« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

【近況】引っ越しました

 二日酔いのせいかぼうっとした状態で空港へ。あやうく遅刻するところだった。
 飛行機やら新幹線やらを乗り継いで、引越し先へ。

 どこに越すかは、ネット上ではしばらく伏せておき、直接お会いした人にだけ伝えることにします。漏れ聞こえたという人も、ネットに書くのはご遠慮ください。
 「勝抜杯のペーパーのときに発表した方が面白そうだから」という以外の理由は特にないので、書いたからどうなるもんでもないんだけど(しかも今回はいろんな人に既に伝えている上、昨年の「鹿児島」のようなインパクトはないし)。

 ちなみに、

 ・東名阪、ならびにその周辺地区(横浜や川崎、豊橋や岐阜、京都や神戸など)ではない
 ・クイズサークルは存在する
 ・その市の人口は50万人以上

 ……ってのは鹿児島と同じだったりしますね。人口もそんなに変わらないし。

2007年3月30日 (金)

【近況】退職

 丸8年間務めた会社を退職。
 あっという間のような気もしたが、8年間という数字を見るとやっぱり長いなあ。
 営業3ヶ所(うち出向1回)に人事。いろんなことを経験させてもらいました。
 
 昨日の夜、社内発表のタイミングに合わせて、お世話になったあちこちに御礼メールを。
 今朝出社するとたくさんの方から返信をいただいていたので、ひたすら再返信。150通くらいメール書いたかなあ。途中でいろいろ思い出して、口もとがほころんだり、目頭が熱くなったり。

 送別会を経てホテルへ。
 ゆっくりしたいところなんだけど、明日の朝の飛行機が10時……。

2007年3月29日 (木)

【QMA】3/29:ラウンドワン鹿児島、最後の登校

 【3/29(木)】 20時 全1戦
大賢者初段→変わらず
<当日> 全1戦 0-1-0-0#0-0-0(区間賞=0-0-0)
<通算> 全179戦 38-43-20-12#31-22-13(区間賞=34-35-24) (ドラゴン組のみ)

 仕事帰り、ラウンドワン鹿児島に寄って最後の一クレ。
 アニゲを切り抜け決勝までいくも、決勝でアニゲ4文字2連発で撃沈、2位。
 ある意味「らしい」一区切り、というか。

 引越し後も時々QMAをやるつもりではいますが、近くに設置店舗がないのがネック……。

2007年3月28日 (水)

【注目】いまいち反応がなかった記事のセルフフォロー

【注目】朝日新聞の書評で知った漫画より

 リアクションがなかったのは予想通り、ではあるな。
 元ネタは「極道めし」。
 徹クイに飽き始めた夜中3時にやると面白いかもよ。

【問題】この時期の必須アイテム
 
 元ネタは「ハクション大魔王」。
 魔王呼びすぎ。
 今年は不意打ちのように花粉の飛散を食らったので、結構きつかったです……。

【注目】マーク・パンサー理論

 まことに残念ながら今はQ&Aが「準備中」に。週刊誌に取り上げられたのがきっかけなんかなあ。
 とはいえ「健康ブログ」は継続中。

 週初めに本社全体ミーティングをおこない、管理、業務、営業など、とにかく全てを見直し、引き締める事で全員一致!  ピュアな気持ちで始めたこのビジネス、ちゃんと連鎖販売取引の法律を守り、自分が発言する一言一言も誤解をまねかないために全てチェックする部門も設け、切実に、真剣にやっていこうと決めた!これからも俺は最前線で取締役副社長酒井龍一として頑張る事をみんなに誓った!

 左様ですか!

2007年3月27日 (火)

【注目】abc雑感その3・どうせ言うと思ってただろ

 3ラウンドのコース選択、「Number10」。
 名前の由来が実にどうでもいい割に(参考)、すっかり定着したこのスタイル。
 しかし、そろそろ新たな試みをしてもいいんじゃないか。

 女性スタッフ(kimikaさん?)が各プレーヤーにインタビュー、それぞれのプレーヤーの好みや背景に合わせて、珠玉のヴィンテージな形式をお出しする。
 題して「ソ

2007年3月26日 (月)

【注目】abc雑感その2・本当仲いいな、君ら

 昨年に引き続きabcの2Rでの対戦となった、しゅえvsつかじの中大OZダービー。
 ネクステにも(その後の飲み会にも)よく参加いただいていた二人だけに、興味深く見てました。

 ところで、「第10回高校生オープン」のビデオを持っている人は見返してみよう。
 当時高校生の彼ら(若い!)が、やっぱり隣同士……。

2007年3月25日 (日)

【近況】九州でのクイズ、一区切り。

 もともと日帰りの予定だったが、九州のクイズ関係者と会える機会もなかなかなくなるので、クローバーに一泊することに。急なお願いを聞き入れてくれたたかすに感謝。
 たかす・西が翌日の「インター杯」準備などで忙しかったこともあり、maiさんとさくら先生と四方山話。それも朝5時まで。
 インター杯はお手伝い&観戦したかったが、引越し準備があるので、後ろ髪をひかれながら帰宅。後で聞いたら王子が優勝、さくら先生が準優勝。おめでとう!来年のabcこそは是非!

 思い返せば、九州に初めて行ったのは「福岡オープン2003」2daysのとき。大会そのものもさることながら、飲み会の盛り上がりが今でも印象に残ってます。
 そしてその夏、「第6回Ryu-JinCup」をxyz立ち上げの参考にすべく観戦に。思えば毒路、西を始めとした独路メンバーと会ったのはこの時。
 あとはxyz=1福岡、xyz=3北九州のスタッフで行ったり、飲み会メインでオール九州を2年連続観戦に行ったり……そんなこんなで、九州の方々と転勤前からお知り合いになれていたので、鹿児島転勤になってもクイズ面ではあまり不安はありませんでした。

 昨年7月の転勤以後、九州のクイズ関係者の皆さんには本当にお世話になりました。おかげでクイズ的にはまったく退屈しない日々を過ごすことができました。鹿児島で2日連続のクイズを、それも4回もやれるとか想像もしてなかったしなあ。

 特に接する機会が多かった博多のメンバーに、あらためて感謝を。「天2」、あのメンバーで参加できたのはとても嬉しかったし、今の自分が出るとしたら独路が一番ふさわしかったろうな、と。
 たかすには本当に感謝。博多クイズコミュニティの立ち上げ、度重なる久留米→北九州→鹿児島の長距離運転、天2やabc/誤の対策例会……独路メンバーたちの結束・実力向上において、彼の果たした貢献は間違いなく大きい。
 てぃーかうさん。天2では本当にお世話になりました。あのときは完全に遅れをとりましたが、どこかで対戦する機会がありましたら今度は勝たせていただきます。
 ますたあ。たかすとともに、独路のいい「兄貴分」。xyzでも毎回本当に世話になってます。
 うまかっちゃん。まさか九州で会えるとは思ってなかった。懐かしい顔と意外なところで再会できて嬉しかったです。しかし実はQMAでも対戦していた(しかもまた負けた←前回は新潟)とはね。
 ドクロやyellowman、まどかちゃん。天2やabc/誤に向けての地道な頑張りには胸を打たれました。何度か対策会をやるうちにめきめき強くなってきているのがこちら側にも伝わってきました。誤5での活躍、「フロック」と思う方もいるかもしれんけど、僕は「当然の成果」だと感じました。強くなる「コツ・はしぐち」はつかめたと思うので、今後も「強くなる楽しさ」を味わってほしいな、と。
 M下。なかなか会う機会がなかったのが残念。卒業後はabcのビデオ編集とかどう?
 西。ヒリヒリする真剣勝負を楽しめたのも彼のおかげ。スピードと基本問題への反応力では既に僕を遥かに凌いでいると思います。あとは幅広い傾向の問題(abcに出る出ないに関わらず)に触れていけば、トップクラスのオールラウンダーになれる素材の持ち主だと思います。でもまだ負けんよ!
 王子、よしみね、さくら先生らラ・サール勢。彼らを見ていて、自分がクイズを始めたての高校生の頃のひたむきさを思い出しました。

 ……クイズを続けている限り、またどこかで会えるさ。
 "Adieu."ではなく"再見!"

2007年3月24日 (土)

【xyz】xyz=6福岡、無事終了いたしました

 本日、xyz=6福岡が無事終了しました。
 参加いただいた13名の方、ありがとうございました!

 次回は2007年度中の開催を予定しております。
 またのご参加をお待ちしています。

2007年3月23日 (金)

【注目】abc雑記その1・会場に一番近い東横インだから偶然というより必然ではあるが

 大会前日は川崎の東横インに宿泊。
 エレベーターに乗り、自分が泊まる部屋の階で降りようとすると、どこかで見た顔が。
 そうだ、OUQSのⅠくんだ。

 事前に「OUQS勢が川崎の東横インのどこかには泊まる」とは聞いていたが、川崎駅周辺でも4軒ある中で、しかもこんなタイミングでヒットするとは驚き。
 もっとも彼らからすると、ロビーに「ご存知、栄光印刷のバイアス段ボール×5箱」が橙宛てで届いていたので全然驚かなかったらしいが(ちなみに中身はabc関連ではなく、当日販売用の問題集ですので念の為)。

 しかし驚きなのが、隣の部屋がさんきちだったことだね。
 結局、大会前日なのに朝3時まで四方山話。プロ意識ないなあ。

2007年3月22日 (木)

【QMA】3/21:すみすさんとの店内対戦

 abc前日、川崎に宿泊。
 同じく川崎にいたすみすさんと待ち合わせ、店内対戦。
 さすがに強く2戦2敗。
 この前も鹿児島で友人に負けているので、店内対戦ではまだ蜜の味を知らぬだいだい16。

 ついで全国トーナメントを2戦だけ。

 【3/20(火)】 23時半 全2戦
大賢者初段→変わらず
<当日> 全2戦 2-0-0-0#0-0-0(区間賞=2-2-1)
<通算> 全178戦 38-42-20-12#31-22-13(区間賞=34-35-24) (ドラゴン組のみ)

 ただし、2戦とも回線落ち。
 特に1戦目は1回戦でアニゲを凌いだ後だっただけに、実にがっくし。

2007年3月21日 (水)

【quiz_too_fun】abc/誤と他のクイズシーンとの橋渡し

 abc/誤当日、そして事前・事後の盛り上がり。
 スタッフの一員として大変有難く、そして嬉しく思います。
  
 例年、大変遅くなりご迷惑をおかけしているDVD。
 皆様のご期待にお応えするためにも、6月には発売すべく、今後halさんとともに準備に入ります。

 abc/誤そのものについてはあちこちで触れられていますので、少し別の視座から。

-------------------------------------

 毎年似たようなことを言っていますが、このabc/誤の盛り上がりと他のクイズシーンの「橋渡し」になるようなことをできれば、と思っています。

 「abc未参加と、abcとの橋渡し」。
 クイズポータルでabc等クイズイベントを紹介するページを作るとか、xyzやQMA発の方へのご案内とか。

 逆に、「abcと、その他クイズイベントの橋渡し」。
 abcのトップ層は「クイズロードカップ」「勝抜杯」など他のイベントでも活躍していますが、ミドル層(筆記を抜けるか抜けないかくらいの層。25~100位くらい)からすると、社会人も参加するフルオープンはまだまだ敷居が高いのかもしれません。言い方を変えれば、壁が高すぎて「主人公感」を他のイベントでは味わいにくい。
 であれば、「UEFAカップ構想」のように、社会人も含めてミドル層以下向けの場が作りたいな、と思っています。ある種「Quizzes」も、形を少し変えればこの流れに合致するかな、と。

 とはいえ当面のところは、自分自身の新生活に慣れることが先決。やれるとしても半年近く先になりそうですが。

2007年3月20日 (火)

【quiz_too_fun】abc/誤での問題集販売について

 JALのストライキにはヒヤヒヤしましたが、スト回避ということで一安心。
 今日の夜は川崎で前泊予定です。

 さて、掲示板でも告知しましたが、こちらでも告知。
 大会終了後、問題集販売会場にて、下記5冊の問題集を販売予定です。
 初売りのものもあります。この機会に是非!

○「タイムレース選手権」(600円) 難易度:易~普通

 2000年夏、「クイズ界のウッドストック」とも言える伝説のイベントが幕を開けた……。
 土曜18時から翌日の18時まで、夜を徹して行われたイベント、「24時間クイズTOKYO base LIVE」。
 その中で初日20-22時に開催された「タイムレース選手権」(木下氏)の問題850問強に加え、自作問題200問を収録。

○Quiz Park vol.5(600円) 難易度:易

 2005年に開催された「xyz=5」の問題に加え、
 今回の特集は「QMAで、つながろう。」
 話題沸騰の「賢押杯」「賢竜杯」「熊熨斗会」など、
 QMA発のムーブメントを総力特集!

○73タロー問題集(600円) 難易度:易~普通、一部難

 06年1月に開催したイベントの問題集。800問強。
 「塔~ルーク~」のもとになった「中学生オブザイヤー」などに加え、「声優」「水曜どうでしょう」「酒」などのジャンル別対戦も完全収録!

○Quizzes-2 問題集(600円) 難易度:易~普通
 06年3月に開催したイベントの問題集。700問強。
 難易度は73タローより易し目。
 久栗氏の「早押しボード」の直後にウノ氏の「超音速タイムレース」が掲載、というのも乙。

○abc~the fifth~/誤5(600円)

 おみやげや保存用、旅行用やお風呂用にどうぞ!

2007年3月19日 (月)

【近況】くるま売りたいな

 「嫁とロック」ようやくレンタルしました。
 公式ページの日記(リンク先の一番下の記事)によると

  やろうと思えば『大江戸~』だけでアルバム1枚分ぐらいやれるんだけど、それは聴きたくないだろうから。

 いや聴きたい。凄い聴きたい。

 それはさておき。
 タイトルの通り、車売りました。
 通勤用に使っていたアルト。9ヶ月とはいえ初めて買った車なので、感慨深いです。

 世界でいちばん頑張ってない気がする最近の自分。

2007年3月18日 (日)

【近況】鹿児島3月例会

 鹿児島クイズ愛好会の3月例会。

 引越し前最後の参加です。
 7月に参加以来、1回の欠席(systemFと魯鈍の忘年会とかぶったとき)を除ければ毎月参加。数えてみたら8回目。
 鹿児島の例会は、「企画をやりたい人が小企画を持ち寄り」というスタイルなんですが、10人前後の参加で毎回13-19時まできちっと埋まる(一例会あたり4企画前後)のは凄い。「義務感」ではなく「企画をやりたいからやる」、という形で運営できているのは非常に好きです。
 あとは「たらい回しクイズ」という形で「気軽に問題(5-20問)を持ち寄れる場」があるのもいいな、と。QMAKSの3月例会にしてもそうですが、「問題を出す側の楽しさを、低負担で味わってもらう」ことは、中長期的な企画者育成・モチベーション向上という点で有効だと思います。

 終了後は焼肉「多聞」へ。あのクオリティで食べ放題って!あとは追加で頼んだ極上牛トロにぎりが大変美味しうございました。噛まなくても口の中の熱で溶ける感じ。
 会長はじめとする皆様、ごちそうさまでした!今度お返しできる機会を楽しみにしています。

 焼肉食べる前、天文館の電停でアールグレイさんと。
 焼肉食べた後、天文館の交差点でji-monさんと。
 照国神社そばの駐車場で、僻地さんと。
 本村さんの車を降りるさい、ちゅうげんくんと。
 そして、家のすぐそばで、本村会長と。
 ……図ったかのように、一人ずつ一人ずつ御礼と握手をして、しばしのお別れ。

 初めての土地である鹿児島でクイズを楽しめたのも、本村会長をはじめとする鹿児島の皆さんのおかげ。御礼の言葉、あえて過去形では書きません。ありがとうございます!
 出張やオール九州の飲み会など、またお会いできる機会は今後もあるかと思います。その際にはまたよろしくお願いします!

2007年3月17日 (土)

【QMA】3/17:2週間ぶりに1戦だけ

 【3/17(土)】 15時 全1戦
大賢者初段→変わらず
<当日> 全1戦 1-0-0-0#0-0-0(区間賞=1-0-0)
<通算> 全176戦 36-42-20-12#31-22-13(区間賞=32-33-23) (ドラゴン組のみ)

 友人が鹿児島に来たので、打ち合わせついでに初・店内対戦。
 リードしていたものの、最後の1問で4文字をタイプミス。タイム差で痛恨の敗北。

 そのついでに一戦だけ。苦手の「学問ランダム3」(理系問題)もなんとかクリアして1戦1勝。
 にしても、今日は中央駅近くのゲーセンで初めてプレイしたんだが、超名門校とはいえ「コード遊都反逆のめがねっ校」って名前は如何なものか(店内大会で命名権争いがあったらしい……が、その結果がこれか……)。

2007年3月16日 (金)

【注目】マーク・パンサー理論

 ……と聞いて「懐かしい!」と思うあなた、クイズ歴12年以上ですね。
 
 1995年、まだglobeがデビューして間もない頃。
 ペーパークイズで「globeのメンバーは、TETSUYA KOMURO、KEIKOと誰?」という問題がありました。
 そこの解答発表の際、「マーク・パンサーは本名を酒井龍一という日本人なので、"日本人・東洋人はフルネーム"という指示に従うと、"マーク"だけ、または"パンサー"だけは不正解です」というアナウンスが(本当のところどうだったかはわからんけど)。
 そんなこんなで、一時期「マーク・パンサー理論=一見日本人に見えない名前でも、国籍が日本だったら、フルネームで解答しなければならない」という言葉が妙に関東の学生の間で流行ったことがあった、とさ。もうそんな昔の話になっちゃうんだねえ。

 で、最近あまり噂を聞かなくなったマークですが、「探偵ファイル」にとんでもない記事が!

 こちら

 にしても、公式サイトのQ&Aが意外と面白い(その1 その2)。

Q:へー、きめられた量より飲んじゃってもいいの?

A:そりゃいいけど60MLって書いてるんだから60MLでいいよ。そんなセレブ飲みしなくてもいいじゃん。

 なぜだか噴いた。Q&Aの言文一致体や!

2007年3月15日 (木)

【近況】問題集についてのお願い

 この1年のうちで、橙から「第2回K-1グランプリ」問題集(オレンジの表紙)をもらった記憶がある方、お手数ですがお返しいただけないでしょうか(一度お譲りしたにも関わらず申し訳ない……)。
 代わりに別の問題集3冊を差し上げるか、焼肉おごります。

 引越し作業中、第3・4回はあったんだけどなぜか第2回が見当たらない……。
 大学1年のときにスタッフ参加したイベントで、いろいろな思い出があります。
 問題自体はデータの形で持っていますし、日々目を通すものでもありません。しかし、「思い出につながる一冊」として、常に家には置いていたいのです。

 この1年間、荷物整理のおまけで重複した問題集をいろんな人(若手中心)に譲渡していたので、そこに紛れてしまったのかも。
 もし「橙にもらった」という記憶がある方、ぜひご一報を。

 <追記>
 結局「長期で貸していた」という事実が判明しました。すっかり忘れてたよ……。
 問題集の管理は気をつけるようにします。うむ。

2007年3月14日 (水)

【QMA】ちょっとお休み中

 abc・xyz関連や引越し等の作業につき、QMAはちょっとお休み中。
 せっかくQMAKSで九州在住のQMAプレーヤーの方々とお知り合いになれたことだし、一度対戦してみたいものですが。
 
 3月2日(金)以来やってないのか。 
 鹿児島を出る前に、ラウンドワン鹿児島校に最後の登校をしておきたいところ。

2007年3月13日 (火)

【鹿児島】THE 生涯忘れえぬ味

 ……ってほど大げさではないか>タイトル
 このタイトルの正確な表記を思い出せず、わざわざDVDを引っ張り出してくるのはどうなんだ、自分。

 さて、鹿児島生活もあと半月。
 わずか9ヶ月とはいえ、名残惜しいものがあります。
 そんなこんなで、鹿児島生活を食べ物関連から振り返ってみます。っていうか完全に自分のためのメモ(将来、出張とかで鹿児島に来たとき用)。

 【ラーメン】

 ・奄美島豚ラーメン 夢一屋(谷山)
 谷山駅から車で5分ほどにあるラーメン屋。豚骨しょうゆだがかなりあっさり目。スープもさることながら、あぶり豚が美味。
 よりによって一番行ってみたい店が、駅からかなり遠いところに……。

 ・こむらさき(天文感、アミュ)
 ラーメンというより別の麺料理、って感じ。もちろん二郎とは全然違う意味で。時々食べたくなる。

 ・のり一(天文館)
 ラーメン一杯250円。飲んだ後に食べるには最適。逆に言うとそれ以外のシーンではあまり食べる気にならん。

 ・みその(串木野)
 まぐろラーメンが有名。隣で経営している黒牛ハンバーグ屋も美味。

 ・香月(枕崎)
 こちらはかつおラーメン。職場での評判はイマイチだが、個人的には好き。まぐろ茶漬けが好きな人なら是非。

 ・ざぼんラーメン、くろいわラーメン、和田屋、豚とろ、味の三平、海乃屋、我流風(以上鹿児島)、らぱしゃ(鹿屋)
 まずくはないけど、「出張や旅行のときにどうしても行きたい!」というほど美味しいとは思わなかったなあ。

 あと、2週間の間に行っておきたいのは「アイアイラーメン」と「のぼる屋」(「たんぽぽ」のモデルらしい)かな。

 【カレー】

 美味いインドカレー食いてえなあ……と思っても、お店自体がない。
 この手のエスニック系については、「東京に住むメリット」は果てしなくデカい。
 インドカレーは別にしても、鹿児島は人口や都市規模の割にカレー屋が少ない気がする。甘い物が大好きな文化圏だからかなあ。

 ・カレーハウス沙羅(天文館)
 インドカレーの店。カレー自体もまあまあ美味しいのだが、出色はタンドリーチキン。
 これまでタンドリーチキンを食べて美味しいと思ったことがなかった(セットの付け合せのさめた奴を食べたくらい)が、ここのは熱々で美味い!
 
 ・開花亭(谷山)
 とんかつ屋。カツカレーは「カレーライス」というよりは「カツをカレーソースで食す」という感じ。甘めのカレーとカツの甘みがよく合う。

 【豚】
 ・あぢもり(天文館)
 卵をつけて食べるしゃぶしゃぶ屋。飲まなくても1人6000円くらいかかる高級店だが、それだけのことはある味。

 ・いちにぃさん
 そばつゆをつけて食べるしゃぶしゃぶ屋。最初はあまりそばつゆという感じがしなかったが、系列の「吹上庵」でそばを食べると「なるほど、そばつゆだ」と実感。肉もさることながら、そばつゆ&ゆずこしょうが印象的。肉食わずにこの2つで酒飲んでもいいくらい。
 美味しい上に値段が手頃(コースなら1人3000円)なので、外から出張に来た人をよく連れていった……ので少し飽き気味(一週間に3回行けばそりゃ飽きる)。
 ただ、日比谷、銀座、汐留、札幌にもあるんで(値段は1000円近く違うし、肉質も違うだろうな)、どうしても鹿児島で行きたいって感じはしないなあ。

 ・万十屋
 黒豚しゃぶしゃぶの食べ放題の店。といっても充分以上に美味しい。クリスマスイブに甘酸っぱいトークを繰り広げたのもここ。

 【その他】

 鹿児島で食べたもので一番美味しかったのは、鶏刺し。
 東京でも居酒屋や焼鳥屋(それこそ石火矢とかで)で食べたことはあるんだけど、こちらで食べる鶏刺しの方が旨みが強い気がする。あとはこちら独特のあまーい醤油と良く合うんだ。
 しかも安い。スーパーで買うと398円で結構な量が食べられる。
 次に鹿児島来たときには、スーパーで鶏刺しと焼酎を買ってホテルの部屋で食べるのがいいかもしれん。
 外で食べるんだったら、天文館の「薩摩ぢどっこ亭」か「地鶏のみやま」かなあ。

 つけ揚げ(薩摩揚げ)。
 木場商店(南さつま)のものは骨まですりおろしてあって、なんとなく「黒はんぺん+甘さ」という感じで一番美味しかった。……一番といっても他のつけ揚げ屋はほとんど行ってないんだけど。
 ロードサイドに大型のつけ揚げ屋がいくつかあるんだけど、採算成り立ってるのが凄いなあ。
 
 とりあえずはそんな感じ。あと思い出したら追加します。 

2007年3月12日 (月)

【問題】あと少しで出せなくなる問題

 【問題】
 かつて植木等が映画「ニッポン無責任時代」で演じた主人公は平均(たいら ひとし)ですが(この部分まで、パラレルで読むことを強調すべく速めに読んでください)、現在小林高鹿(たかしか)がFMのラジオドラマで演じている主人公の名前は、同じく「平均」という意味の何?

 あと少しで終わりそうだしな、この番組。早めにどっかで出しておけばよかった。

 小林高鹿って元ナイロン100℃だったんだ。
 本当は「たかしか」と読むんだけど、つい違った読み方をしてしまう、そんなKQKのOB8年目。

 しかし漫画版(コミックガンボ)の作者がしりあがり寿とは。

2007年3月11日 (日)

【近況】abc対策例会in鹿児島・第二日

 昨日に引き続きabc対策例会。
 昨日のメンバーに加え(試験前のはずのラ高2人含む)、今日は毒路も参加。新幹線で来るとは気合入ってるなあ。

 某所からいただいたabc対策ペーパー。難易度もだいたいabcと同じくらい。
 74点の西を別格として、予想ボーダー前後の5点差(63-58点)に学生5人がひしめく混戦。
 5人とも「残り10日の追い込み」と「当日のケアレスミス防止」、そして「問題の巡り合わせ」によっては予選通過もありえるところまでは来ている感じ。特にラストイヤーの毒路・まどかには頑張ってほしいところ。

 5○2×の練習。当日の状況に慣れるために、延々「ラン・ローラ・ラン」のサントラを流す。
 西と僕は「1×を背負った状態」をシミュレーション。そのため、セットの始めに問題を聞かずにわざと誤答するのだが、途中から「西の誤答に対し、僕がつなげる」ような状況に。

 西「トルソー」→橙「ムルソー」
 西「昇華」→橙「夏の思い出」
 西「魚尾」→橙「わぴこの天気予報」

 だんだんダメな方ダメな方に向かってるなあ。
 
 16時ころで中座し、妻子とアミュの自然食バイキング「野の葡萄」へ。東京にも出店してるんだね。今度住むところにはないのが残念。

 *遅くなりましたが、3/3-4の博多クイズコミュニティ・QMAKS分の日記をアップしました。

2007年3月10日 (土)

【近況】abc対策例会in鹿児島・第一日

 この土日、全国各地でabcの対策例会が開かれてるんだろうなあ。
 しかしまさか、ここ鹿児島でも開かれるとは。
 しかも2days。
 しかもテストを来週に控えたバンダナ王子とみずな先生が参加。
 他のメンバーはja138954、まどか、ファイター、西。

 あちこちの過去問をシャッフルして出題したら、わずか10分の間に、
  「反射(熱の伝わり方)」→ja138954誤答
  「安宅の関」→橙が西に押し勝って正解するも、これを西が正解してれば勝利
  「風花」→橙誤答。正解していればジャイアントキリング達成。勝負弱いな。
 ……と、「天2」のトラウマ問題が頻出したのは一体。

 先週に引き続きabc風企画。今度は準決勝で西を抑えて1抜けしリベンジ。とはいえ、5○2×やタイムレースでは7割以上1抜けを西に譲っているので、定番問題でのスピード勝負と勝負強さについてはまだまだ課題だな。

 北九州で引越し作業中の毒路から「栄養分として学ランの写真を」というメール。
  ↓
 バンダナ王子の写真を送る。ただし下半身だけ
  ↓
 「上半身も送れ」との指令
  ↓
 いそいそと学ランを着込む三十路男
  ↓
 毒路からの本文なしのメール
  ↓
 添付画像を開けたら滅びの言葉

 学ラン来たのはprom'99以来。ってことは8年ぶりか。

 19時にk-taqの抽選結果が発表、「?vs独路vsk-taq」の対戦カードが決まる瞬間に出くわす。ドクアリ第二幕がこんな形で実現するとは、笑いの神様ってやっぱりいるんだなあ。

 終了後は焼肉「くろや」で壮行会。あの質で4人で13000円は安い!

2007年3月 9日 (金)

【注目】「中国の歴史」(陳舜臣)読了

 前回はこちら

 先ほど読み終えました。
 「小説十八史略」同様、何度も読み直すことになりそう。
 清中期以降の混乱の時期は理解しにくいところなので、別の文献にもあたってみます(新書で「太平天国」関連の本は読んだ記憶があるのだけれど)。
 と思ったら同じく陳舜臣が「中国の歴史 近・現代篇」を書いてるんだね。4月以降、落ち着いたら読んでみようっと。
 


 
 「中国の歴史」に載っていたエピソードから問題。
 いまいち裏が取れなかったので、ここで出題。
 
 かつて中国・清の時代、「イ(門+韋)姓捐」(いせいえん)という一種の賭博があったそうです。 
 これは、かつての中国ならではのどんな人を当てる賭博?

 (大体ニュアンスがあっていれば正解とします)

 <ヒント>
 ちょうどこの時期、一部のクイズ屋が似たようなことやってるよね。約10日後に向けて。

2007年3月 8日 (木)

【問題】この時期の必須アイテム

 サノフィ・アベンティス社が販売している薬「アレグラ」。
 この薬のノベルティグッズ・パンフレットなどに使われている往年の懐かしアニメは、患者からしたら「ふざけやがって」と逆効果のような気もする何?

2007年3月 7日 (水)

【注目】朝日新聞の書評で知った漫画より

 某グルメ漫画にインスパイアされて、新たな形式を考えてみた。

 ・ボタンは使わない。が、全員手を机の上に置く。
 ・参加者はそれぞれ、「これまでのクイズ経験の中で、"思わず反応してしまった"至高の一問」を出題。
 ・その一問を聞いて、思わず指が動いてしまった人数をカウント。その人数がポイントとなる。
 ・マロリーと触媒とまんじゅうこわいと語源問題は禁じ手。
 ・優勝者には、各参加者より自作問題を進呈。

 タイトル「極道クイズ」
.
.
.
 もし読む機会があれば(1巻だけ読める本屋とかで)読んでみてください。
 ある意味漫画におけるリアクション芸の極北、って感じが。

2007年3月 6日 (火)

【問題】打ち切り回避か、はたまた卒業か。

 6巻発売記念で1問。

 「週刊少年ジャンプ」作品などのパロディが非常に多いことで賛否両論の漫画「太臓もて王サーガ」。
 この漫画のキャラクター人気投票においては、「空条承太郎」などパロディの元ネタになったキャラクター、さらには「荒木飛呂彦」といった本編には登場しない人物に対しても票が投じられていました。
 そんな中、1票が投じられていた「金銀パール」。このキャラクターも本編には登場しないのですが、その元ネタは何?(大体意図が伝われば正解とします)

2007年3月 5日 (月)

【注目】その後の「中国の歴史」(陳舜臣)

 前回はこちら

 全7巻中、6巻の後半に差し掛かりました。時期で言うと明末、後金~清のあたり。
 いまいちよくわかっていなかった時代なだけに面白い。
 繰り返される「旧体制の腐敗」と「新興勢力の膨張」、しかしその新興勢力も時を経るに従って腐敗して……。

 それにしても、英傑であるのは百も承知で、それでもインパクトがある名前が「ヌルハチ」。
 漫画「編集王」に出てきた架空の漫画「ぬかずヌルハチ」を思い出した。
 後に「COMIC CUE vol.3」で土田世紀自身が描いたらしい(参考)。どんな内容か凄まじく気になる。この一作のために買っちゃうかも。

2007年3月 4日 (日)

【近況】博多クイズコミュニティ&QMAKS3月例会

 この土日、博多クイズコミュニティとQMAKSの例会に参加してきました。
 詳細は後日……と思って書いた長文エントリが途中で消えて凹み中。

 まず3日(土)。博多クイズコミュニティに参加。

 午前中は「Quiz Park vol.5」「タイムレース選手権(by木下さん)」の2冊の問題集を脱稿。エクスパック500に2冊分の原稿入れたのは初めてだよ。駅に行く途中に出くわした郵便屋さんに手渡しし、これにて一区切り。

 で、クローバープラザ春日へ。まずはスローカーブくんの企画・ヘキサゴン。難易度設定が絶妙で、時事問題も多く苦戦。が、「いざゆけ若鷹軍団2007」を歌った男女混成ユニット→タイアップ好きそうだからAAA、などのカンが冴え渡り、4問連続カン正解で優勝。
 夕食を挟んで舞台はクローバープラザ春日の宿泊室へ。前に来たのがxyz=1福岡のときだから、3年ぶり。懐かしいなあ。

 で、ja138954によるabc企画。
 まずは連答つき5○2×を4セット。最終セット、「パーキンソンの法則」を「ラスパイレス指数」と誤答し痛恨のトビ。「カタカナ6文字+漢字2文字」「公務員関係」だからって、なあ。
 10by10。スピードに勝る西が1抜け。十段と2抜け争いになるが、相手の連続誤答の隙をついて差を広げ2抜け。
 10up-down。抜け番なので観戦。誤答失格者が相次ぐ中、注目は1抜けのまどか。派手さはないものの誤答なしにコツコツ積み上げるタイプ。ここ数ヶ月で本当に強くなったと思う。
 10○10×。実施前に「この形式、勝つ人は10○3×くらいで勝つよね」と予言したとおり、10○3×で1抜け。
 10hits。ここでは十段・西の後塵を拝す。
 タイムレース。1セット目は西が圧勝。2セット目はまどかがここでも確実なクイズを披露し2抜け。どうも指が凍っていたが、3セット目で爆発し勝利。にしても、「手軽な電動式のものも/……」「こけし?」という誤答は、酷く短絡的でした。形式的には-1ポイントでもモラル的には-1万ポイントくらい。猛省。
 そして準決勝。通過席には立つもののなかなか勝ちぬけられない中、十段に「現在はユジノサハリンスク~」「豊原!」で1抜けされる。西との激戦の中、「橙=9度目の通過席、西=0○2×」と圧倒的優位に立つも、ここで気が緩んだせいか猛ラッシュを許し、最後は「フランス語で/"せん~」「ミルフィーユ!」という「二代目ミスター10○10×」の称号に相応しい読ませ押しの一撃で屠られる。
 本来はここで十段vs西の決勝だったが、明日橙がQMAKSの方に参加するということで、エキシビジョンマッチとして西vs橙のテニスクイズ。ここでは6-1でリベンジ。とはいえ準決勝での敗北は悔しい。実に悔しい。久々に「強くなりたい」と思った一晩でした。
 abc月旦などの四方山話をして5時頃就寝。

------------------------------------

 そして4日(日)。福岡のQMA発サークル・QMAKSに参加。
 「伊藤かずえが善玉、平田裕香が悪玉……ってイメージ逆だな(「もう誰も愛さない」が懐かしい)」「平田彬ってRUN&GUNの人か!昔問題作ったよ」などと思いながら身支度。
 途中でますたあと合流、会場の香椎花園前へ。香椎花園の長閑さに心和む。20数年前、伯母さんに連れていってもらった近鉄あやめ池遊園地を思い出すよ……と思ったら、あやめ池閉園してたんだ!中学の修学旅行で行った奈良ドリームランドも閉園したしなあ。隔世の感。

 会場に到着。主催者のたっくんさん(賢竜杯FINAL優勝、賢押杯準優勝。賢押杯では「本名カイド・ホーヴェルソン/~」で正解、会場をどよめかせる)にご挨拶。参加人数をお尋ねしたところ27人!福岡の既存2サークルの合計並みの人数に吃驚。
 もともと福岡では、まるーくさんがセイタイトー長浜店で「街のクイズ王決定戦」というでQMAイベントを開催。このイベント内ではQMAだけではなく○×や早押しクイズなども実施されており、もともと盛り上がる素地はあった形。今日の参加者も、様々なイベントでもともと顔馴染みの方が大半だった模様。それにしても27名って、なあ。
 リアルクイズ関係では岡山からラムーシさんが参戦。もともとは僕は見学の予定だったが、「ラムーシさんが参加して僕が見学、ってのも……」とラムーシさんとの協議の結果、「全員参加ラウンドまでは参加、そこから先は協議の結果で決める」ということに。QMAプレーヤーの方々と一度対戦してみたかったし。ご無理を聞き入れていただき有難い次第。

 今日のメイン企画者はたっくんさん。ただし、
  1Rの30問ペーパー・2Rの組別早押し=もちさん
  3Rのコース別の片方=まるーくさん
  4Rの早押しボード=全員が1問ずつ持ち寄り
 ……で、たっくんさんは全体構成+3Rのコース別の片方、準々決勝のローリング、準決勝の1対1、決勝の10○4×を担当し、その他のセットではプレーヤーとして参加。負担が偏るのを防ぐだけではなく、企画者もプレーヤーとして参加が可能、いろんな人に出題側の楽しさを知ってもらう……という意味でも興味深い仕組み。特に「全員が1問ずつ持ち寄り」というのは、負担もそれほど重くないし、それぞれのキャラを知るという意味でも非常に良かったかな、と。

 で、橙が出したのはこんな問題。
 サブキャラクターからの視点から見た「ヘヴンリーブルー」、10年後の姿を描いた続編「天使の梯子」も後に発表された、画家志望の予備校生と8歳年上の精神科医の恋を描いた村山由佳の小説で、市原隼人・小西真奈美らの出演で昨年映画化もされたものは何?
 Ans.
「天使の卵―エンジェルス・エッグ」(天使の卵だけで正解)
 鹿児島から来ている+小西真奈美好きというのに加え、女性が3人参加していたのでそちらを狙ってみる……という不純な出題ではあったが、その女性が「ガンダム」「三国志」「少年漫画」にクイックレスポンスする方だったのは想定外でした。ステレオタイプは危険かつ不毛だなあ。
 なお、女性のうちお一人が出した問題、「鹿児島県出身の漫画家で~」で「川原泉」かと思ったら(女性だから少女漫画、というのは短絡的に過ぎるな)、「にわのまこと」。そういや単行本のおまけ漫画は「薩摩はやと一代記」だったな。 
 
 準々決勝を勝ち抜けたところでラムーシさんと協議し、回線落ち=辞退することに。結局優勝はますたあ。
 終了後はバイキング屋で打ち上げ。博多組のja138954、うまかっちゃん、まどか、西が合流したとはいえ、27人が参加する大集会。
 QMAの店内対戦をしたかったが、終電の時間が迫っているのでやむなく帰宅。12時過ぎくらいに帰還。

 たっくんさんをはじめとするQMAKSの皆さん、楽しい一日、本当にありがとうございました!今後のQMAKSの発展をお祈りします。

2007年3月 3日 (土)

【QMA】3/1&2:いいボケが思いつかない

 あいさつコメント、なかなかいいアイデアが思いつきません。
 一時期「ますだ!○×だ!」にしていました。が、わかりにくい上、そんなに「広告代理店・大広に勤務していたときは、俳優・佐々木蔵之介の同僚だったという~」人に思い入れもないしなあ。
 ということで定型コメントに戻してます。ううむ。面白いのを思いつく人が羨ましい。
 
 2日分まとめて掲載。

 【3/1(木)】 18時半-19時半 全6戦
賢者漆段→賢者捌段
<当日> 全6戦 2-1-0-0#1-2-0(区間賞=1-1-0)
<通算> 全156戦 32-40-14-9#28-20-13(区間賞=27-28-21) (ドラゴン組のみ)

 病院(花粉症)に行ったついでに6戦。
 8日ぶりのQMAでブランクが心配されたが、もともとスピードはたいしたことがないので、あまり影響はなかったかも。
 勝った2戦はいずれも正解数勝負(12問中11問)。4文字とかでもミスがだいぶ減ってきた感。

 【3/2(金)】 19時-23時 全19戦
賢者捌段→大賢者初段
<当日> 全19戦 3-2-6-3#3-2-0(区間賞=4-5-2)
<通算> 全175戦 35-42-20-12#31-22-13(区間賞=31-33-23) (ドラゴン組のみ)

 なぜかアニゲで区間賞を3度ほど。最近、自分がよくわからない。 
 全国の各プレーヤーがかなり慣れてきたこともあってか、決勝で勝ちきれないパターンが増加。
 そんな中、決勝で「白銀×3」を撃破、という嬉しい事態。しかも途中で黄金賢者が予選落ちしていたので、魔法石112個と自己最高記録を達成。

 そういや、おそらく関西のオフラインクイズプレーヤーとおぼしき方と勝負しました。1回戦~決勝に至るまで、全てのラウンドでこちらが下位という完・全・敗・北。
 もしその方だとしたら、初期の「勝抜杯」でタイマン勝負、その時は辛勝したんですが(確か3p先取で、2pとられてから橙が3連取して辛うじて勝利)、その時の借りを返された格好に。そうか、「熨斗つけて返す」ってこのことなんだなきっと。

 あと、年齢のせいか体力のせいかはたまたアーケードゲームに不慣れなせいか、どうも長時間のプレイが苦手です。
 昨日の6戦くらいがちょうどいい感じ。今日は「せっかく福岡のQMA発サークルにいくことだし、折角だから大賢者になっとくか」ということで19戦やったんですが、前半と後半では集中力と成績に雲泥の差が。勝ったのは全部前半ですしね。

 ともあれ、ドラゴン175戦+それ以前の15戦=190戦で大賢者昇格。
 マイミクさんの一人が日記で「200戦までに大賢者になれるか」と書いていたのに触発されて挑戦してみたところ、ようやくその域まで到達。
 3月以降は引越しやabcなどがあるのであまりQMAはできなさそうですが、週1~2回くらいのマイペース、特に努力や対策(武器を磨く、過去問を覚える……など)をしないマイスタイル(出たとこ勝負、とも言う)でゆるりとやっていきます。
 しかしこのスタイル、オフラインクイズに臨む姿勢とほとんど変わっていないよなあ。QMAにしてもオフラインクイズにしても、「努力や対策をするからこそ」の楽しみ方を味わい損ねているのかも。ある程度仕事やタスクに余裕が出てきたら、QMA・オフラインともにスタイルをじょじょに見直していこうかな。

2007年3月 2日 (金)

【近況】宮崎で見つけた風景(2)・モデルは星岡茶寮

 宮崎写真その2。
 今なにかとアツい街・都城より。 
 またまた見づらいんだけど、中央やや右の立看板に注目。

 Oishi

 検索してみたらこんなメニューらしいよ。
 本編でも「エビフライ&ハンバーグセット対決!」とかないのかなあ。ないか。

2007年3月 1日 (木)

【近況】宮崎で見つけた風景(1)・スケールのでかい過大広告

 先月の宮崎出張で見つけたもの。
 停車中に携帯のカメラで撮ったものなので、見にくいのはご容赦を。

D1000005_2

 随分スケールのでかい過大広告だなあ。
 「永遠歳」て。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter