« 【注目】インドで見てきたもの(3) スポーツ | トップページ | 【注目】インドで見てきたもの(4) トイレ »

2007年8月17日 (金)

【参戦・サークル】熊熨斗会 07年8月例会

 なつのオープン'97の翌日、QMAクイズサークル・熊熨斗会にゲスト参加しました。
 熊熨斗会の皆様、ありがとうございました!

 一度、熊熨斗会の皆さんとゆっくりお話したい……との積年の願いがようやく叶ったと思ったら、なんでそんなときに限って体調崩すかなあ。
 せっかくの機会なのに、いまいち皆さんとお話できずにやや後悔。またの機会によろしくお願いします。

------------------------------

 朝9時半に会場に到着。本例会開始が11時なのにもう15人くらいが集まりフリバ中。本当にクイズ熱が高い方々だなあ。
 参加人数がオーバーするようだったら見学だけ……と思っていたが、幸いキャンセルが何人か出たおかげで参加できることに。

 今回の企画は、カムカムさん、くらまさん、しあらーさん、ミランさん、りさささん、Shivaさんの「SOS団」がご担当。全体的にガチ勝負とバラエティ要素のバランスが良かったのですが、特に準決勝の「人狼」風企画が秀逸でした。
 ちょっと長くなりますが説明。

 ・実は会場の中に、もう一人「SOS団」が潜んでいる。それが誰か当てれば勝ち抜け。
 ・準決勝進出者(12名前後)は、早押し機につき、正解したら「誰かに質問を一つする」か「告発する(後述)」ことができる。誤答は3×失格。
 ・誰に質問するかで対応が変わる。
  「司会(Shivaさん)」は、常に真実を答えてくれるが、制限されている事項が多い(10問ごとに緩和されるが、それでも厳しい)。
  「Shivaさん以外のスタッフ5名」は、常に真実を言う人が2人、常にウソを言う人が2人、気まぐれで回答する人が1人(この存在がミソ!)。
  「その他の参加者・観客」は、真実を答えてもウソを答えてもどちらでも良い。
 ・わかったら「告発」。SOS団の残り一人が誰か正解すれば勝ち抜け。間違えたら即失格。

 改良するとすれば、「告発以外の正解はあんまりプラスにならない」ということでしょうか。3問以上の正解とか連取だと「2つ質問できる」とか「告発失敗しても復活できる」などの要素が入れて、早押しクイズの比重を強めた方が個人的には好きです。とはいえここらへんは好みの問題だしなあ。

------------------------------

 で、僕の結果なんですが、決勝進出したものの5位。
 筆記ははらきりさんと同点ながら近似値差でトップ、タイムレースは「ナムコスターズのぴぴ=ポールホジション」「マイク赤坂や又吉イエス=泡沫候補」「みさっぷ=きこうでんみさ」など、目玉問題を着実にかっさらい勝利(他の問題はまともな問題ですので念のため)。
 準決勝の人狼企画、ゲスト不利な形式ながら、「賢押杯スタッフ」「性別は女性」「天2は熊熨斗会の一員」の3ヒントできざくらさんを特定し勝利(ひょっとすると「ゲストにも正解しやすい」ということできざくらさんを設定いただいたのかも)。
 決勝。開始前のインタビューで「半年前はお世話になりました」とのShivaさんのコメント。そうだ、ここアウェイだった(天2では独路の一員として、しあらーさんとのキャプテン対決を制して熊熨斗会を破っているのです)。何を言ったらいいのかなあ、と思い、「ここは共通の敵を作り上げてしまえ」ということで、「すみすさんの優勝はなんとかして阻止します」と答え喝采を浴びる。嗚呼、いじめられっ子的世渡りだなあ。リアル「ライフ」って感じ。
 ルールは昔の明大オープンによくあった「1○抜けのサバイバル、残った2人がガムを食べて、激酸っぱいのを引いた奴が失格」というもの。この形式で2連敗(ジャムおにぎり、破裂卵)しているゲンの悪い形式。案の定、ケアレスミスの誤答を繰り返し5位。ああ勿体無い。あと少しですみすさんが優勝するところなので、あやうくA級戦犯の謗りを受けるところだった(冗談ですよ)。優勝のThirdくんには心からの祝福と感謝を。
 
 終了後はランク別。ペーパーごとに8組に分け、各組で20問の5○3×を実施。僕は最上位のドラゴン組に参戦。はんちょさんを始めイシュタム会長、GENさん、はらきりさんというゴッついメンバーを相手に3○までは積むも、不用意な誤答を積む一方で「長嶋有」「バリカン」「やなわらばぁ」などを勝負にいけず、結局イシュタム会長にまくられ敗退。うー悔しい。
 あとは「天2」でのタイマン勝負以来となる、しあらーさんとの勝負ができなかったのが心残り。今度またどこかの機会で参加させていただければ、と思います。

------------------------------

 参加しての感想ですが、非常にいい雰囲気でした。多くの人がそれぞれの状況に応じて、自発的に「作り手」側に回れる、そして大変ながら「作り手」の楽しさを味わえる。その一方でプレーヤーとしても、それぞれの実力・スタンスに応じて楽しめる……という点、95年ごろの「土の会」「次の会」を彷彿とさせるものがありました(それこそランキング戦とかね)。まあ、何人か次の会系の人がいるから当然といえば当然か。割と僕が抱いている「理想のサークル運営」に近いものがありました。
 企画者のみならず、運営サイドの皆様も本当にお疲れ様です。40名規模となると、事務面でも相当大変かと推測します。まして毎回新しい方も増えてきているし……。

------------------------------ 

 終了後は30人で飲み会。って日曜日の21時からなのに!いろいろな方とお話できる機会を持てたのはありがたいです。中には「賢押杯2006」でのフランシス寮での当方の適当司会を覚えていただいた方もいらっしゃいました。嬉しいっスねえ。

 その後はすみすさんとマックで1時までグダグダトークをして、2人で池袋のネカフェへ。疲れてたんですが貧乏性のせいか、2時間くらい寝た以外はひたすらマンガを。

« 【注目】インドで見てきたもの(3) スポーツ | トップページ | 【注目】インドで見てきたもの(4) トイレ »

コメント

目玉問題3問のあの押しを間近で見ていたものですw

僭越ながらものすごく笑わせていただきましたw

人はあそこまで己をさらけ出せるものなんだ、とw

>兵藤くん

>人はあそこまで己をさらけ出せるものなんだ、とw

 いやあ、出題者側がさらけ出していただいたおかげですよ(責任転嫁)。

 まあ、小学生の頃はまさにファミスタ世代だったし、泡沫候補やミニ政党は大好きだし(昨年、山下万葉をさらっと出題したくらい)、HQNは「ガチンコ!」の頃から気になってちょくちょとサイトを覗いていたので(こんな記事を最近書いてたり→http://diedie16.txt-nifty.com/gravitation/2007/05/post_3246.html)、そういう意味では見事なまでに露呈しているんだけど……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/16151133

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦・サークル】熊熨斗会 07年8月例会:

« 【注目】インドで見てきたもの(3) スポーツ | トップページ | 【注目】インドで見てきたもの(4) トイレ »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter