« 【感想・漫画】「似て非なる」か「同じ穴の狢」か | トップページ | 【注目】猫も杓子も »

2008年8月 8日 (金)

【問題】バラン・クルトン・トングの知名度

・折り詰め弁当の間の仕切りには欠かす事が出来ない、ビニール製でギザギザの葉っぱの作り物を何というでしょう?

・パン屋さんなどで使われるパンをはさむための道具を何というでしょう?

・ポタージュスープなどに浮かせる、食パンを小さな角切りにして揚げたものを何というでしょう?

 いずれもクイズにおけるベタ(=頻出問題、手垢がついた問題)なんですよね。
 順に「バラン」「トング」「クルトン」。

 「バラン」「トング」は、毎年春に行われる、基本問題による新世代ナンバーワン決定戦「abc」から。それも両方とも第1回(2003年)で出題された、いわば「ベタ中のベタ」にあたる問題。
 「クルトン」は、クイズ体験イベント”xyz”で出題した問題。こちらもベタではありますが、どちらかというと「クイズに触れてない方でも耳にしたことはあるのでは?」という意図で出題した問題。

 んで、実際どれくらいの知名度だったか検索したところ、2chにヒットしました。

 トング       60
 クルトン     56
 フット後藤    24
 バラン      21

 バランが一番低い(クイズ界での認知度と、一般的な認知度に差がある)のは予想通り、っていうか1/5も知ってるんだ!という感じでしたが、トング>クルトンというのはやや意外。みんなそんなにパン屋や牛角に行ってるんでしょうか。

 以上、最近「バナナマンの設楽」「吉本新喜劇の小藪座長」に似てる、という説が急浮上している橙でした。
 
 <ニュース> 
“M-1王者”フットボールアワー後藤が『バラン後藤』に改名

« 【感想・漫画】「似て非なる」か「同じ穴の狢」か | トップページ | 【注目】猫も杓子も »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/42101710

この記事へのトラックバック一覧です: 【問題】バラン・クルトン・トングの知名度:

« 【感想・漫画】「似て非なる」か「同じ穴の狢」か | トップページ | 【注目】猫も杓子も »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter