« 【提案(その他)】懇親会についての、提案というよりは提起(2) | トップページ | 【近況】サラリーマンの宿命 »

2005年6月 6日 (月)

【注目】デペイズマン

 勝抜杯のときの記事で「コンタクトレンズをなくしてメガネで行って云々」と書いたとおり、僕は重度の近眼です。裸眼だと視力検査表に近づいていかないと見えないくらい(=0.1以下)。
 
 小学2年~高校1年のときまではメガネでしたが、色気付いたこともあり、それからはずっとコンタクトです。コンタクトにするまでの過程には「通販の視力矯正キットを買う。所持金から3万円減らす」という苦い記憶もありました……。
 今は乱視が進行したこともあり、実用的な意味でもコンタクト>メガネ派です。
 
************************************

 <おまけコラム>

 メガネ、どうも好きになれません。
 あくまで嗜好なので、している人がどうこうではありませんが。
 
 体育会系の男性がするメガネは、「アリ」だと思います。イメージのギャップという意味で。
 しかし、「いかにも文科系」の男性がするメガネは、イメージ、それもネガティヴなイメージを固定化することにつながる。
 少なくとも「クイズ界の人間」のメガネというのは、よけいその要素が強いと思ってます(「天」の筑波大学=「総・メガネ集団」の例を引くまでもなく←本当は普段はメガネをかけてない人もいた)。
 自分で書いてて思います。体育会コンプレックスだなあ、自分。
 

 暴論を覚悟で言いますが、クイズ界の人間はメガネを外すか、さもなければ「メガネにこだわっている」旨をある程度はアピールする=デザインを意識したメガネ(≠ブランド物)をすべきだよなあ、というのが僕の持論です。
 もちろん、固定化されたイメージで突っ切る、そのような異性のニーズを狙ってみる、いっそ護身(しろはた用語(もとは「バキ」の渋川先生)。三次元の女性から身を守る、そもそも関わりを絶つこと)……というのも一つの戦略でしょうが、、、。
 
 *「クイズ界の人間の外見」については、いずれあらためて触れたいと思っています。個人の嗜好に踏み込むデリケートな話題でありますが、自分のことを棚にあげてでも物申したい!みんなで何とかしていきたい!ジャンルなんですよ。
 一人一人の外見がどう、ということもあるんですが、「集団となったときにどうか」というのも考えるべきポイントです。たとえばクイズイベントの最寄り駅の改札なんかで、「クイズ関係者が群れている集団を見て心底げんなりする」ことが多々あるもので……。まあ、今に始まったことじゃなくて10年前からそうなんだけど。

 そんなこんなで、このサイトはクイズに携わる人間には是非ご覧になっていただきたいと思います(もちろん、見る必要が全くない人もいます)。
 なお、自分自身「一般的常識をわきまえた」ファッションにはまだ全く届いていないのが悲しい(クイズ以外の知り合いと会うとつくづく痛感します)……。

************************************

 <で、本題。>

 思い切り話がそれました。
 
 メガネをしていてもコンタクトをしていても不便なのが、水泳をするとき。
 コンタクトをしたまま水に入れば、落としてしまう。
 かといってメガネをして泳ぐわけにもいかん。
 使い捨てコンタクトや度入りのゴーグルを買うほど、泳ぐわけでもなし。

 水着とメガネ。実用面を考えたら、これほど相性の悪い組み合わせはない。
 これは自分に限ったわけではなく、一般的に言えることだと思います。水着とメガネは、相性が悪い。
 しかし、デペイズマン。卑怯なまでにデペイズマン。

 【問題】
 橙武者がこの文章を書いたきっかけを、漢字かな混じり4字で答えよ。

« 【提案(その他)】懇親会についての、提案というよりは提起(2) | トップページ | 【近況】サラリーマンの宿命 »

コメント

時東あみ?

こんにちは。
僕もメガネをかけるのは好きじゃないです。邪魔です。
コンタクトの方がケアが面倒だったり眼病リスクもありますが
視界はずっと良好です。
「天」の時は裸眼でも大丈夫だったのではずしていましたが。
とか書いておきながら今は結膜炎を避けるためデザインメガネです。

本題の【問題】はわかりません。すいません。

>SIB.
 せいかーい。

 http://www.miss-magazine.com/final/final005.html
 http://www.shining-will.co.jp/profile/profile-ami.html

 週刊プレイボーイによれば「伊達メガネ」「20個くらい持ってる」らしい。
 眼鏡はともかく好きな系統の顔立ちではある。

>nobuくん
 視界という意味でもコンタクトの方がいいっスよね。
 あとはレンズが曇る心配もないし。ラーメンや鍋物でも。
 最初はコンタクトに抵抗感ありましたが、今はコンタクトなしでは生活できません。実用面でもアイデンティティの点でも。

 メニコンとかボシュロムとかJ&Jとかと組んで、「脱ヲタ・コンタクトへ転換キャンペーン」とかできないかなあ(妄想)。

 ……結膜炎、お大事に。

どうも、こちらにははじめて書き込ませていただきます。
xyzでは九州近辺でスタッフをしておりますますたあと申します。

私の場合はコンタクトにしようにも出来ない事情があります。
元々、花粉症やアレルギーなどで目の痒みが尋常じゃないんですよ。
もし、コンタクトに変えると目が傷つくのは間違いないだけに眼鏡を使うしかないわけです。

なので、出来るだけ眼鏡にはこだわっているつもりです。
今現在、伊達を含めて5個以上ありますw
(そろそろ、おしゃれなのを1つ買いたいと思っているところ。)
そんなわけで、コンタクトに出来ないますたあでありました。

【問題】 眼鏡は中学時代からかけていましたが、一切水泳には影響しませんでした。何故でしょう?

 >ますたあ
 僕も花粉症持ちですがなんとかなってますよ<コンタクト
 これまで10年間、目を傷つけずに済んでます。
 
 眼鏡を複数持っていて、気分によって変える人は割といるみたいですね。韓国の方がどちらかというと盛んみたい。

 問題の答えは…「目をつぶって泳いでいたから」?

>橙さん
なかなか、器用なようですなぁ。
もろに目をかくと目の周りが真っ赤っ赤になっちまいますからねぇ。
親族に網膜剥離もいるので下手に傷つけられないというのもあるだけに・・・。

ほんでもって、また眼鏡を1本作っちゃいましたw
次、TV出ることがあったら今度はこれかけるかw

では、正解です。
【正解】我が母校(T中・高)にはプールそのものが無く水泳の授業が一切無かったw
(補足:現在、我が母校はよそのプールを使った水泳の授業を行っているらしいw)
意地悪問題ですんまそんw

アトピー持ち+ドライアイ+逆さまつげに加えて、「将来的には網膜はく離も可能性もある」と診断された自分には、眼鏡からコンタクトへの移行は、したくたって出来ません。それだけに、安易に眼鏡を否定するような発言には、中傷の意図が無かったにせよ、憤りを感じます。

まぁ自分も一応「眼鏡ばーっかり」の状況もげんなりするし、自分に眼鏡が似合ってるとも思ってないんで、オープンとかでステージに上がったり、カメラ回ってたり、別にクイズじゃなくても大勢の人の前に出る時とかは、ささやかな抵抗として裸眼でどうにかしますけど、乱視の自分が眼鏡を外してしまうと視界がぼやけ、集中力が切れる事もあったり…(クイズならともかく、集団に向かってしゃべってるのに視点が定まらなくなってしまうのは致命的)。

しかしせめてフレームくらいは新調したいと思ってる今日この頃。左が乱視、右が近視なので、レンズだけで3、4万取られるし。だったらその前に服買うわ。

 まず、(ますたあ&松くんをはじめ)「体調の都合で、眼鏡→コンタクトにしたくてもできない」という方、お気を悪くさせたことをお詫びします。

 ただし「眼鏡否定論」に関しては安易に行っているわけではありません。「体調などの事情がない方についてはできるだけ眼鏡を外してほしい(さもなくば、眼鏡にこだわっている旨をアピールしてほしい)」……というのは、それこそクイズを始めたころからの根強い感覚、価値観(ロジックではなく)だったりします。

 また、「眼鏡をかけている方」やそのセンスを否定しているわけではないので、その点はご了承ください。眼鏡、服、それから眼鏡+服の取り合わせにこだわることで、いわゆる「ヲタっぽい」雰囲気を払拭することは可能でしょう。
 もっとも、この件についてリアクションを頂いたのは、もっぱら何らかの形で外見を意識している方々(=払拭しようとしている方々)ではあったんですが。 

 ・・・しかし、この文章の主題に触れたのがSIB.だけとは、ね。

http://www.colortelevision.net/test/fun/photo200506.html

 なぜか6/4の回はメガネなし。
 うーん、新鮮。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73624/4445881

この記事へのトラックバック一覧です: 【注目】デペイズマン:

« 【提案(その他)】懇親会についての、提案というよりは提起(2) | トップページ | 【近況】サラリーマンの宿命 »

<告知>

  • 1.mono-series~クイズNo.1物知り決定戦~
     2013/12/8、東京・大阪・福岡+αで開催!ペーパー・早立ちを用いた「幅広い知識を競う真剣勝負」です。兼任スタッフエントリー受付中!
  • 2.クイズサークル「シンサクール蒲田」
     2011年に発足したクイズサークルです。蒲田を中心とした東京周辺で、1~2月に1回活動を行っています。初心者から強豪まで、若手からベテランまで参加者募集中!
  • 3.クイズ企画共有化計画"Q_loud"
    「クイズの企画を共有化し、各サークルで実施しよう」という試みです。
  • 4.クイズポータル
     「クイズ」に関連する情報を集めたポータルサイト。「クイズ」で検索したときに上位に出るよう、サイト・ブログをお持ちの方はリンクを貼っていただけると有難いです!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

twitter