« 【近況】12月レビュー&1月展望 | トップページ | 【近況】2006年を振り返って »

2006年12月30日 (土)

【近況】三つ眉がとおる(歳末近況)

28日(木)夜、職場の打ち上げで飲み過ぎ。
 ↓
なんとか家まではたどりつくが、玄関でダウン。
 ↓
妻が救急車を召還、妻子とともに救急車で病院へ。
 ↓
帰ったら枕元に、「最近自由連合を離党して自民党に入った議員」のカレンダーが。

 起きたら想人が「あんびゅらんす、あんびゅらんす」と言ってました。
 そんなアンビュランスでデンジャラスな社会経験はいらん。

 急性アル中で救急車を呼んだのは2回目。
 前回は大学4年の時の7月、会社の内定者の集まりのとき。
 8年半たって30も間近なのに、似たような失態をまた犯すとは。自己嫌悪。

 その結果、いつ転んだのかはわからないですが、額に大きなすり傷。
 すり傷なのでじきに治るとはいえ、眉毛が3つあるような状態に。

--------------------------------

 30日(土)帰省。
 タクシー、バス、飛行機、名鉄、新幹線、車……と6つの交通機関を駆使して、ようやく静岡に到着。
 所要時間5時間はともかくとして、特割が使えないので3人で片道9万弱(使えると-3万)。痛い。それだけあったらちょっとした旅行ができるのに……。

 「ダンス甲子園」。
 素人目から見ると、15年前とダンスの進歩ってあまりないような気がする、って暴言か。
 あと一番面白かったのが、北海道地区のレポーターがモリマンだったこと……というより、それに対して妙に驚いていた久本。

 で、楽しみにしていた「ロボコン」決勝。
 結局スピードと安全性が磐石だった詫間電波高専が優勝。縄跳びで「三重跳び」をするところはなかなか上位に進めず、上位は一重跳びのところが多かった印象。やはり三重跳びは機体に負担がかかるのだろうか(東京高専は地区予選と同じような負け方してたし)。
 ところで地区予選で圧勝(全試合ゴール)だった松江高専はどうだったんだろう。全試合中継はBSハイビジョンでしかやらないので(1月20日)、どなたかビデオを録っていただけるとありがたい次第……。

 あと、全国大会を1時間にばっさり編集し、なおかつスタジオでの丁寧な説明をつける……というのは、マニアにとってはかなり不満が高そう(現に妻とぶーぶー言ってた)。しかし、「ライトユーザー向には、クイズの特番も、これくらいの時間・内容がちょうどいいのでは」という気もしてきた。それこそ高校生クイズもね。

 まず時間。今回のロボコン全国大会はCM抜きで1時間ぶっ通し……という点を加味すると、同じ濃度とボリュームでCM入れると1時間半くらいか(そう考えるとウルトラもちょうどいいサイズなのかもなあ)。今の高クイの2時間半って、マニアには短い一方、初めて見る層には長いのかも。ゴールデンでは1時間半にする一方で、もっと見たい人は深夜の地区予選(今年のロボコンは1時間×8地区。結局全部見たな)とか、土日の昼などで完成版やるとかね。DVDの販売もアリだと思う。

 で、説明もきちっと入れる。実は今の高校生クイズ、「クイズの魅力とは?」「そもそもなぜクイズで競っているのか?」「ここはどういう点が見どころなのか?」というところ(僕らクイズ好きには当たり前のところ)が、実は対象である高校生にはいまいち伝わっておらず、それが参加者減にも繋がっているような気がする。たとえば高校生クイズが始まった第1回の頃は、「ウルトラクイズ」があったので、「ウルトラクイズの高校生版」といえば高校生にとってもわかりやすかった。クイズ自体も今よりももう少し身近だろうし。ところが今、「一般視聴者が競い合うクイズ番組」というのはほとんどないわけで、その点実はわかりにくくなってる可能性がある。
 であれば「時間を短縮し、かつ説明を添加してわかりやすくしたライトユーザー向けお試し版」があってもいいかもな、と。もちろん「余計な演出するよりもシンプルにクイズを見せろ」という意見もあると思うけど、それはある程度「クイズの見方・楽しみ方」を知っている人向けの意見であり、初めてこの手のクイズに触れる人向けのバージョン、言ってしまえば高クイ版「エンタの神様」があってもいいんじゃない?、と。

 余談ながら説明する側の人選。今回のロボコン全国大会はかなりバランスがとれていた。松本アナ、木村助教授が着実にわかりやすく進行・解説。初心者代表として乙葉が素朴な感想を述べ、それに対し茶々を入れるバラエティ要員の坂下千里子、そして文化部系要員の山田五郎に体育会系要員の角田信朗。まあ、いかにもNHK的にバランスのとり方といえばそれまでなんだけど、こと「いまいち説明しにくいロボコンの魅力を伝える」という点ではいい陣営だなあ、と。

« 【近況】12月レビュー&1月展望 | トップページ | 【近況】2006年を振り返って »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/13268470

この記事へのトラックバック一覧です: 【近況】三つ眉がとおる(歳末近況):

« 【近況】12月レビュー&1月展望 | トップページ | 【近況】2006年を振り返って »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter