« 【近況】帰ってきました | トップページ | 【quiz_too_fun】クイズ論メモ「"人"から見たクイズの変遷」~(8)なぜ社会人は、新歓・人材育成機能に関心を抱くのが非常に難しいか~ »

2006年8月20日 (日)

【quiz_too_fun】クイズ論メモ「"人"から見たクイズの変遷」~(7)新歓・人材育成機能の今後の担い手~

 *まだ書きかけ段階の「メモ」につき、読みにくい点、不明確な点はあるかと思います。ご意見・ご指摘などありましたら、橙武者までご連絡いただければ幸いです。

 「新歓・人材育成機能」を高校・大学クイズ研だけで担うのが厳しくなってきた現在、誰がどのような形で担っていくべきなのか……というのが今回のテーマです……が、その前に。
 
-----------------------------------------

 「なぜそもそも新歓・人材育成が必要なのか」ということを疑問視する方がいるかもしれません。それについてまずご説明します。
 
 現在橙武者が考えている、「現在のクイズ界の力(ヒト・モノ・カネ・時間など)で、自主的に達成できる」将来の理想像は下記のようなものです。

 「なんらかの形でクイズに”興味を持った”人に、クイズを”やりたい”と思っていただくこと」
 「クイズを”やりたい”と思った人が、それぞれのレベル・スタンスに合わせて、クイズを”楽しめる”環境を実現すること」

 
 「クイズに興味がない方に、興味をもってもらうこと」については、マスメディアや書籍を活用するだけの資本やノウハウ・人脈、クイズの普及に専念するだけのマンパワー……などが必要となります。それは自分も含め、現在のクイズ界の総力を結集しても厳しいでしょう。
 が、上の将来像であれば、現在のクイズ界の力で充分達成可能だと考えています。そのためには、「“やる”クイズ」という文化が存続させる必要がある。そのためには、こちらにも書いた通り、新しい人が一定数入ってくることが必要となります。逆に言えば、新しい人が一定数入らない限り、「”やる”クイズ」の存続はおぼつきません。私がxyzなどのアクションを起こしているのは、もちろん「クイズを楽しむ人が増えてほしい」という理想もあるのですが、それ以前の問題として「”やる”クイズの存続」が念頭にあります。
 今回の「新歓・人材育成機能」についてのクイズ論についても、「”やる”クイズの存続」という前提でお読みいただければと思います。

*何をもって「”やる”クイズの存続」と見なすかは難しいです。イベントやサークルの数や参加人数にしても、現状が「ちょうどいい」「まだ足りない」と見る人もいれば、「実は多すぎる」という見方もあるかもしれない。
 ただ、「クイズを”やりたい”と思った人が、クイズを”楽しめる”環境」という視点から考えると、「サークルの数」というのは一つの基準になります。サークルの数が半分になるとしたら、クイズに触れる環境も半分になるわけです。
 私は特に「初心者がクイズを"楽しめる"環境」という点を重視し、「サークルの数を現在以上にする」「初心者がクイズを楽しめるサークルがない地方には、何らかの形で結成を促す(必ずしも初心者限定サークルである必要はなく、既存サークルで初心者対応ができればいいが、それにはさまざまな課題があると思われる。詳しくはいずれ触れます)」ことを一つの基準としています。

-----------------------------------
 
 では、本題です。
 「新歓・人材育成機能」を高校・大学クイズ研だけで担うのが厳しくなってきた現在、誰がどのような形で担っていくべきなのか。
 現在のクイズ関係者の人数構成を考えると、学生が減って社会人(以前から続けている層)が増えているわけですから、「社会人が担っていく」というのが一つの方向性です。もちろん、高校・大学クイズ研も引き続き担うのですが、社会人もそれとは別になんらかの形で担うことが、「”やる”クイズの存続」のためには必要となってくる。

 しかし、社会人プレーヤー、特にベテラン層は、「新歓・人材育成機能」についてあまり関心を抱いていないように思えます。そもそも「新しい人がクイズ界に入る、入らない」ということに対し、無関心であるように私の目には映ります。ましてや、「自分から何かアクションを起こそう」という方は、皆無ではありませんが、かなりの少数派です(言うに及ばず、xyzにスタッフ協力するだけがアクションではありません。アタック25での告知や友達を連れてくるなど、さまざまなアクションが考えられます。現に地方サークルでは積極的に活動されている方もいらっしゃいます)。
 これまで、当Blogや飲み会などの席で、既存社会人プレーヤーに対して「なぜ新歓・人材育成機能に関心を持たない人が多いのか。特に上位層は”義務(ノーブリス・オブリージュ)”として取り組むべきではないか」と愚痴めいた批判を言うことも多々ありました。が、不満を言うだけでは建設的ではないし、「べき」論を主張しても現状が変わらなければ意味がない。考え方を少し変えようと思います。

 よくよく考えてみると(考えないとわからないのか、と言われそうですが)、「大学クイズ研」を前提にした場合と、「脱・大学クイズ研」を前提にした場合では、大きく事情が変わってきます。
 上記の批判は、高校・大学クイズ研という場……「存続」させる必要があり、そのためにメンバーが「義務」を果たす必要がある……であれば通用します。「新歓・人材育成機能に関心を持たない先輩」「自分だけがクイズをやれればいいメンバー」だらけになったら、「存続」はできないわけですから。
 しかし、いざ社会人となると、必ずしもそうではない。「新歓・人材育成機能に関心を抱くのが非常に難しい」環境にあるのです。これはクイズに限った話ではなく、たとえば大学のテニスサークルであれば「存続」を考える必要があるから新歓・人材育成に取り組む一方、社会人テニスサークルで「新歓・人材育成」に取り組んでいるところはそれほど多くはないでしょう。ましてや「”やる”テニスの存続」なんて考えているのは、テニス協会の人々とメーカーくらいでしょうし。

 では、「なぜ社会人は、新歓・人材育成機能に関心を抱くのが非常に難しいか」。
 忙しいから、だけではない理由が多々あるのです。
 詳しくは次回で。

« 【近況】帰ってきました | トップページ | 【quiz_too_fun】クイズ論メモ「"人"から見たクイズの変遷」~(8)なぜ社会人は、新歓・人材育成機能に関心を抱くのが非常に難しいか~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/11519624

この記事へのトラックバック一覧です: 【quiz_too_fun】クイズ論メモ「"人"から見たクイズの変遷」~(7)新歓・人材育成機能の今後の担い手~:

« 【近況】帰ってきました | トップページ | 【quiz_too_fun】クイズ論メモ「"人"から見たクイズの変遷」~(8)なぜ社会人は、新歓・人材育成機能に関心を抱くのが非常に難しいか~ »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter