« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

【近況】5月レビュー&6月の展望

【5月のレビュー】

2日(土)。出勤→静岡。

3日(日)。ひたすらxyzの準備。なんとか間に合う。

4日(月)。xyz事前ミーティング→池袋泊。確か「やすべえ」でつけ麺。

5日(火)。xyz=9東京→静岡。参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

6日(水)。魯鈍……だったが結局参加できず。静岡でゆっくり。

9日(土)。関シロー。ワロドムくん企画を堪能。

10日(日)。烏。今回はエロ分やや控え目(当社比)。

16-17日。静岡帰省。

23日(土)。インフル騒ぎの中、結局TSUTAYAとか図書館とか。

24日(日)。xyz準備→ネクステ……がインフル騒ぎで中止…。

30-31日。静岡帰省。県立美術館の粘土遊び体験会へ言ったり。

 イベントスタッフ1日半、イベント参加2日。まあまあの頻度。

【6月の展望】

 これ書いてるのが実は6月20日、ってのは駄目だろう。

6日(土)。xyz準備。

7日(日)。xyz=8関西。

13-14日。帰省。

20日(土)。ブリーズ阪神→念願の富山へ。

21日(日)。富山観光→DRUQS。

27-28日。帰省。タイミングが合えばネクステ飲み会へ。

【やりたいこと(to-want-to-doリスト)】

 ◎xyz準備

 それ以外は白紙。ちょっと充電します。

2009年5月30日 (土)

【感想・漫画】5月に読んだ漫画

【購入】
 
 百合星人ナオコサン 1

 ワイド版の漫画(鈴木先生とか深夜食堂なども含む)って、漫画喫茶での揃えがとことん悪いんですよね。それと4コマはどうしても読むのに時間がかかるので、漫画喫茶よりは購入した方が安上がり。
 そんなこんなで、ブックオフで見かけたので購入。
 にしても、みずしな・小坂以外に本棚に並ぶのがkashmirって。

 次に古川橋のブックオフに行くときには「気まぐれコンセプトクロニクル」買うぞ。
 
【漫画喫茶】

 GIANT KILLING 10
 鈴木先生 7
 喧嘩商売 15
 ビン ~孫子異伝~ 3
 極道めし 4
 変ゼミ 2
 ラーメン発見伝 24
 ハヤテのごとく! 13-19
 論理少女 2
 ユリア100式 8
 涼宮ハルヒの憂鬱 5-7
 深夜食堂 1
 よんでますよ、アザゼルさん。 1
 ちゅーぶら!! 3
 ハックス! 2
 アオイホノオ 2
 みつどもえ 7
 ピカもん 1
 ハチワンダイバー 11
 未来日記 8
 
 立ち飲み→漫画喫茶で1~2時間、ってのが定番ルートになってきました。
 静岡にもメディアカフェポパイ(4~5万冊規模の)できないかなあ……今なら競合ほとんどいないんだけどなあ……。

2009年5月29日 (金)

【感想・本】5月に読んだ本

 ゴールデンウィークとかxyzの移動、インフルエンザで仕事がやや控えめ……なんかの影響で、久々にがっつり本を読めた1ヶ月。

【一般】

 町田健『まちがいだらけの日本語文法』(講談社現代新書)
 難波功士『ヤンキー進化論』(光文社新書)
☆中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)
 荒和雄『よい世襲、悪い世襲』(朝日新書)
 有本香『なぜ、中国は「毒食」を作り続けるのか』(祥伝社新書)
 湯浅邦弘『諸子百家―儒家・墨家・道家・法家・兵家』(中公新書)
 東浩紀『動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会』(講談社現代新書)
 東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2』(講談社現代新書)
 一橋文哉『闇に消えた怪人―グリコ・森永事件の真相』(新潮文庫)
 江弘毅『街場の大阪論』(バジリコ)
 辻真先『マンガで育った60年 現代コミック私史』(東京新聞出版局)

 一番面白かったのは『ウェブはバカと暇人のもの』。いかにも「狙いすぎ」なタイトルではありますが、ネットに対して持っていた違和感やもやもやの根っこが少し見つかった気がします。

 ここの「ネットで受けるネタ一覧表」って、まんまmixiニュースとかlivedoorニュースだよなあ。

【仕事関係】

 佐々木正悟『ライフハックス-鮮やかな仕事術』(MYCOM新書)
 デビッド・シロタ『熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素』(英治出 版)
 吉村 久夫『進化する日本的経営―全員リーダーの時代へ』(日経BP企画)
 成瀬宇平・本山賢司・西ノ宮信一『図説 魚の目きき味きき事典』(講談社+α文庫)

 4月=勉強シーズンだからか、3-4月発売の「ダイヤモンド」「日経アソシエ」の両方がビジネス本特集やってました。どうも「日経アソシエ」の紹介って惹かれないんだよなあ。この点「ダイヤモンド」のくすぐり方は上手いと思います。
 んで、実に有難いのが静岡市立図書館。なーんでかビジネス書の揃えが異常に良く(一方大阪市立は殆どない)、リストアップしたものを検索すると大体ヒット。当面お世話になりそうです。

【小説】

 本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮社)
 舞城王太郎『山ん中の獅見朋成雄』(講談社)
 舞城王太郎『暗闇の中で子供』(講談社ノベルス)
 長嶋有『猛スピードで母は』(文藝春秋)
 乙一『GOTH』(角川書店)

 GOTHは面白いエピソードもあるんだけど、やや同工異曲、の感。

2009年5月28日 (木)

【近況】思いつき(1ヒット0ブロー)

 「ただしイカゲソに限る」

2009年5月27日 (水)

【感想・漫画】古本屋で見かける漫画、見かけない漫画

 やたら古本屋で「ブラッドハーレーの馬車」を見かける気がする。
 漫画関係のブログや評論本ではよく名前があがっていたし、なんせ内容が内容だけに18禁方面で期待して買う人も多かったんだろうなあ。ただ、後者に関しては完全に期待はずれだろうし、前者にしても何度も何度も読み直すかというと……最初に読んだときの衝撃と陰惨さが……。
 とはいえ、「一度は読んでみたい、かつ、読んでよかった」漫画ではあるのだけれど。

 逆に「メジャーレーベルなのに見かけない」のが、『SKET DANCE』と『ひまわりっ』。どちらも大好きな漫画なんですが(『SKET DANCE』は最近漫画喫茶で1巻から読み返してる)、ブックオフ初めとする古本屋ではなかなか見かけません。なんでだろ。

 「一度買った人は何度か読み返す→中古市場に出回らない」
 「単純に、新刊時点であんまり売れてない」
 うーん、後者じゃなければいいのだけれどなあ。

2009年5月26日 (火)

【感想・テレビ】よゐこ部「クイズ研究部」

 こちら

 クイズ番組で「プレーヤーとしての勝負」じゃなくて「問題作成」に焦点が当たるのは珍しい。
 1コーナーで問題作成ネタ、というのはあるにせよ、1番組通してずっと問題を作るとなると、「クイズメーカー」以来でなかろうか。

 ここらへんはささきしげきさんあたりが論評すると面白そう。
 
 ところで「クイズメーカー」の出演者の近況を調べてみたら、いつの間にか「書家・俵越山」になってて驚いたとさ。

2009年5月25日 (月)

【感想・テレビ】「今ちゃんの実は……」(灘vs宇治原・藤本の回)で一番印象的だったこと

「芸術の域にまで達した」タージンのビンゴ司会。
 あのネチッこい司会ぶり、夢にまで出てきそうだ……。

 BINGO司会の達人に学ぼう

 あ、「勝負押し」論だとか、「酢酸らよう頑張ったね、トークを」みたいな話はまたいずれ。

2009年5月24日 (日)

【注目・またまた下ネタ注意←最近多いな】まあベタネタなんだけど

 ビッチまる子ちゃん

 ベタだからこその破壊力。>>6とか。

2009年5月23日 (土)

【感想・本】納得しすぎるくらい納得

 本屋で見かけた本『絆―冬は必ず春となる』

 著者=岩隈久志
 出版社=潮出版社

 思わず「そうか!」と唸りたくなるほど納得。
 他の人の信教をとやかく評価するつもりはないけども。

 今調べたら、コミックトムも潮出版社。知らなんだ。

2009年5月22日 (金)

【感想・サークル】クイズサークル2題

・伝染病の影響で、クイズサークルの例会が中止……というのも、おそらくクイズ界初めてなんじゃないでしょうかね。
 というわけでネクステ関西の5月例会は中止。
 残念ではありますが、慎重になるのも理解できます。

 しかし週末これで一気に暇になったな。プチ観光+企画準備+例会、と考えていたので。
 大阪近辺の観光するのもナンだし、かといっていきなり秋田(行ったことない)とかに遠出するのもなあ。マイルはまだ残ってたハズだけど。
 
 これまで「常になんかしらのクイズタスクを抱えている」状況ではあったんですが、こんな時期に限って現在特にありません。強いていうならQuiz-NAの問題集・ビデオ編集と、次回に向けてのアクションくらいかな。「Quiz Park」は……うーん……。

 QMAの高校生クイズ杯も興味ありますが、もともとゲームセンターの空気があまり得意ではない(雰囲気もさることながら、換気が……特にタバコが苦手なので)&ましてやこんなナーバスな時期に……と考えると、少し足が遠のくなあ。
 とかいって大阪駅前ビルにいるかもしれんけど。なんせ高校生クイズは別腹。

 DS版のQMA、ってのも手か。
 まだやったことない以前にDS持ってないんだけど、どのみちドラクエ9が出たらDS買う予定だし。
 いくつかやってみたいゲームがあるんだけど、いざやり出すとすっぽりハマってしまう性格だもんで、下手に手を出せないところ……。
 
-----------------------

・KQKですが、新入部員が10人入ったとのこと。
 この厳しい環境下、素晴らしい!

 にしても、各例会のタイトルのセンスに性格出てるなあ。
 「はなまる幼稚園」はいいにしても(いいのか)、何ゆえ2009年に初代FF?

2009年5月21日 (木)

【感想・漫画】1巻立ち読み可の本屋にて思いついた新サークル

 活動時間は深夜0時から朝の7時頃まで。人は「深夜問答」って言ってるよ。
 参加者が来るかって?それが結構来るんだよ。
 
 メニューはこれだけ。7○3×にペーパー、タイムレース、ボード。
 あとは勝手に注文してくれりゃあ、できるもんなら作るよ、ってえのがオレらの活動方針さ。

 1問目はもちろん「料理研究家の尚/道子~」

2009年5月20日 (水)

【近況】関西人なら許してもらえないだろうか

 「マスクつけて行きます」って事前に連絡しておいて、
 デストロイヤーみたいなマスクつけて、いざ商談へ。

 って、みんな同じこと考えてて、そっちのマスクが売り切れてたりはせんだろうな。
 7年前に使ったやつなら押入れの奥に……。

2009年5月19日 (火)

【注目】不謹慎なのが問題ではなく、面白くないのが問題だ

 『クイズマジカルパンデミックⅥ』

 「次は感染した生徒さんです。」

 エンデミック(地域流行)とエピデミック(流行)という単語をWikipediaで知りました。
 順番当てで出そう。ってまた不謹慎な。

 にしても、お仕事関係でも対応が一歩進んだ感、です。

 ・マスクをつけての商談。聞き取りにくい……。
 ・「他地区→関西地区の出張自粛」はまだしも、「関西地区→他地区の来客も遠慮頂く」さらには「関西地区に出張した社員は、騒ぎが収まるまで関西で待機」という会社もあるとか。ここまで来るとちょっと人権問題、な感も。

2009年5月18日 (月)

【近況】モテ期

 モテ期到来。
 「女性と手をつなぐだけで、別の女性からチェックが入る」状況。

.

 ……想人(来月6さい)が。
 (上記の話は、女の子のママさんが妻に話した内容)
 おいおい、ヤキモチ焼きキャラまで完備ってか!

 これが生涯続くのも心配だが、かといって生涯唯一のモテ期が年中~年長さんってのは不憫だしなあ。うーん。

2009年5月17日 (日)

【主催・イベント】Quiz-NA・橙提出問題を振り返る(その3)

 「その1」(社会人篇から10問)

 「その2」(学生篇から5問)

 というわけで残り5問。

(6) 毎日コミュニケーションズ、学情、リクルートが運営する就職活動ポータルサイトに、共通して後につくカタカナ2文字は何でしょう?(ナビ)

 昔の仕事関連の問題。就活前後の人を狙っての出題で、要は「マイナビ」「学情ナビ」「リクナビ」ということなんですが、東西ともに「リクナビ?」「就職情報サイト?」という誤答。ちょっと不親切だったかも。
 ちなみに、「ダイヤモンド就活ナビ」「日経就職ナビ」「ネオキャリア就職ナビ」ってのもあります。

(7) 韓国版では主人公の名前は「キム・ジョンイル」となっている、金成(かなり)陽三郎原作・さとうふみや作画の漫画で、名探偵を祖父に持つ少年・一(はじめ)の活躍を描いたのは何でしょう?(「金田一少年の事件簿」)

(8) 1983年には北海道北見市の観光協会から「第1回たまねぎ大賞」を贈られている、著書『窓ぎわのトットちゃん』やトーク番組でおなじみのタレントは誰でしょう?(黒柳徹子)

 両方とももはや「小細工不要、ネタ自体の味で勝負」といった形の問題。

 今回はサクサク進行を心がけていたんですが、さすがにキム・ジョンイルは説明入れました。テジョン(大田)市の「ジョン」、ってことですね。
 参考

 「テレバイダー」のスタッフが北見市の大賞のことを知っていたのかどうかが気になる。

(9) 人とコンピュータとの「調和」と、「ワールドコンピューター」という意味をこめて命名された、パソコンのペンタブレットのシェアNo.1を誇る会社は何でしょう?(WACOM(ワコム))

 これも「ある分野の人にとっては当然の基礎知識」を狙ったもの。そういえば嫁は「マウスの音で子供が起きる」のを嫌ってペンタブを愛用してます。

(10) "Mexican hat dance"という曲の一部を引用してキダ・タローが作曲した、ある芸人のテーマソングは何でしょう?(「アホの坂田のテーマ」(「アホの坂田」が出れば○))
 
 今回は元が関西での開催ということもあり、意図的に「関西っぽい問題」を出しました。他にも「東大阪市が合併したときの事務局長=塩爺」「幸田露伴の弟・成友(しげとも)が大正時代に初めて用いたとされる=天下の台所」とか。

 このネタがメジャーになったのは「ナイトスクープ」……ってことは、「千枚通し」(桂小枝が調べたところ、実際には678枚の紙しか貫通できなかったという~)以来久々の「ナイトスクープ」問題だな。

 まあ聞いてみてくださいな。
 かなりポピュラーな曲みたいで、youtubeではライブや学芸会の模様がかなり上がってます。
 こちら 

2009年5月16日 (土)

【主催・イベント】Quiz-NA・橙提出問題を振り返る(その2)

 「その1」を1月に書いて以来だいぶご無沙汰ではありますが。

 前回同様、「橙が提出した問題」のうちお気に入りのものを。

(1) 現在シリーズ売上100万部以上を記録している、令丈(れいじょう)ヒロ子の児童向け小説で、春の屋旅館で修行する小学6年生・おっこを主人公とするのは何でしょう?(『若おかみは小学生!』)

 「中高生には中高生の共通知識があるだろう」というところで意図的に入れた問題。僕らの世代で言えば「ズッコケ3人組」みたいな問題が出したくて、今ならなんだろう、と探していたところ本屋で見かけた問題。「パスワード」シリーズ、ってのもメモには入れていました。
 東日本ではスルーでしたが、西日本では会場の「なんじゃそりゃ」という雰囲気の中、見事に中学生が正解。公平性から行くと難アリ、という見方もあるかもしれませんが、当方の狙い通りの結果でした。

(2) 日本の若手作家で、いしいしんじ、万城目学(まきめ・まなぶ)、森見登美彦(もりみ・とみひこ)といえば、いずれも出身は何大学でしょう?(京都大学)

 まさに「イカ京」文学。
 「鴨川ホルモー」にせよ森見作品にせよ、そもそも舞台が京都大学周辺であり、読んだことがあれば確実にわかる一問。

(3) 最近ではABS樹脂の使用によりこれが使われていないものもある、ガンダムなどのプラモデルにおいて、関節をくっつけるための短い筒型の部品を何というでしょう?(ポリキャップ)

 よく櫻庭も話題に出すんですが、「ウェザリング」よりもプラモデル好きにとって「当然」の知識はあるだろうよ、と。ガンプラ作ったことがある人で「ポリキャップ」を知らない人は皆無でしょうし。
 当時小学生の僕にとって、ポリキャップの登場はかなり衝撃的でした。

(4) 元フジテレビの佐藤大輔が第一人者として知られる、「DREAM」等の格闘技イベントでの選手紹介映像を俗に何というでしょう?(煽り映像、煽りVTR、煽りV(「煽り」が出ていれば正解))

 「そのジャンルの愛好者の日記を読むと、何の注釈もなく当然のように出てくる一般知識」。こういう単語をもっとクイズに出していきたい、と思います。

(5) 過酷なる「千の海」を「太陽」の様に陽気に越えていく、という意味の名前がつけられた、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』に登場する海賊船は何でしょう?(サウザンドサニー号(サニー号だけはもう一度。ゴーイングメリー号は違う船なので×))

 知っている人が多い割にクイズに出ない題材。出題者がどうしても30代前後が多い、というのがあるかもしれませんが、「ドラゴンボール」等の頻出に比べると「ONE PIECE」はことクイズについては不遇な感あり。

 今回取り上げたのがややジャンルが偏ってますが、それ以外のものも出してますよ、と予防線。
 もう一回くらい書きます。例の「少年探偵」問題もあることだし。

2009年5月15日 (金)

【感想・食】「みなみ」復活

 マイ・ソウルフードの一つ、「みなみ」。
 以前日記でも書いた通り2度ほど空振りしてたんですが、今回はアタリでした。久々に堪能。

 つーか、最近僕が行ったときに閉店してた理由が、(冗談かもしれんけど)「麻雀」だったとは……。

 飲み屋については静岡はあんまり恵まれてない、というか大阪・天満周辺が恵まれすぎなんだよなあ。。。立ち飲みで日本酒を飲む習慣がすっかりついてしまったので、これで静岡に戻ったらどうしよう、という感じです。家飲みかな。

2009年5月14日 (木)

【提案・サークル】「地方クイズネットワーク」コミュ

 クラッチくんが、mixiで下記のようなコミュを立ち上げました。
 (mixi環境がない方には申し訳ないですが)

 地方クイズサークルネットワーク
 
 以下、あいさつ文の一部を抜粋。

-----------------------

地方に存在するクイズサークルの交流を目的としたコミュです。

全国にはさまざまなサークルが存在しますが、問題、企画、例会の参加人数、新規会員獲得等、サークルを運営するうえで問題を抱えることが多いと思います。

また自分の地方にもクイズサークルを設立したいけれども、どうしていいのかわからない、上記と同様の問題を抱えることになりそうで不安など、いろいろ悩まされることがやはり多いと思います。

そこでこのコミュを通して…

・問題・企画の相互利用、提供
・例会のサポート(例会開催のための遠征など)
・地方サークル間の定期・不定期の交流戦、ミニ大会開催
・新規サークル設立への協力(問題、企画、人員のサポート)
・その他、上記以外で可能なこと

などを行なうことによって問題を解決していき、同時に地方サークル間の交流を深めていければと思っております。

既存の地方サークルやその地方に在住する方、またはまだサークルがなく、これから設立しようとしている地域、またはそこに在住の方は是非ともご参加ください。あと地方の大学サークル、中学高校サークルもOKです(てか中高生はコミュに入れませんが…)。

首都圏や関西圏の、既に多くのサークルがあり、それなりの人口を抱える地域に在住の方の参加ももちろんOKです。特に首都圏、関西圏で地域密着型のサークルを運営されている方やその構成員は是非。

-----------------------

 趣旨に全面的に賛同したので加入しました。
 当方が今まで提案してきた下記のようなところをうまく整理して、実際のアクションにつなげられる形で当コミュで再提案できたら、と思っています。もちろんそれ以外のことも。

 「企画共有化
 
 「理想のサークル運営
 
 「サークルの適正人数
 (リンク先の下の方)

2009年5月13日 (水)

【近況・ある意味下ネタ注意】1年5ヶ月越しのリベンジ

 昨年の1/21に書いたこの日記をまずはご覧下さい。
 
 その上で、リベンジがこちら。
 下ネタ注意、つーかそもそも「下ネタ苦手」という人は、これの元ネタからも相当縁が遠い気もするのだけれど。。。

----------------------

ぼくはみたんらよお゛お゛お゛ぉ。いぃちぱんみたかったのぉおお、るーべんしゅのぉおおにまいぃのぉおおえを。
らから、らからぼくはひぃましゅぅぅぅご~くしぁああああぉわせにゃんらよお゛お゛お゛ぉ。
ぱとらっしゅ…。ちゅかれたろ…。ぼくもちゅかれたんら。にゃんらかとてもねむいぃんら。
ぱとらっしゅ…。

ひぃぃぃっ、いぐいぐいぐいぐ、るーべんしゅのまえで、てんごくいぐっ、てんし、てんしてんしきちゃううううう、ら、らめぇぇぇぇぇ!!!!

----------------------
 
 一部、こちらの「みさくら語コンバータ」を利用しました。
 
 最後の一文が書きたかっただけだろ、だって?
 もちろん「(  ?  )」だ。

 
 【問】
 最後の(  ?  )に入る言葉は何?

2009年5月12日 (火)

【注目・下ネタ注意】本屋で思いついたこと

 この手の話だと「女性閲覧注意」みたいなことを書く人がいるんですが、女性でも下ネタが大丈夫な人もいるし、男性でも下ネタが駄目な人もいるし、男女差ではない気がするんですよね。
 まあ、もっとも僕が話すタイプの下ネタが、なんら自分の体験に基づいていない「書斎派」下ネタだからですが(某クイズ王直伝。ちなみに別のクイズ王からは「実践派」下ネタを伺ったことがあるが、そちらは全く身につかず)。実体験準拠系の下ネタだと、「自分が性の対象になり得る=生々しい」ってのは確かにあるかもしれんなあ。

 まあ、ともかく下ネタがあまり得意ではない方はスルー推奨。


 
(そのいち)

 車とかバイクには興味ないんですが、「車・バイク雑誌の表紙の女性が誰か気になって、つい目次を探してしまう」ってこと、ありません?え、少数派?
 それにしても、車・バイク雑誌の目次ってなんであんなに見つけにくいんですかね(広告が多いので、相当数めくらないと目次が出てこない)。そういうマーケティング戦略なんだろうけど。

 んでね、一部のバイク雑誌で時々見かけるのが、「バイク+女性のヌード」ってグラビア。これは他の雑誌では見かけない。隣接ジャンルである車雑誌でも見たことがない。でもバイク雑誌でだけは見かける。これは一体???

 これをクイズに無理矢理当てはめると。

 「早押し機+全裸」
 
 ……デペイズマンになるかと期待したが、単なる罰ゲームつーか、お笑いウルトラにしか見えない……。
  
 ところで今日気になった表紙の女性、後で調べたら「藤浦めぐ」でした。藤軍団かよ。
 


(そのに)

 本屋を歩いていて、新たなビジネスモデルを思いついた。
 
 商品化すれば、それなりの売れ行きは見込める。
 ただ、時事的要素が強いため腐るのが早すぎるのと、リピーターはあんまりつかなそうなのと、さすがに本業を持ってる身としてはなかなか商売にまで結び付けられない……という理由で、自分で手がけることはさすがにできない。

 しかし、「愛のある性行為」をPRするという崇高な理念と、「それなりに売れそう」という実益を備えている点、チャンスがあるビジネスモデルと判断する。もしこれを読んで「じゃあ私が商品化する!」という方がいたら、ぜひお任せしたい。 
  
 【コンセプト】
 ・性の乱れが問題視されるこの時代、あえて「愛のある性行為」を主張
 ・人気イケメン俳優に便乗
 ・戦国ブームにも便乗

 【商品詳細】
 「愛」と先端に書かれたコンドーム
 (着用時はパートナー側に「愛」の字が向くようにご着用下さい)


 ググッた限りではまだ商品化されてません。
 横山まさみちイズム(弓月光イズムでも可)を引き継ぐキミ、今こそ商品化を!

 使用例:「ほーら、僕のカネツグがお前のカゲカツ様に……」(←BLにも対応)

2009年5月11日 (月)

【感想・食】逆きつねうどん

 奈良で話題の「逆きつねうどん」とは?

 「ミスター味っ子」に出てきそうなアイデア。
 寺沢大介先生が一枚噛んでいるのではなかろうな。
 一馬のはカレー味、とかそんなん。

 奈良には仕事で週一で行くのですが(今日も御所に行ってました)、車で行くことが多いので、奈良駅前はほとんど手付かず。
 休日にもちいどのやならまち(ひらがなだと視覚的にわかりにくいな)辺りをぶらぶらしたいところ。

2009年5月10日 (日)

【参戦・サークル】5/10 烏 09年5月例会

・くりすの文学ペーパー。
 直木賞・芥川賞・江戸川乱歩賞受賞作のタイトルから作者を当てるというもの。

 昔「○○で△△賞を受賞した」という問題を量産していたこともあり、トップ取れたのはまあ良い。
 ただ、重松清の名前が思い出せなかったり(田村章は出てきたのに!ちなみにhalさんは「ブルボン小林は出てくるのに……」とギリギリまで悩まれてました)、さらに痛恨なのが「読んだことがあるのに答えられない」ということ。

 「きれぎれ」読んだのに……。町田康は何冊か読んでいるのでさらに痛さが倍増しで斬られて候。くっすん。

・早押し、スピードでは山しん達には全然勝てないなあ。
 とはいえ昔とった杵柄でなんとか2勝くらいはできたような記憶。 
 知識がどんどん風化してきているので(それこそ「きれぎれ」に←うまくない)、忘れた分以上の知識を入れていかんとなあ。

 終了後は「早押王」「新人王」の打ち合わせ。酒を入れる気分でもない、ということで枚方市駅の「王将」へ。食べられる量もだいぶ減ったなあ(まあ、ダイエット目的で意図的に食べる量を減らしてきたというのもあるんだけど、それでも前は「食べ放題とかたくさん食べる場面には合わせられた」んだけどなあ。)。
 ここでも衰えを痛感。まあ、若作りしてても2の5乗歳だしなあ。

2009年5月 9日 (土)

【参戦・サークル】5/9 関シロー 09年5月例会

 書こう書こうと思いながら2週間立ちました。機長すまん。

 今回の企画者はワロドム機長。
 相変わらず、時事・芸能だけではなく経済とか国際・地理問題で良問が多かったです。どこかでオープンにしないもんかな。
 
 結果は昨年に続きZukaとの決勝、2連覇達成。
 特に英語クイズで1位とれたのは嬉しかったなあ。

 出題者:まず英文で2度読む.→そのあと日本語で1回読む
 解答者:まず日本語で回答。正解+1。→その後英語で回答。正解+4。→答えられなかったら他の人が早押しで答えて可。正解+4。
 ……というルールで、クイズで答えられても英語が答えられないと点数が全然伸びず、かといってクイズに答えないと英語にチャレンジすらできない、という点で上手いルール。答えになる単語も「他の知識から類推できるような英語」が多かったしね。

 で、機長の英語が聞きやすいんだ。ネイティブな人が無自覚で使うのとは違う、「コミュニケーションのための共通語」としての英語。そうそう、確かに仕事で接する方の英語もこんな感じ。

 あと、機長も掲示板で書いてますが、あの予選ポイントのシステムはかなり面白い。
 http://6211.teacup.com/ssk2/bbs
 ・トップの人は100p
 ・2位以下の人は、「得点がトップの人の何%だったか」がそのままポイントになる。たとえば1位が20点、自分が5点だったら、25%なので25p、というように。
 難点を言えば「複数セットをやる場合、誰と当たったかや展開によってのブレがある(一人飛びぬけて強い人がいると全体的に低くなるし、団子レースになったら全員点数が高くなる)」という点かな。なので、「10人くらいの少人数で、コース分けせずに全員が同じ形式に取り組む」タイプの例会だとかなり相性が良さそうな気がします。

 終了後は会長夫妻を囲んでの2次会。 
 淡路はあれだけ交通の便がいいのに、「ある程度人数が入れる居酒屋」が少ない感。

2009年5月 8日 (金)

【QMA】クエストなんとか全クリア、な話

 なんとかクエスト全クリアしました。
 
 ライフスタイル、社会、文歴はもともと得意分野。
 なんせ「90年代チャンピオンシップ」というイベントをやろうとしてたくらいだから、ノンジャンルの「90年代」もほぼ死角なし。
 
 普段日記で書いているテーマで多いのが「野球」「音楽」「漫画」で、きれいに残りの「スポーツ」「芸能」「アニゲ」に該当してます。
 ので、実力テストに関してはなんとかなるだろう、と。

 しいていうと一番苦手意識があるのが理系学問。なんせ中学最初の生物のテストで24/50点とって以来、5教科受験から逃げ出すくらいの理科嫌い。結局高校は3教科で行ける私学を選び、その結果入った高校は附属高だったので試験範囲ギリギリしか勉強せず、んで大学は経済学部……。一時期はクイズ用に毎月「Quark」(懐かしい!)読んでたけど、焼け石に水だよなあ。
 ただ、クイズ知識があるんでこれまたなんとかなるだろう、と。化学の教科書知識はわからんけど、モルヒネの発見者ならわかるぞ、と(駄目だ)。

 まあ、各ジャンルとも最初のクレでまずAとって、あと1~2クレの間でSとってクリア、という感じでした。ただここらへんはめぐり合わせの要素が強いよなあ。
 アニゲが鬼門、という声も聞いていましたが、個人的に「漫画」は得意ジャンルなのでなんとかなるだろう、と。ちょっと手間取りましたが4クレくらいだったかな。
 個人的な鬼門である理系学問は、3クレくらいで問題に恵まれてなんとかなりました。

 なんともならなかったのが、どういうわけか芸能。
 「音楽」でチャレンジしてたんですが、10クレでなんとか達成……。
 腐れ芸能は自分の武器だと思っていたので、自分でも意外。ここ最近の音楽にすっかり疎くなっちまってるせいか、単純に引きが悪かったのか。Aとった後でもやたら○×出てたしなあ。

---------------------
 
 なお、オンラインの成績。
 魔力ポイントは2950くらい。これがどういう意味があるのか、いまいちよくわかってない……。

 正解率を見てみると、トータルで70.9%。一番高いライフ・社会が約76%で(文歴ではないのが実に橙っぽい)、底のアニゲが約66%くらい。思ったよりアニゲ悪くないなあ。
 こういうの、その筋ではどう言うんだっけ。
 「ばたぃゅ!」(もしくは「らかぃゅ!」)
 「ぁんらまんゅ!」
 (2ヒット0ブローしかしてない)

2009年5月 7日 (木)

【QMA】5文字の並び換え(それも人名)なのに正解率6%

 「ハイスクール奇面組に出てきた、婦組のリーダーは?」

 あまりの懐かしさに噴きました。
 元ネタの人はすっかり中堅女優だしなあ。
 このまま行くと追加メンバーの「雪中路まみ」とかも出るのではなかろうか。
 
 しかし確かに良問だわ。
 全く知らなくて初見でこれ正解できたら大したもんだと思います。
 なんせ、普通なら最後につくべき一字が、この問題の場合は最初に来る!

 あ、賢者になりました。
 タイトルロールの問題作成者欄を見て複雑な気分に……。

2009年5月 6日 (水)

【感想・音楽】なぜか突然川本真琴

 どういうきっかけか忘れましたが、久々に川本真琴を。

 「1/2」 

 「愛の才能」「DNA」「1/2」は大学2年の頃、クイズにも恋愛にも一番ガツガツしてたとき。
 学連とかデートとかに川本真琴聞きながら行った記憶があります。
 嫁は「あの手の声は好きじゃない」とあっさり切り捨ててたんだけど、その嫁が好きなのは華原朋美、ってのはどうなんだろう。

 「桜」 

 ちょっと間があいて、「桜」はまさに就職活動のとき。
 まさに前の会社への就職試験、この曲を聞きながら行ったなあ。銀座線京橋駅から裏道通って歩道橋渡って某社に行く風景、未だになんとなく覚えてます。

 「やきそばパン」

 「一人ぼっち」と聞くと、続く言葉は未だに「屋上でやきそばパンを食べたい」だなあ。
 
 それにしても、

 「1/2」(中川翔子カバー) 

 この違和感のなさは凄い……。
 
 それとボーケンイエローもカバーしてました
 
 もっと酷いかと思ったんですが、想像よりはまだ悪くない。
 ただ、歌の上手下手よりも、音源のチープさに失笑してしまう……。 

2009年5月 5日 (火)

【xyz】xyz=9東京、無事終了しました!

 5月5日(祝)、xyz=9東京を開催しました。
 生憎の悪天候の中、参加いただいた79名の方、本当にありがとうございました!
 
 毎回「いつまで続けられるのかわからない」と思って臨んでいるんですが、「初めてのクイズ」を楽しんでいる方々を見ると、「またやりたい」と改めて思います。
 いやPR向きの美辞麗句ではなくて、「自分が好きなことを、初めての方に味わっていただく」というのは、実際に快感なんですよ。あまりメジャーな趣味ではないだけに余計。
 
 節目のxyz=10に関しては、今のところ検討中です。
 現在のxyzの形はある程度は完成されてきていますが(大会内容にせよスタッフワークにせよ)、あらためて「構成」「参加資格」「地域展開」「スタッフ確保」などを考えていく必要があるのかな、と。xyzだけではなくて、他のイベント・サークルとの連携も含めて。
 しばらくタスクは少なめなので、ゆっくりと考えてみます。皆さんからの意見もお待ちしています。

 次はxyz=8関西ですね。6月7日(日)の開催となります。こちらの参加もお待ちしております!

2009年5月 4日 (月)

【サークル・告知】劇団「魯鈍」(仮) 5/6に池袋で例会やります!

 かなーり急ですが、5/6(水・祝)に魯鈍の例会やります。
 池袋にて13-17時の予定です。

 興味がある方はメッセージかコメントください。
 ただ、僕自身が行けるかどうかかなり微妙。。。

2009年5月 3日 (日)

【注目】そういうBLジャンルもあったのか

 あるマイミクさんがお風呂関係の話をしていた。
 湯船につかるか、シャワー派か、みたいな話。

 んで、それに寄せられたコメントの一つに、湯船を「湯舟」と表記してるのがあった。
 湯舟っていったらなあ、風呂というよりは、本田技研鈴鹿→阪神だよなあ。

 と思って検索したら、googleの「他のキーワード欄」に目をひくワードがありました。
 「湯舟受け」。
 ……ええっ、90年代阪神にも腐女子って進出してたのか?
 あの眠そうな目がいいとか、カプ相手が郭李とか弓長とか田村とかそんなん?

 怖いもの見たさで「湯舟受け」をクリックみると(←32歳子持ち)、
 「赤星総攻め」
 「江夏総受け」
 と、時代的にも留まるところを知らない模様。江夏が受けとは……恐ろしい子!

 ……というところで「ルーキーズ」の存在を思い出しましたと、さ。納得納得。
 もっとも森田調の同人誌が飛び交ってるとすればそれも凄い話だが。

2009年5月 2日 (土)

【QMA】悲愴

 「高校生クイズ」問題で誤答したときの衝撃ときたら、もう。
 ここまで辛いとは思わなんだ。
 なんせ昔さんざん記憶した問題群だもんねえ。チェックマーク入れまくった公式問題集の霊に祟られそうで怖い。

 「文系学問」で単独誤答したのを遥かに上回る悲痛。
 自分のレゾン・デートルを自分で勝手に全否定。
 16年前の自分に復讐されとる。。。
 

 あと、ここ最近の高校生クイズの問題は、やはり文章がどうも馴染めん。
 特に「○○は××。△△は?」というように、パラレル問題で接続詞を入れない奴。
 あれは福澤なりラルフの読みがあるからまだマシな部分があって、文章で見るとパラレル以前に題意がよく理解できなくて、何度か読み返す羽目に。
 まあ、慣れの問題かもしれないけど。

 などと文句を言いながら、「QMA×高校生クイズ」のタイアップは、特に高校生クイズに影響を受けた世代からすると非常に嬉しいです。ちょっとワクワクしてます。
 
---------------

 あと、問題アップロード直後のせいか、ここ数日は以前と比べると予選を抜けるのが簡単になった感があります。拍子抜けするくらい(アニゲを引く率が下がったのも一因か)。決勝になると対策不足が目立ってくる=2~3位連発なんだけどね。
 初見の問題が増える→知識勝負になる→オフラインクイズ系の人が有利、という図式なのかな。まだ「オフラインベタだけど、QMAでは知られてない」という問題がいくらかありますし。ここらへんの「ベタの違い、対策分野の違い」というのは結構興味深いです。
 まあ、これもすぐに逆転されて、「QMAではベタだけど、オフラインでは知られてない」問題をバカスカ落としまくるんだろうなあ。勉強してないもんなあ。

 それと、サツキ先生復活により、ユウのキャラがあまりに立たなくなり非常に不憫です(っていうかあまり見かけない気も)。すぐにラスクとごっちゃになる……。

2009年5月 1日 (金)

【感想・漫画】大亜門好きしか反応しなそうな話だが

 「バクマン。」で主人公を担当する「服部哲」。
 フルネームは「服部ジャン=バティスト哲」さんだそうで。
 ……「太蔵もて王サーガ」のバティじゃん!
 
 外見が全然違うと思ったら、外見のモデルは「齊藤優」さんだそうで。
 ……「太蔵もて王サーガ」の有藤じゃん!

 <参考>
 バクマン。
 
 齊藤優
  
 「バクマン。 ジャンプ編集部に『服部哲』は2人いた…だと…?」
 
 一番下の記事、写真8はもう少しいい写真使ってあげりゃいいのになあ。
 お疲れ気味の顔に激務が伺えます。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter