« 【QMA】2/12:あめゆじゅとてちて | トップページ | 【QMA】2/14:観光地価格 »

2007年2月13日 (火)

【問題】最近読んだ本から、一問。

 寝る前にちょっと読むにはちょうどいいよね、清水義範。
 「国語入試問題必勝法」「永遠のジャック&ベティ」「蕎麦ときしめん」あたりは昔読んだんですが、最近あらためていろいろと読み出してます。
 というわけで一問。

 【問題】
 清水義範の短篇集「私は作中の人物である」。講談社文庫版の解説を書いているのは、収録作の一つ「船が州を上へ行く」のパスティーシュの元ネタとなった人物です。さて、誰?

 sysFで出してもいいんだが、口頭で読むよりは文字ベースの方が面白いかなあ、と。
 「作品は何?」でもいいんだけど、それだとあまりにもストレートすぎるし、あくまでこの人物が手を加えたバージョンを模倣しているわけだし(正解は日本人ですよ。念の為)……というわけで人物を問うてみました。

« 【QMA】2/12:あめゆじゅとてちて | トップページ | 【QMA】2/14:観光地価格 »

コメント

……丸谷才一?
(日本におけるジョイス研究の第一人者&短文の名手だから、と思ったけど、きっとそういうことじゃないんですよね。Fに来てる人たちが丸谷才一を知っているか、というとまた微妙な気もしますし……)

っていうか、自分の頭の中では二択なんですけどね……。
ジョイス研究といえばってところで、もうひとり候補がいます(Yで始まる人です)。しかし知名度的に丸谷才一がまだマシだろう、とそんな感じで丸谷才一にしました。これで外してたら悔しいなあ。

うわー何だか連続ですみません。

>Yで始まる人
別に隠す必要なかったですね。柳瀬尚紀です。

 >ヲくん
 正解は2番目に挙げられた通り、柳瀬尚紀です。「研究」というよりは、実際に「翻訳した」というところがカギで、当作品は「柳瀬訳の『フィネガンズ・ウェイク』」のパスティーシュなのですよ。

 で、最初にヲくんが挙げた丸谷才一。ある意味凄く惜しい!
 というのは、実はこの人も清水のパスティーシュの元ネタになっていて、かつ短篇集「国語入試問題必勝法」の講談社文庫版の解説を書いているから、です。収録作の一つに「猿蟹合戦とは何か」というのがあって(元ネタは「忠臣蔵とは何か」)、これが歴史的仮名遣を散りばめた丸谷文体で書かれている、というわけで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/13902134

この記事へのトラックバック一覧です: 【問題】最近読んだ本から、一問。:

« 【QMA】2/12:あめゆじゅとてちて | トップページ | 【QMA】2/14:観光地価格 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter