« 【感想・本】12月に読んだ本 | トップページ | 【近況】12月レビュー&1月の展望 »

2008年12月30日 (火)

【提案・イベント】イベントでの「本名/ハンドルネーム」問題~「イケフジング」の提案

 「【スタッフ・イベント】2連戦を振り返る・その4~イン・ザ・ネイム・オブ・ラブ」の続き。

 これは「新人王/早押王」だけではなく、クイズ界全体に向けて提案したいことがあります。
 参加者の「名前」……本名を名乗るか、ハンドルネーム(以下HN)を名乗るか……についてです。

【イベントの現状】

 最近、「HNでも参加可」の大会が増えてきました。以前からFQUIZ系を中心に散見されたのですが、最近ではイントロ系、QMA系、さらにはそれ以外のイベントでもちらほら見られるようになってきています。
 とはいえ、まだまだ量から言えば、「本名を名乗るのが前提」のイベントが多数派です。

【参加者側の現状】

 xyz等の経験から主張したいのは、「本名を名乗るくらいなら、クイズイベントにはわざわざ行きたくない」という「本名忌避」の方々がいる、ということです。特に「まだクイズを始めていない層」「クイズを始めて間もない層」については。
 
 以前と大きく変わってきていることは、ネットの存在です。「ネット経由でクイズに入る人が多数派で、非ネット経由で入る人が減ってきている」かつ「ネットの世界は、HNが基本、本名を明かすよう求められることは少ない」ということです。
 で、ネット上でのHN使用は当然ですが、オフ会など実際に会うときでも、基本的にはHNを使ってのやりとりが基本になります(少なくとも僕が参加したオフ会はそうでした)。もともとネット上での付き合いがHNをベースにしている以上、わざわざ本名に切り替える必要性もあまりないわけですし。
 一方でクイズ界のイベントの多数は、未だに入り口で「本名を名乗ること」を要求しています。ネット関係の他の諸趣味と比較して見たとき、これは初心者にとって「余計な参入障壁」になっている、というのがxyzの経験から言えることです。

 もちろん、クイズに対して凄く意欲がある人は、本名に抵抗を持っていたにせよずんずん入ってくるでしょう。でも、そういう人ばかりでもない。
 「クイズには少し興味がある。でも、本名を人前で名乗るのはちょっと……」という、「本名忌避>クイズへの興味」という層は確実に存在します。特にネット経由では!!
 であれば、それが現時点ではたとえ少数派でも、参入障壁はとっぱらっていっていきたい。「この世界に興味を持っているか微妙」だからこそ、そういう人に、「まず来てもらう」ためにも、余計な障壁である「本名」義務化は撤廃すべき(もちろん本名を名乗りたい人の自由も保障する)、というのが僕の意見です。

 なお、「新人王/早押王」では、本名と「当日名乗る名前(本名でも可)」の両方を聞いています。参加資格の確認、という意味で本名が必要というのがその理由です。が、xyzではさらに一歩進めて、「スタッフに対しても、一切本名を名乗らなくても参加可」としています。これは上記の「参入障壁を可能な限り低くする」という考えに基づくものです。

 この「本名忌避」の動きは初心者に限ったことではありません。既存プレーヤーにとっても、「ネット上に本名が乗るのは避けたい」というニーズは、今後一層強まると予想されます。で、「当日は本名義務化だが、Web上ではハンドル可」というやり方もありますが、当日の模様がWeb上にアップされることがありえます。
 一心精進はまだ主催者側の働きかけでコントロール可能ですが、mixiやblogについては(「ここを勝抜けたのは○○さん、△△さん」など)、主催者のコントロール外になりますし。考えすぎかもしれませんが、「そういう場面でも名前が挙げられるのはイヤ」という人が増加する可能性はありえます。
 現に僕自身、仕事の都合上、数年後になると「本名がWeb上に出る」のは極力回避しなければならなくなる見込ですし(現時点では「自分からはWeb上では本名を名乗らないけど、出たら仕方ないか」くらいですが、そうも言っていられなくなる)、そのリスクを考えると「当日、会場でも本名を名乗れない」=「本名を名乗る必要があるくらいなら、クイズの場に出られなくなる」事態も考えています。
 
 話が長くなりましたが、「本名を名乗るくらいなら、クイズイベントにはわざわざ行きたくない」という層がいること、本名義務化にするということは、そういう層の参加がなくなること……というのは、皆さんにもご理解いただければ幸いです。

 また、「本名・HNどちらでもいいが、選べるのならばHNで出たい」という層は確実に増加しています。上記の「本名を名乗りたくない」というネガティブな理由ではなく、「本名よりもハンドルネームの方が、自分を示す"記号"としては認識されている」というポジティブな理由で。
 これはQMA・AnAnからクイズに入った方だけではなく、ネット経由で入った方にとっても同様です。ネット上ではHNを名乗る人が圧倒的多数なわけですし。で、「その人の存在を知ったときの名前」で呼ぶのが定着しますよね(それこそ、はんちょさんにせよミキモトにせよ他の関西ネクステメンバーにせよ、本名知ってるけどHNで呼んでます)。

【企画者側の現状】

 おそらく大半の企画者の方は、この「本名/HN問題」について、そこまで意識していないのではと思っています。今までのクイズイベントが本名ベースだったので、そのままそれを踏襲している、という方が大多数でしょう。
 しかし、中には「HNでも参加可の大会があることも、本名を名乗りたくない人がいることも知ってるけど、それでも自分の大会は本名を義務にしたい」という主催者もいるでしょう。
 そして、その気持ちもわからないでもないです。

 おそらくは「演出の都合上、本名とHNが混じるのはあまり印象が良くない」というのが一番の理由では、と思います。確かにabcをイメージしたときに、「定森洋人、大美賀祐貴、猫猫にゃんにゃんにゃん、豆源、出逗海スタイル、アーンド大爆笑カレー!」ってコールは確かにサマにならないなあ(実在のHNだと差し障りがあるので、舞城王太郎作品の探偵の名前で代用します)。
 既存の「本名ベース」のクイズイベントに慣れた人が不快感を持つかもしれない、だとしたら主催者としては、今まで通り「本名ベース」でいこう……という判断も、一つの考えとして尊重されるべきだと思います。

 とはいえ、一方で「本名を名乗りたくない」層がいて、そういう層にもいろいろなクイズイベントに参加してほしい、というのが当方の考えです。うむ、だとしたらどうしたらいいのか……。

【提案】

(1) 「本名・HNどちらでもいいが、選べるのならばHNで出たい」という層がいることから、演出的にこだわりがなければ、クイズイベントは基本的には「本名/HN/併記の選択可」とすることを提案・推奨します。
 大会後のコミュニケーションの活性化を考えると、一番ベターなのは「本名・HNの併記」なんでしょうね。

(2) 「本名を名乗るくらいなら、クイズイベントにはわざわざ行きたくない」という一部の参加者層のニーズ、一方で「いかにもなHNは演出上名乗ってほしくない」という主催者のニーズの双方を達成するために、「本名を名乗りたくない人には、本名っぽい別名で参加いただく」という選択肢を用意することを提案・推奨します。この選択肢を「イケフジング」と命名します。

【イケフジングにまつわる問題】

 イケフジングの名前の由来は池藤修くんで、これは本名ではないんですが、ぱっと見たところ本名に見えなくもない。もちろん彼はabc等「本名が要求される場」では本名を名乗ってますが(青プレートだ!)、この「池藤修」名義がabcの場でコールされても、そんなに違和感はないですよね。
 なお、この手の名前の先駆者は群馬の蜂谷直さんだと思いますが、「ハチヤイング」は語呂がよくないのでご容赦を……
 
 で、この「本名っぽい別名」というのは、簡単に見えていくつか問題を内包しています。
 一つは「国籍」の問題。日本人っぽい別名を押し付けるというのは、日本以外の国籍の方、もしくは日本国籍でも日本以外のバックボーンの方にとってみれば、「現代の創氏改名」になりかねない。そういう事情を考慮すると、「日本人の本名っぽい別名」という言い方は非常によろしくない。
 といっても、いかにも日本人にしか見えない人が「私はイザヤ・ベンダサンです!本名っぽい別名だからいいですよね」といって参加するのも、「いかにもなHNは避けたい」というニーズからすると問題があります。この点は悩ましい。
 二つ目は「いかにもなHNと、本名っぽい別名の境界線」。たとえば、日本人に多い「漢字表記で姓名がある」とはいえ、「影木栄貴」はいいのでしょうか?「綺羅星明日姫」は?逆に「本名でエントリーしたのに、HNっぽいと言われ、主催者に改名を要求された」というトラブルが起こる可能性もある。実際、知人で「本名がHNっぽくて、HNが本名っぽい」人もいます。特に若い世代になればなるほど、上の世代からすれば「本当に本名か?」という名前が増えてくるわけで……。
 
 ここらへんの問題はおって検討する必要がありますが、主催者のポリシーを守りつつ、参加者の参入障壁を下げるという点、このイケフジングは非常に有効なのではないか、と考えています。いかがでしょうか。

【余談】

 ところで上で何の疑いもなく「本名」「本名」と連呼してきましたが、本当の意味で「本名」を要求している大会はあるのでしょうか?
 というのも、僕はテレビクイズ以外の場で、「本名」確認を要求されたことが一度もないからです。写真付の身分証明書を見せるとか。本当に僕は「ジンノヨシハル」なんでしょうか。それを確認した人はいますか?
 しいて唯一挙げるなら、往復はがきを送る必要がある「QUIZ ROAD CUP」が、「自分の住所を書かせる=本名に類する名前でなければ、返信はがきが届かない」という点でそれに近いかもしれませんが。

« 【感想・本】12月に読んだ本 | トップページ | 【近況】12月レビュー&1月の展望 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/43582297

この記事へのトラックバック一覧です: 【提案・イベント】イベントでの「本名/ハンドルネーム」問題~「イケフジング」の提案:

« 【感想・本】12月に読んだ本 | トップページ | 【近況】12月レビュー&1月の展望 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter