« 【近況】高須基仁プロダクツに夢中な息子 | トップページ | 【近況】ありがち »

2007年7月 2日 (月)

【注目】6/3:B-1グランプリ

 もう1ヶ月以上前の話になってしまいましたが、B-1グランプリの話。

 参加者は、まさ、クラッチ、刃、さんきち、紅都と橙の6人。翌日から東南アジア出張だってのに。
 「そんなに人数いないだろう」と多寡をくくっていたら、静岡駅からして結構な人数(当初は「2日で10万人」の予想だったが、蓋を開けてみれば1日目で10万人達成。2日目は結局15万人だったらしい)。富士駅からは臨時電車が出る騒ぎ。開場前の9:45に到着したのだが、すでに長蛇の列。それも各ブースに並ぶ前に、会場に入場する時点での行列。この時点でかなり心が折れかける。

 1時間弱待って入場。予想以上に待ち時間が気にならなかったのは何人かで来ているので馬鹿話ができたことだろうか。サッカーチーム「サチアーレ高砂」とか(入場のときは相手チームの選手の父親と手をつないでベール姿で入場、紙吹雪のかわりにライスシャワー、スローインのボールに未婚女性が群がる、インタビューでは3つの袋やら3つの坂が出てくる……など)。

 とりあえず食べたもののリスト。

≪上州太田焼きそば≫
 前日の中間報告では最下位、ということで「これならそれほど待たないだろう」との読みで並ぶ。けしてまずくはないが普通……。ただ、「300円でこの量でいいの?」ってくらいボリュームは多かった。それはそれで「いろいろ食べたい」かつ「体重が気になる」身としてはちょっと。

≪小倉発祥焼うどん≫
 焼き麺系が続いてしまったが、そこは場所の都合。並んでいる間は太田焼きそばを食べながら待つ。
 そして焼きうどん。干めんを戻しているせいか、普段居酒屋で食べるやつよりももちもちっとした食感。もちもちしているが、麺は細いのでしつこくはない。僕は好きだが、好みは分かれるのでは(硬い歯ごたえがいい、すぱっと切れるのがいい……という人には不向きか)。

≪八戸せんべい汁≫
 侍怪童氏からの事前のプッシュに違わず、これは美味い!ちょうどいい歯ごたえのせんべいもさることながら、だし汁も○。これ普通に流行らないか?
 あまりの美味しさに、紅都どん(0次予選敗退→午後から参加)到着後2杯目を食べました。

≪とうふちくわ(鳥取)≫
 冷奴が好きな人、特に豆腐自体の味が好きであまり醤油をかけない人にはお勧め……なのだが、豆腐好きのさんきちの口には合わなかった模様。しょうゆ・マヨネーズ・らっきょうドレッシングが用意されていたが、何もつけないのが一番美味しかったかも。

≪行田ゼリーフライ≫
 怪しげな名前とは裏腹に、「おからコロッケのウスターソース漬」というまっとうなメニュー。コロッケとクリームコロッケの中間のようなトロっとした口当たりが◎。箸でまるごと持ち上げると崩壊するので(それほど柔らかい)注意されたし。

≪青森生姜味噌おでん≫
 ぼたんちくわと揚げ(角天)は美味かった。が、30℃の炎天下で食べたせいか「普通」。逆にいえば、そんな中で食べても美味しかった「せんべい汁」が凄い、ということか。

≪高砂にくてん≫
 じゃがいもが入っているのが特徴、ってだけではパンチに欠けるなあ。割とよくある関西風お好み焼きって感じ。

≪横手やきそば≫
 目玉焼きと角麺が特徴。美味しかったが目新しさには欠けるか。っていうかここらへんでだいぶおなかが膨れてきたせいか感動が薄れてきてるな。

≪室蘭やきとり≫
 ……といっても豚肉。たまねぎが入っているのでバーベキューな感じ。コメントがつけにくいが美味。ついでに外で売ってるドイツビール(エーデルワイス)も。フルーティーでこれまた美味。

≪富士宮やきそば≫
 実は食べるのは初めて。普通の焼きそばと明確に違うのは確かにわかるが、遠くから食べに来るほどの味では・・・ってB級グルメなんだからそれを言ってはおしまいなんだが・・・

 最初はほとんど食べられないかと覚悟したものの、おわってみれば10品食べられました。うー、満足。
 オススメは「何人かで来ること」。ほとんどのところは1人2品までは買えるので、別々の列に並んで後で合流、というのが可能です。また、一人前の量は結構あるので、2~3人くらいで分け合うのがいい感じ。美味しいやつはまた改めて買えばいいんだし。
 心残りは、静岡県民にとっても謎の「たまごふわふわ」。そのためだけに袋井行く気にはなれないし、それ以前に本当に袋井に行けば食べられるんだろうか?盛り上がってる話を聞いたことがないけど……。

 んで、結局せんべい汁に一票もとい一膳を投じてきました(投票は割り箸で実施)。ここらへんは一緒に行ったメンバーもほぼ同意見。2位グループが小倉・横手・富士宮の焼き麺3つ(except太田)か行田かなあ。
 投票結果は、1位が富士宮焼きそば、2位がせんべい汁。「やっぱりね」という結果。最下位は上州大田焼きそば。上州の方には悪いけど、これまた「やっぱりね」という結果。
 
 終了後は富士宮→富士→熱海経由で成田に前泊。胃を壊さなくてよかった。

« 【近況】高須基仁プロダクツに夢中な息子 | トップページ | 【近況】ありがち »

コメント

うわぁーーっ!!
こんな楽しそうなイベントがあったんですね~

テレビで見たことのある、ご当地グルメがいっぱい♪ いい情報をありがとうございました。

>アールグレイさん

 アールグレイさんの企画(ドリルペーパー)に出てたやつもあるかもしれないですね。

 ちなみに第3回は2008年秋、なんと久留米で開催です!本村会長ら鹿児島の皆さんで行ってみるのも手かも。

 うちの商品にそれなりの大きさで話題が載ってたんだよなぁ…。 最下位は残念。

 われらがマエバシが全国に自信をもって近日お届け予定の新名物「前橋tonton汁」というのがありますが、あれはうまかった。 バターが隠し味。

 太田の焼きそばより、これこそB-1に出すべき料理だろうと思います。
 (全国的にみればグンマ以外は全部敵・グンマ的にみればマエバシ以外は全部敵──という思想の人間より)

>とねぬま

 前橋tonton汁は知らんかったなあ。なるほど、キノコをバターソテーするから「バターが隠し味」になるんだな。
 
 ところで、前橋での定着度具合からするとソースカツ丼の方が上なのでは、という気がします。ちなみにwikipediaで前橋の欄に載っているのは焼きまんじゅうとソースカツ丼で、前橋tonton汁はまだ未記載。
 ライバル・駒ヶ根との遺恨対決というのも見てみたい気がする。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/15634035

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目】6/3:B-1グランプリ:

« 【近況】高須基仁プロダクツに夢中な息子 | トップページ | 【近況】ありがち »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter