す。

・オフラインでの知り合いもちらほら。「知り合いでも初見の方でも、公平に等間隔に接する」いうのが原則なので、あまり話しかけはできなかったですが。
 1限の首席はananクイズサークル「プロアンサーズ」主催のミーくん。危うく本名で呼びかけたり(本人もblogで書いてるけど、似てるし)、「ところで香港は」とか余計な高校生クイズトークを挟みかけること多少。
 2限では、関西から遠征したシルファくんが、よりにもよって橙担当の部屋へ。せっかく「いろいろな人の進行を見て欲しい」と思ったのに、なんでまた。
 そういえば「2年連続フランシス部屋」という方もちらほら。他の部屋では「まともな司会進行」だというのにイレギュラーケースでご愁傷様です。

・予選は滞りなく終了。さてと、早押しボードまで一休み……と思ったら打ち合わせやら音響の準備やら。結局本選一回戦は見られず。
 この時点で「参加者300人強」÷「早押しボードは2部屋」=最大150人が、最大40人収容の教室に入る可能性があることに気づく。Quizzes-2の決勝も同じサイズの部屋でやったけど、そのときは「椅子席で73人」だったからなあ。おいおい、本当に入るのか(消防法についてはとっくにアウト)。
 なんとか入ったのはいいんだけど、相当な人口密度。息苦しかったです。大事に至らず何よりとはいえ、コンプライアンスを考えると来年は検討の余地あり。
 
・早押しボード。
 一般的なハイライトはらべりーにょさんの「フリッシュ」単独正解だと思いますが、個人的にはなんといっても同じくらべりーにょさんの「”可杯”を”抱瓶”と誤答」。
 オフラインプレーヤー(それもベテラン)が集まるイベントならともかく、まさか賢押杯で!!

 誤答とはいえ、聖典「水津康夫のクイズ全書」を研究された様子がうかがえる誤答。そりゃフリッシュ正解するよなあ、と。間違えてなお「凄いなあ」と思わせるのはそうそうないと思います。
 そういえば昔、「ノーメンクラツーラ」を「ペルソナ・ノン・グラータ」と間違えてた人がいたなあ。こちらは「長戸本」。

・準決勝・決勝。
 登場シーンが毎年こなれてきてるなあ。特にベルゲンくんの盛り上げ方は凄かった。
 問題は初期学生系のテイストがやや強め、ところどころ新問混じり……の傾向だったんだけど、それを着実に正解していく解答者の皆様には敬服しきり。ぜひ他のイベントでお手合わせしたい限りです。

・飲み会。
 始めましての方からお久しぶりの方まで。座敷側ではなかったので多くの方とは話せなかったですが、その分一人当たりとゆっくり話せたのはプラス。

・終了後は「今日くらいはすみすさんを褒めちぎってもいいんじゃねえ?の会」、略称二次会。
 最後まで残ったのがすみすさん・またんご・橙(ここまで2年連続)+ham帽・w-redという実にカオスなメンバーだったんですが、最後の最後で同じ飲み屋にこーぢさん・雅也さん・ボラがいたのは驚いた。「ホテルが同じ」ってのは東横インだから有り得る話なんだけど、同じ飲み屋、ってのはなあ。

 ざざざっと書きましたがこんな感じ。
 一言でいえば「お手伝い等スタッフサイドも楽しいよ」と。プレーヤーとはまた違った楽しみ方があるし、「濃密な時間を過ごす」という意味では非常にメリットが大きいです(これに慣れてしまうと、プレーヤー側になったときに手持ち無沙汰な時間を物足りなく感じるくらい)。
 元・参加者→お手伝い&スタッフの方がもっと増えるといいなあ。

 そういえば、「元・参加者で現・メインスタッフ」の方は見かけるんだけど、「元・参加者で現・お手伝い」の人はあまりいないような気も(肌感覚ではありますが)。
 これが正しいとすると敷居がかなり高いわけで、まずは「ちょっと手伝ってみようかな」くらいのところまで敷居を下げた方がいいのかな、とも思います。それでも「当日だけ」だと経験の点でちょっと厳しいので、事前に打ち合わせをする必要はあるんですが。

 ともあれ皆様、本当にありがとうございました&お疲れ様。

« 【感想・音楽】静岡のアピタの店頭で「ひらがな表記」だったことを初めて知る | トップページ | 【参戦・イベント】KQKオープン(9/23) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/46503303

この記事へのトラックバック一覧です: 【スタッフ・イベント】賢押杯2009(9/22):

« 【感想・音楽】静岡のアピタの店頭で「ひらがな表記」だったことを初めて知る | トップページ | 【参戦・イベント】KQKオープン(9/23) »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter